2006年08月22日

姫様ご用心 作品回顧





 では、姫様ご用心の作品回顧。今年の春のWOWOWノンスクアニメが多かったのは、砂沙美の作品回顧で書いたけど、このアニメは水曜の深夜枠の放映に。この枠はちょっと前のフルメタの枠だったので、妥当な枠なのでしょう。番組宣伝も多めで、やたらとギャラクシーエンジェルのスタッフが再結集した事を連呼していたのも印象的。今思えば、それ以外に作品の売りの部分を押し出せなかったのかなぁ?と疑ってしまうところです。

 蓋を開けてみれば、ギャグアニメなのに全く笑えないお寒いアニメになっちゃいました。ギャグアニメと言ってたのに、腹筋痛くなるどころかクスリとも笑えない、ただ勢い任せで何かやっているだけで、ぶっちゃけて面白くない。どのアニメや特撮でも、ポジティヴに面白く見ようとするのが自分の姿勢だけど、それでもコメントが厳しくなっちゃう。感想書く中で、どれだけ作品回顧まで「つまらねえ」系統のワードを使わないように気を使ってきた事か・・・。

 ギャグアニメとしては、一体誰を笑わせたかったんだろう?そこだけが素で分からないほどターゲットも分からない。でんぢゃらすじーさんだって、小学生にはバカ受け(?)しているだろうし、個人的にはボーボボで腹筋崩壊寸前でした。笑いに関しても世代によって違いがあるとして、この作品は、どこの世代の人間の腹筋を壊したかったんだろうか?物語の本筋だけの設定を見ると、はっきり言ってギャグアニメにしたこと自体がダメだと思わざるを得ません。

 じゃあ、最後にベストエピソードとパーソンを選んで終わります。エピソードは第11話 ナーナのために世界はあるの。お隣の国にありそうな独裁政権によって、苦しめられている民やら何やらを縮図にしたような展開は面白かったです。パーソンは・・・誰だろうなぁ?どれもキャラは濃いんだけど、好きにまではなれなかったので該当なしで。

posted by WAVE at 14:35| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。