2006年08月22日

第1話 オカン王冠こりゃあかん

(WOWOW/06年4月13日放送)

 アニメや中世が舞台のRPGゲームにありがちな謎の王冠を、厳重なガードを突破して盗み出したレスリーとカレン。赤外線サーチやら、重さに反応する云々とか仕掛けていたわりには、アッサリと突破されちゃいましたねぇ。お約束で、逃げる直前にポカして偽者の王冠と共に警察網を突破して、後々に姫子に渡ってしまうわけですか。途中で妙にハイテンションな女子高生に会わなければ、上手く行ったと思うと、運が相当悪いのでしょう。

 で、主人公の姫子が所属しているテニス部では、既に朝練を始めていて、葵お嬢様のご機嫌が斜めです。パンツを見られて、それで笑ったテニス部員にクマのぬいぐるみの悲劇が再び・・・今作品は年内には終わるでしょう。ごくせんのジャージみたいなのを着ている顧問を苛めつつ、遅刻してくる姫子を修正する気満々です。しかし、いくら理事長の娘さんだからと言って、ここまで権限を与えてしまっているのはどうなんでしょう?

 急いで学校に向かっていると、レスリー達と(恋愛マンガではベタだが)曲がり角でぶつかってしまいました。それで、誤って王冠を持って行ってしまいチェイス開始。普通の女子高生ならこうは絶対にならないのに、なぜか日本語で話しているのに、英語に聴こえてしまった姫子は車でも追いつけない速さで山間部を逃走。英語を聴いただけで、ここまで拒絶反応が出るなんて、外国人相手に相当嫌な事でもあったのか・・・。

 逃げた先で王冠を被ってみると、そこに現れたのはナーナとバ・ナーナ。あまりに唐突な出現なのは謎として、謎の言語で話すナーナにやっぱりパニくる姫子。この言語はグロンギ語のような読解方法があるんでしょうかねぇ?言葉が分からなくても、ジェスチャーで何となく分かりそうなものだけど、ナーナはリアクションも薄そうだから難しいかな?それにしても、普通の女子高生って設定なのに、車よりも速く走る姫子は絶対に普通じゃないです。


posted by WAVE at 14:08| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。