2006年08月22日

第9話 バイトヤバイと知らないと

(WOWOW/06年6月29日放送)

 前回と今回の間の時間が空いているようで、その間は普通の学校生活を送っていたらしい姫子。しかし、その状況が普通とは言えず、クラスメートのほとんどが人形と入れ替わっており、姫様なのに弁当も忘れる。姫様らしいのは馬車の送り迎えだけじゃん。セレブなだけでアレなことになる世の中なのに、姫様に護衛もないなんて。これじゃあ、誘拐事件が多発してもおかしくないですよ。姫子に必要なのは、トイレットペーパーではないのです。

 そんな中、友人のそばなが巨大なネコの着ぐるみを買いたがったのを見て、自分が買ってやろうと決断する姫子。普通の王族だったらすんなり買えるのだろうに、国の財政が苦しいので、バイトをする事になりました・・・って、オイ!!今までも異常な雰囲気のする事柄ばかりだけど、姫様がバイトしなければならない国なんて前代未聞です。警備もアレだけど、財政面も母親一人の肩に全て掛かっているというのが、この国の異常性を物語っています。

 姫子がバイト先に選んだのは、よりにもよって姫子から王冠を奪うために、数々の刺客を送り込んできた悪の組織。ボス自らが面接して、初めて顔を出したけど、若本ボイスのクセにメチャクチャ若い!このギャップには驚きました。そして各地で、姫子を引っ掛ける罠を仕掛けまくった悪の組織でしたが、自分が狙われていると全く気づいていない姫子のアドバイスを受けなければ、まともに動かないこの組織も色んな意味で終わっていると思います。

 最後に姫子だとバレて、逃亡する際になんと王冠がスッポリ外れました。その影響で、家が元通りになってしまい、両親はその間の事柄はなかった事になっているようです。この仕様に関しては、本当にシビアな面だなぁ。まるで何とかゼクターみたいに、王冠に選ばれている間は天国だけど、捨てられた途端に平民戻りかよ・・・。そんな感じで「コロコロと王様が変わっていくような国とお付き合いしたいか?」と問われれば、間違いなくノーです。


posted by WAVE at 14:22| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。