2006年08月25日

第1話 奈落

(WOWOW/06年7月27日放送)

 初っ端からリアル鬼ごっこを展開している軍と、少女を守る青年の攻防。取り合えず捕まったら射殺確定のようで、運悪く名も分からない人たちは射殺されてしまいました。このリアル鬼ごっこは、24時間耐久鬼ごっこと、どちらが辛いか判別不能ですが、鬼のほうも追いかけられるほうも命を懸けてます。もちろん鬼への攻撃はOKで、背後から別の人が不意打ちで襲って、追いかけてきた鬼を虐殺。まぁ、数に対抗するにはこれしかないか・・・。

 その後で、説明されるこの作品の世界観。何とも日本万歳で、特定アジアの怒りの導火線に火を付けるにはいい材料。日本のPS技術で、襲い掛かってきたアジア連合相手に圧勝してしまうとは、どんだけ補正が掛かってるんだよ!!アジア連合にもお得意のパクリ(&起源捏造)のPSを用意していただろうに、それすら相手にされませんでしたか・・・。大体、EUを模範としたAUって、普通に考えてまとまるんだろうか?どう考えてもバラバラだと思うぞ。

 結果、日本は鎖国状態になって、上流階級のロゴスと、下流階級のレヴィナスの格差社会になってしまったとか。ロゴスのほうには特殊部隊のファントムがいて、テロリスト相手には容赦なく皆殺しにしてしまう連中の模様。しかしいきなり会場に殴りこんできて、会場を血だらけにしてしまうのは、さすがにいかがなものかと・・・。

 そのロゴスが、一生懸命になってリアル鬼ごっこを展開している三人組が、丈、仁、沙那。初めのほうで、かなりド派手にやったのに、最後でまた軍相手にどんぱちやらかして、やってきた軍の皆さんは全滅しちゃいました。そりゃ、いきなりグラディエーターはアレですけど、ナイフで串刺しにして振り回すなど、ファントムに引けを取らないエグさは、さすが元ファントム隊員です。WOWOWらしいと言えばらしいけど、よく年齢指定されてないよなぁ・・・。


posted by WAVE at 14:57| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | イノセント・ヴィーナス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22794585

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。