2006年04月06日

ノエイン もうひとりの君へ 作品回顧




 独特の世界観や雰囲気、やたらと難しい量子学を取り入れたノエイン もう一人の君への作品回顧。これは灼眼のシャナと同時期にネット無料放送が始まって、初めはシャナの方しか知らなかったのですけど、掲示板でMETHIEさんが教えてくれてその存在を知りました。これでノエインを認識して全話の視聴を確定したと・・・。そのきっかけを作ってくれたMETHIEさん、本当に無料放送の事を教えてくれてありがとうございました。

 見るにあたって、公式サイトをざっと見たのですが、その時の印象はラクリマとシャングリラの激しい攻防が起こって、それにハルカ達が巻き込まれる感じで、どちらかと言うと現代の人は置き去りにされるのかと思ってました。しかし実際は、ラクリマもシャングリラも二の次でとにかくハルカを中心に据える所は厳格に守られて、時空間の戦争としてではなく、ハルカを視点にしたSFアニメとして最終話まで突っ切ったアニメと言えるでしょう。

 作画に関しては、作画監督の自由にされていくらしく、ある時はコメディ風のミホやイサミがいたりすれば、ある時は非常に可愛らしいハルカもいたりと、作画監督毎にいろいろなキャラクターを見れたのも斬新でした。しかし、どの話でも共通してバトルが昭和のど迫力バトルアニメを彷彿とさせる迫力にはびっくりさせられました。いい意味で作画が暴走していると言う事なのかな・・・どうにせよ、いいバトルを見させてもらいましたよ。

 この作品を一言で言うなら、斬新とか異色なんて単語が似合うでしょうね。そりゃ、どのアニメも異色で斬新だけど、それらには他に完璧とか原点回帰とか「スタッフは何考えてんだ!?」なんて言葉が先頭に来るかと。ノエインで言う斬新や異色は、各キャラの転がし方に関して、一つの新境地を拓いた作品なのかもしれません。兎にも角にもいい作品でした。続編はアレとしても、同じスタッフで何かもう一つ見たい気分ではあります。

 では、最後にベストエピソードとベストパーソンを選んで終わります。エピソードは、世にも奇妙な物語にも使えそう。第14話 キオクを選びます。本当に、いつかは分からないけどこんなお話が出てくる時が来るかもしれません。パーソンに関しては、最後の数話で漢を魅せてもらったアトリに。ようやくヘタレ以外の鈴村さんを見れました。まぁ、鈴村さん自身は他の人に弄られるのが一番お似合いだけど、とりあえず今後も頑張ってください。


posted by WAVE at 17:00| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | ノエイン もうひとりの君へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。