2006年03月29日

第23話 オワリ

 最悪の未来の悪夢から開放されたアイ達は、ハルカが龍のトルクの力を使って再び家ごと現代に帰還。しかし、アトリは憎き相手だったカラスを助ける為に、一人シャングリラに残って最後の戦いに赴いていきました。初めの方はキチ○イとしか思えなかったのに、今じゃ子どもとライバルを助ける為に旅立つ戦士になっていますよ。最終回辺りでは、豪快に消え去りそうな予感がプンプンしますが、さて果てどうなる事やら・・・。

 カラスとユウの所には、キモカワイイで(一部に)大人気のシャングリラ遊撃艇が、大挙してやってきました。集団で初めにした事は、遊撃艇にも関わらず脱皮して、羽を生やして空を飛んじゃう理解不能の行為。これでパワーアップしたのかどうかは謎ですが、ともかく数の多さを使ってカラス相手にいい戦いをしています。相変わらずのシャングリラ遊撃艇がやられる時のキモさが、一部の人には本当にたまらないのでしょうね。

 一方の函館でも、あのデブがとうとう狂い咲きしてしまい、計画実行のためには刑事を撃つまでの外道ぶり!!まさにキチガイに刃物状態となり、計画の実行によってラクリマの世界は影響を受けて消滅しちゃったようです。トビたちも消えかかっている等、シャングリラだけではなく函館も、かなり不味い状況になりつつあります。しかし、一話から散々出ていたあの輪を初めに作ったのがデブだと思うと、いろいろと不愉快です。

 シャングリラ人の導きで、ユウはハルカとノエインの所に到着。そこで、ノエインの悲劇上映会が開始。本当に呆気なく事故って、ノエインだけが投げ出されて爆破炎上・・・と、確かに絶望する気持ちは分からないではない。そこから、世界は不幸の連鎖だから、世界をシャングリラにまとめるとか言い出すまでの論理が全然分からん。あまりに思考がネガティヴすぎて、そういう方向に考えが動いていってしまったのでしょうねぇ・・・。





posted by WAVE at 20:32| 宮城 ☀ | TrackBack(1) | ノエイン もうひとりの君へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

ノエイン もうひとりの君へ 第23話
Excerpt: サブタイトル「オワリ」   アトリをシャングリラに残し、アイたちは現時空へと戻る。  ユウはハルカの元へ行き着くが...   以下詳細  ***********
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2006-03-30 05:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。