2006年08月25日

第5話 連弾

(WOWOW/06年8月24日放送)

 二週間のお休みに入る前に、どうにか物語の大まかな流れが説明されました。ヴァルカンプロジェクトなる計画において、キーとなる沙那を、自分の目的と沙那の親父さんに頼まれて、飛行機から強引に救出する作戦を仁と丈が決行。これでロゴスから追われる身となって、沙那のお爺ちゃんである千倉周三の元に移動してきた・・・のが今回。この説明を一話の段階からやってくれれば、これ以前のどうにも・・・な印象は持たなかったのに。

 冒頭には、前回の失態に対して隊長から雷を落とされた副隊長。ファントムらしからぬぼろ糞な負け方をした上に、死んだと思われた元カレに小バカにされた挙句に、温情で撃ち漏らしてしまうという踏んだり蹴ったりな副隊長。でも、外した理由を「ヘリコプターに乗っていたから」は、言い訳にしてもファントムらしからぬ感じですよ。せめて某アニメのように、弾丸が情けなくなるぐらい遅く飛んでいった所為くらいの言い訳はしてください。

 千倉周三の村に到着した一行は、丈やごらはそこら辺で寝てたりしていて、仁と沙那のみが周三さんの家に。あんな格好をしていて科学者とか、村の会話からして、時代が止まっている所かハイパークロックアップで幕末ですか?「そんな古臭い時代の考えしているから、ロゴスにボコボコにされるんだろ!!」と思うのは自分だけでしょうか?ちゃんとロゴスやファントムに襲撃された時のために、新型グラディエーターを用意しているんですよね!?

 周三さんとの会話で、仁の目的が親父を失脚させたロゴスへの復讐だと判明。つまりファントムに入ったのもコネか?そのままファントムに居座って、内部から復讐を遂げるのもいいと思うんだが、ここは約束を優先した形か。そして最後のほうで沙那がぶっ倒れたのを見るに、沙那は音に関してヴァルカンプロジェクトのキーになっているのでしょう。典型的に、音で広範囲の敵を戦意喪失に追い込むのか、音自体が破壊力を持っているのか・・・。


posted by WAVE at 15:03| 宮城 ☀ | TrackBack(2) | イノセント・ヴィーナス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22794794

この記事へのトラックバック

イノセントヴィーナス 『連弾』
Excerpt: 沙那と仁の連弾。 いいねえ、連弾。 したことないけど。
Weblog: 日々是「紫」
Tracked: 2006-08-25 21:15

イノセント・ヴィーナス 第5話「連弾」
Excerpt: 虎二がでないとさみしいよ〜 でも、その分、仁と丈がかっこいい(≧∇≦)b 仁のこの笑顔!! かっこいい〜 ファントム時代の仁。 軍服コスプレ好きです(≧∇≦)ノ彡 仁の目的..
Weblog: ガブリエルのブログ
Tracked: 2006-08-26 02:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。