2006年08月22日

機神咆吼デモンベイン 作品回顧





 コッチは普通に見ているのに、何故か画面がクロックアップ状態になっていた機神咆吼 デモンベインの作品回顧。言いたい事は山ほどあるけど、とりあえず放映は1クールにすると決定した奴は誰だ!?放映前からして、原作を知っている人間は無謀だの無理だの言うほどですから、明らかに原作を知らん奴が決めた事だよな・・・。結果、原作を知らん自分は早送りしていないのに、早送りしているようなアニメを見てしまった気分に。

 大体、何で1クールなの?それしか枠を取れなかったとは、10月までこの枠が空くことから考えてありえないし、構成の人もぼやいていたらしいし・・・そういや、構成の人ってWOWOWのノンスクアニメが鬼門になってますね。流れで見ていたおねツイもすんげえ微妙だったしと、1クールをこなすのは苦手な人なのかもしれません。いや、それだけが原因じゃ絶対にないけど・・・どうにせよ、可哀想な作品になってしまったのは事実です。

 終わってしまったことは仕方がないので、後はスパロボ補正で燃え上がる展開になるのを期待するしかないでしょう。ある意味、スパロボに出るためにアニメ化されたようなもんなので(?)、スパロボに出てからが本番かな。何たって、それはマスターテリオンが一番望んでいる事ですから。きっと補正でHPは百万を超えて出てくるぞ!!しかしアニメ化をベースにしちゃうと、訳分からないうちにどんどん話が進んでいきそうでちょっとアレです。

 それじゃあ、最後にベストパーソンとベストエピソード・・・と言っても、後者は早すぎてさっぱりなのでカットです。パーソンはこれからの活躍を期待してグリーンリバーで。ってか、中の人はこんな感じになってどう思ったんだろう?もう頭の中は、スパロボに出た際の設定と、ラグナロクの事で一杯になっちゃってるのかもね・・・。

posted by WAVE at 15:17| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 機神咆吼デモンベイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。