2006年08月22日

EPISODE 10 METALLIC WARCRY

(WOWOW/06年8月4日放送)

 前回からどれくらいの時間が経過したのかは不明ですが、まだ準備も整っていない間にまたボコられる覇道財閥は流石。あのゾンビ野郎が瑠璃を拉致して、九郎への凄惨リンチを開始。長々とボコっている余裕があるんだろうか・・・・。等と思う間もなく、いきなりうぉっ まぶしっ!!でアル・アジフが復活してちんぷんかんぷん。今までを見てても、復活するフラグどころか、素振りさえ見せなかったのに、いきなりうぉっ まぶしっ!!で出てこられてもアレだよ。

 訳分かんないけど、今までの契約者の声援とか受けて復活したアル・アジフと九郎の復活コンビは早速大暴れ。変身の姿も変わっているけど気にしてると時間の無駄です。復活時に明らかに消滅したかのように見えたゾンビも、普通にデウス・マキナに乗り込んで、完全復活したデモンベインの噛ませ犬をやってくれるなんて忙しい死人だ・・・。迷彩機能を持った飛び道具なんて、普通に考えれば凄い武器なのに、主役補正で全く聞いてないし。

 思い存分ボコられた死人ですが、しつこく復活したところで、これまた訳も分からず新しいワザが発動しました。当人の九郎やアル・アジフさえ分かんないのに、タダでさえ急流な話の流れに混乱しているコッチは更に理解不能。とりあえず、都合よく出てきた新技で不死身の相手を空間を切り裂いた先の異空間に吹っ飛ばして勝利。前回と今回の間にアンチクロスが一人になってしまうとは・・・まぁ、もう一人いるけどアレだしな。


posted by WAVE at 15:13| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 機神咆吼デモンベイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。