2006年01月12日

第37話 レイズ・ユア・ハンド

(TBC/06年1月8日放送)

 月光号内では、科学的なアプローチと宗教的なアプローチによるコーラリアン討論会を開催。しかし、意味が分からない単語の連発で視聴者はほとんどが置いてけぼりにされたんじゃないんでしょうか。勝手に身内で、そうだったんだとか自分の説は正しかったとか盛り上がられてもねぇ・・・。一番理解して貰わなきゃならないはずの視聴者を一番置き去りにしてしまうのは正直どうよ?

 こうなると、コッチも勝手に討論会の内容を理解しなければならないわけで・・・。要は、コーラリアンって生命体が休眠状態だけど、起きちゃうと世界は大変な事になっちゃうよって事?だから、軍はコーラリアンが目覚める前に殲滅させてしまいましょうとしているのか・・・。そして、レントン君とエウレカ君がいればどうにかなるらしい・・・こう書いていてもさっぱりだ。

 月光号で身内で勝手に盛り上がっている間に、バカ兄弟の兄貴の方は一般大衆を味方に。抗体コーラリアンを利用して、それを殲滅する映像を見せてトドメの演説で大衆はもうメロメロ。しかし、そのHEROがニルヴァーシュに秒殺されてヘタレ癖が付いたアネモネ君なのはどうかと。まぁ、PRIDEでボコボコにされたシュルトさんがK-1で王者になったようなもんと同じだと解釈しときます。

 おまけに、兄者の傍目から見て、明らかに小ばかにしたような演説で大衆が付くもんかねぇ?さっきの討論会と同じく視聴者が呆れている時に、竹田Pだけは自己満足に浸っているのでしょう。憎きアメリカをモチーフにした軍や国をアニメで敵に仕立て上げて、最後に潰すなんてアレすぎます。それを4年前からずっとやっていて、名作となりうるアニメを愚作にしてしまうのが竹Pマジック。


posted by WAVE at 12:20| 宮城 ☁ | TrackBack(2) | 交響詩篇 エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

交響詩篇エウレカセブン#37
Excerpt: 『レイズ・ユア・ハンド』  対談と言う形で導き出されるスカブコーラル=知性体という仮説。  しかし、その仮説を発表する前に、デューイのメディア戦略によって、世論はコーラリアン殲滅に傾いてしまった。 ..
Weblog: Weekly Web Wave デイリー版
Tracked: 2006-01-12 20:53

交響詩篇エウレカセブン 第37話
Excerpt: ★交響詩篇エウレカセブン 第37話 「レイズ・ユア・ハンド」 ★★★★★★★ 【...
Weblog: SnowMousse
Tracked: 2006-01-13 15:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。