2006年04月02日

交響詩篇エウレカセブン 作品回顧




 それじゃあ、交響詩篇 エウレカセブンの作品回顧に入ります。始まる前は、"エウレカプロジェクト"と銘打って、壮大な計画をしてMBSが猛プッシュするなど、力の入れようは凄まじいものでした。放映局も全国ネットとなり、同じMBSアニメのデス種においても予告をバンバン流すなど、視聴者の期待も大きく膨らんでいったものです。この時点で、あの竹田Pが大きく関わっている事と放映時間の事を除けば、特に不安はありませんでした。

 自分が想像していたのは、レントンと言う少年とエウレカという少女の二人を軸に、時折コメディーを入れながらも毎回ニルヴァーシュに跨って、敵とド迫力のバトルを展開して、ぼやけていた視界があっという間に醒めてしまう、心も体もスッキリする・・・・そんな風に思っていた時期が自分にもありました。設定の材料の豊富さを見れば、どんなヘボ脚本家でも、それなりに面白い話を書いてくれるだろうと思っていたのはかなり甘かったようです。

 結果的に出来上がったのは「どこをどうすれば、ここまで酷くなるんだよ!!」と叫びたくなる程のグダグダ展開。話が一行に進まず、設定の謎に関しても教えてくれない。おまけに、仲間はほとんど理不尽野郎と来ています。バトルもお恵み程度しか行わず、やってる事は陰湿な新人苛めと、言葉だけは一人前の会話だけのトンネル状態。視界は更にぼやける所か、頭の中までぼやけてきて、どうにもスカッとしない日曜日になってしまう・・・。

 と、そんな愚痴と悪口とボヤキしか出ない悪夢が2クールまでの話。元々、2クールの作品を無理矢理4クールにしたのは、竹田Pらしいので、「またあの野郎やりやがった・・・」と。本当に、コイツの関わるアニメはロクな事にはならない・・・。このエウレカプロジェクトを他の局に持ち込んでおけば、もっとマシな作品になったような気がしてならないのですが。無理矢理引き伸ばした2クール分が、作品全体とプロジェクト全体を殺してしまったのは残念でなりません。

 しかし長い長いトンネルを抜けたら、素直に「面白い」と思える話を連発するようになったエウレカセブン。設定も怒涛のように明かされて目的も鮮明に見えてきて、ようやく見れる作品になったのが3クール目から。代わりにオープニングがアレになったのはアレとして・・・兎に角、視界は醒める勢いになったのは事実です。それでもバトルがほとんど行われない事に関しては、勿体無いと感じましたが、その想いはスパロボで晴らすつもりです。

 でだ・・・結局、エウレカセブンはロボットアニメの王道を貫いたの?スタッフにとっては"王道=インスパイア"だったようで、最初から最後まで、昔のアニメの面影がちらついていて、最後も最近のアニメの終わり方のように???な感じでした。そういうのも合わせて、いろいろと試行錯誤を繰り返して迷走して、ようやく抜け出したと思ったら終了な作品でした。今後もシリーズとしてアニメ化されるかと問われれば、竹Pがごね出さない限りはないだろうなと思います。

 それじゃあ、ベストエピソードとパーソンを選んで終わりましょう。エピソードは当然のように3クール以降のを選ぶとして、素で馬鹿笑いした第39話 ジョイン・ザ・フューチャーかな?結局、約束は果たせないままでしたねぇ・・・。パーソンは・・・主役のレントン君やドミニクなんかがいいと思います。特に、後者はよく報われましたよ。さて、アニメではもう会う事はないだろうが、今後のスパロボではどう料理されるか・・・今から楽しみです。



posted by WAVE at 16:20| 宮城 ☔ | TrackBack(1) | 交響詩篇 エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

エウレカセブン完結記念:特別記事??
Excerpt: 記事リンク参照(話数をクリック) :  第49話   最終話  特集記事?? 「 最終回SP視聴後の感想と祝辞 」  どれ
Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt
Tracked: 2006-04-07 23:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。