2006年08月22日

EPISODE 08 SHADOW IN THE DARK

(WOWOW/06年7月21日放送)

 話として必ず流さなきゃいけない所以外は、もうガンガン省いている感がありますが、いつも通りのハイスパート。魔道書に戻ってしまったアル・アジフは、魔力の充電期間なのか、どうにかしないと本当に元に戻らないのか謎ですが、その影響で九郎は変身できないし、デモンベインも使えないと散々な状況。土俵際の後一押しの状態なのに、敵の反撃体勢が整うまで待ってあげるアンチクロスの半分は、きっと優しさでできているんだよ・・・・。

 こんな中、アンチクロスの行為に反発したドクター・ウェストとエルザが離反して、覇道財閥側に付きました。その過程も大幅省略でアレですが、敵の攻撃を遅らせるために負傷したりと、イカレながらもいい所を見せています。この間にデモンベインを修復したり、九郎は単身で戦うために、魔法弾を製造したりと準備を整える事に成功。前回のアル・アジフの話を聞いてなかったかと思いきや、銃の威力に関してはキッチリと覚えていたんですね。

 準備を整え、出撃しようとする九郎の前に、ドクター・ウェストの手で甦ったデモンベインが登場。しかも、この事態の為に、アル・アジフなしでも操縦できる仕様に改造するなど、未知の塊のデモンベインをそんな風に改造できるウェストに関心。スパロボに出たら、他作品の技術屋の影が薄くなりそうだなぁ・・・いや、逆に結託してトンでも兵器作ったりして。ちょっと昔にアストナージが10段階改造を可能にして神と崇められたように、ウェストも神になれるんだろうか?

 さすがに魔法を使った攻撃は不可能なので、ザコ敵及びアンチクロス戦は戦略を立てながら戦う事になりました。アンチクロス戦において、やたらとヘッドカッター攻撃をしていたのは、最近話題になったのを考慮してなのか?そしてウェストの作戦にまんまと引っ掛かったアンチクロスの一人は、レムリアインパクトで消滅しました。そんなに対した脅し作戦じゃないのに、こんなんで昇天してしまうとは、やっぱりアンチクロスは噛ませ(ry

posted by WAVE at 15:10| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 機神咆吼デモンベイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。