2006年08月08日

第13話 魔法少女大会・きらきら編(シーズン1最終回)

(WOWOW/06年7月13日放送)

 伏線を作るだけ作って、シーズン2に丸投げ!!てっきり、今回で全部収集付けるかと思っていたのに・・・・。砂沙美の父親は超魔術で消えちゃうし、魔女の大釜を開けたとか今更言い出すし、最後にはアミちゃんのアレですか。DVD行きにならないだけいいですが、これはいい引っ張り具合だと感心しました。だって普通に見たいですから。「1クール震えて待て!!」という煽り文句で最後を締めていただきたかったので、そこは残念です。

 シーズン1の最後を締めたのは魔法少女大会の団体戦でした。もう大会以前の問題で、開催日時を間違えて通知するわ、魔法少女大会自体が小学生の運動会レベルだったり、もう本当に上層部はやる気あるのか!?と問い詰めたい気分。最後のを見ると、優秀な魔法少女を人選するための大会だったようですが、だったら世界規模でやれよ!!まさか日本人限定だったとは激萎えもいい所です。魔法少女大会という興行は大失敗と言ってもよいでしょう。

 その団体戦の内容は、枯れ木に心を映して花を咲かせる競技。物凄く地味に微妙すぎる競技ですねぇ・・・。しかも採点競技ですから、これを世界規模でやったら揉めますよ。綺麗の基準なんて皆さん、バラバラなんですから。魔法少女クラブは勝手に自己満足しているなど、どうにも人と争う姿勢は最後まで持つことが出来なかったようです。まぁ、大会自体がグダグダになっているのですから、闘争心が沸かないのも分からないではないです。




posted by WAVE at 11:45| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。