2006年01月19日

第13話 ネガイ

 ただでさえフクロウとの激闘でボロボロになったのに、乱入してきたアトリにもボコられて、ノエインにも吹っ飛ばされて重体に陥ってしまったカラス。間違いなく、一般人なら死んでいます。困ったハルカは、とりあえずユウに電話。そして、何を思ったのか担任の先生も呼びつけました。何の事情も知らない先生を呼んで、どうしましょう?と言ってもどうにもならんと思うが・・・。

 同じく連絡を受けたイサミ達も現場に向かいますが、その途中で運悪くアトリとトビに遭遇。しかし前回、豪快に消し飛ばされた影響なのか、記憶を失い完全に別人と化したアトリ。今までのアヒャりぶりが嘘のように大人しく、ミホを妹と勘違いして抱きついてきました。恐らく今は亡き妹さんの所為で、あんなキチガイになっちゃったんでしょうねぇ・・・。

 そんなヤツを連れて来たもんだから、以前に殺されかけたユウやイサミなんかはビビリまくり。事態が事態なので、そこらの所はそこそこにトビがサーチしたレイズの褶曲ポイントに向かう事に。唐突な出来事が起こりまくりなのに、あっさり運転を引き受ける先生は凄い鈍感なのか度胸があるのか。設定どおりの、運転狂も発動して追いかけようとした絶倫をふり抜くのはやりすぎです。

 ようやく褶曲ポイントに到着した所で、完全にいきり立っているコサギが襲来。ここで何とアトリが食い止め役に。しかし、戦法も忘れたので取りあえず全速力でタックル敢行。体勢的には有利だったのに、映っていない間にボッコボコにされたのを見ると、コサギって寝技も得意?でも、アトリのアヒャモードの時以上の攻撃によってやられちゃいましたね・・・ツメが甘い。


posted by WAVE at 11:42| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | ノエイン もうひとりの君へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。