2006年08月08日

第9話 さよなら鷲羽先生

(WOWOW/06年6月15日放送)

 魔法少女クラブの所為で、成績が落ち込んでしまった件に関して教師の間で話題に取り上げられてしまいました。何らかのフォローは入っていると思っていたんですが、本当に魔法に関する事しかやっていなかったのか・・・。学業前提の日本の小学校において、クラブの所為で成績が落ちたなんて、理由には使えませんからねぇ。ここまで成績が落ち込んだからには、クラブを辞めさせるくらいの処置も考えられる展開です。

 しかし無駄に正義感のある殿部先生は、この状況を打破するために料理クラブ自体を廃部に追い込もうと計画。顧問の鷲羽先生に料理を作らせて、不味かったら鷲羽先生にも学校を辞めていただく・・・たかが一教師に、他の先生を辞めさせる権限なんぞどこにもないと思うのですが、そんな感じで料理を作る羽目になった鷲羽先生。でも、料理が全然ダメだとか・・・だったら、わざわざ料理クラブをカモフラージュに使う必要性がないよなぁ。

 砂沙美たちが料理を教えようとしてもやる気を出さなかった鷲羽先生ですが、自分の為に殿部を魔法で懲らしめようとしている姿を見てようやく奮起。夜な夜な学校に忍び込んで料理の練習を敢行しました。いや、夜中に学校に潜入するのもいかがなものなのですが、何故か自分の進退が掛かっているのでいいでしょう。結果としておかゆに関しては、上手く作る事が出来たようですけど、それでどうやって切り傷を作れるのかが、本当に気になります。

 そんな鷲羽先生を守るために、砂沙美が鷲羽先生に化けて殿部に料理をご馳走。周りから料理は上手いと定評らしい砂沙美ですが、この腕前は正にプロじゃないか!!お母さんから習った結果なんでしょうけど、これは凄いです。最後に魔法を暴走しかけたけど、正直魔法云々よりも料理の腕を磨かせたほうが砂沙美のためだと思います。




posted by WAVE at 11:40| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。