2006年03月14日

「学芸会のスター」、「氷河期パニック」




(NHK総合/06年3月12日放送)

学芸会のスター
 ジミーの学校でも学芸会はちゃんとやるらしく、優勝者には純金のトロフィーが貰えるなど地味に豪華です。シンディーとリビーは気合が入りまくり、リバーダンスでジミーを翻弄・・・って、これがリバーダンス!?高速の踊りはいいとしても、人の手に乗っかって踊るなんて芸当は中国でも出来ないんじゃないの!?それをあっさりとやってしまうなんて、ジミーを散々バカにしているだけに見合うだけの実力があります。

 奮起したジミーは、カールとシーンを誘って、バンドを結成する事に。当然のように皆バンドは初体験なので、ジミーがイメージどおりに演奏できる楽器を発明。この時点で反則ギリギリ通り越して完全に反則です。しかし、そのイメージの楽曲に熱狂する人々。本当に、この街の人たちは乗せられやすい体質ですね。シンディもコレを見て、夜も昼も寝ずにリバーダンスの練習に明け暮れる事に・・・。

 が、それを自分の力だと勘違いし始めた三人は、方向性の違いから各々がVIP気取りで解散寸前に。更には、勢いで楽器を破壊してしまったために、結局学芸会では鼻ちょうちんで終わっちゃいました。学芸会のような人に見える場で、鼻ちょうちんを披露できる度胸だけは認めてあげてもいいと思います。それを、相変わらず飯時に嫌な表現で表して放送してしまう、NHKに対しても・・・ですが。


氷河期パニック
 あまりに暑さに、干上がってしまいそうだったジミー達は、日焼け止めで太陽を遮断する作戦を決行。厚いのは分かるけど、そこからの発想で太陽を遮断するなんて考えちゃうジミーは相変わらず天才。範囲は街全体程度で済ませていますが、地球全体規模でやれば、素で人類が滅亡しちゃう所です。人類を滅亡させちゃうような事を考えて、実行してしまうなんて事が出来るのはジミーとドラえもんだけです。

 結果的に、太陽は遮断されて町中は雪景色に。これだけならいいのですが、注意書きを読まなかった所為で、街の気温はどんどん下がり、氷河期状態に。なぜか人々の思考も狂い始めて、対処法として、ジミーを生贄にすればどうにかなるとまで考えてしまうまでに。本当に、この街の人たちは狂っている・・・。ジミーのお父さんも、古代の原始人みたいに謎の踊りを始めているなど、末期的であります。

 この状況を打破するべく水を探したものの、全部凍ってしまっていたので、デブの汗を集める事に。カールやデブの人を集めて、汗を集めさせた結果、匂いはアレとして街は元に戻りました。ゴールデンに流すような内容じゃないのを、最終回にまで持ってくるなんてマジでNHKに何が起こったんだ・・・。まぁ、でも楽しめた事は楽しめたので、今後もアニメ特選辺りで流してもらいたいです。





posted by WAVE at 10:16| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。