2005年12月21日

第35話 アストラル・アパッチ

(TBC/05年12月18日放送)

 ノルブを救出するために、首都に殴り込みをかけるGEKKO STATE。ここもスパロボでは使える場面ですねぇ。陽動作戦で、何分持ちこたえればクリアとかコーラリアンと同じ様なマップになりそうな予感。でも、敵もLFOだけじゃなくデストローイ!!やらゴーストみたいなのをたらふく出してくるのでしょう。やたらLFOって運動性高そうだから、抗体コーラリアンと同じく戦いにくそうな感じ。

 が、この最中、人を殺すのが嫌だと今更言い出して戦線を離脱するエウレカ君。本当に今更何を言っている・・・。今まで、散々虫けらのようにぶち殺してきて、今更キレイ事言われてもコッチは乗れませんよ。レントン君の家出の根本的な原因となったセリフ(そんな事も知らないで・・・)をしっかりと覚えていますし。他のロボットアニメでもこうなんでしょうけど、スパロボじゃおかまいなしにぶち殺すので問題なしかと。

 そんなこんなしている内に、ホランドはデューイとご対面。そして、この二人は兄弟だと言う事が判明。なるほど・・・エウレカセブンはコーラリアンの取り扱いを巡った人類を巻き込んだ不毛な兄弟ゲンカだったんだよ!!しかも、お兄さんの元彼女がタルホさんで弟がそれを強奪したと・・・ドロドロのグダグダですね。兄弟揃って、自己中だったりジャイアニズム満載だったりするのは、もはや血筋だとしか思えない。

 ドミニクからの報告書を全く読んでいないので、ニルヴァーシュがやってきた時は何者だとビックリ。タイプ・ジエンドがスカ負けした時の報告書ぐらい読んでおけよ・・・本当にドミニクが可哀想です。相変わらずアネモネ君に虐められてるし・・・そのアネモネ君、自分がどうなるのか、ドミニクよりしっかり分かってる。人型コーラリアンの出来損ないをいつまでも残しておくほど、お兄さんは甘くは無いはずですからね。


posted by WAVE at 18:23| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 交響詩篇 エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。