2005年06月01日

ケロロ軍曹(第二期) 2005年5月分

ケロロ 再び大地に立つ! であります
 一年と一ヶ月をかけてようやく、宮城の地上波を侵略し始めたケロロ軍曹。もちろん2ndシーズンからのスタートですので、1stシーズンや原作の事は全く知りません。だから一応、書いておきますが掲示板やweb拍手に1stシーズンの出来事を書かれても何の反応もできません。そういうのはあくまで2ndシーズン以降の出来事でお願いしますです・・・。

 どうやら、地方の地上波組のためにキャラクターの総復習をしている一本目。全国区組の人には退屈だったでしょうが、コチラにとってはありがたい事この上ないのです。(ちなみに、宮城の他に岩手、奈良、福島、富山、長崎、熊本と7つの地域で始まってます)要は、ケロロ軍曹とそこに居候している家族とのドタバタなんですね、つまりは・・・。

 一応、建前として地球侵略と言う目的があるようですけれども、こんなチビガエルにどうこう出来るわけないです。しかも、方法が家中を五月蝿くするという偉くセコイことこの上ありません。よくこれで一年間やってきたなぁ。具体的な侵略方法もあやふやなままで進めてきたのでしょうね。

 ホチキスを使ったファンネルは、ケロロ軍曹も一度はやってみたかったのででしょう。冬樹君や夏美さんには通用したものの、日向家最強(らしい)ママさんの手により撃沈。こんなのが数日に一度ならまだアハハな感じですが、毎日やられるとストレス死してしまいそうです。まぁ、ケロロ軍曹がそこまで考えているとは思っていないけどさぁ。


タママ 黒いタママ であります
 お次は冬樹君のお友達な桃華ちゃんとタママ二等兵の第二シーズンから見始めた人用の紹介話。二等兵と聞くと島田二等兵を思い出してしまう自分がいます。高田総統も何ゆえ、二等兵にしたんだろう?それは兎も角、池澤さんは切れキャラをやらせると天下一品ですな。(プリキュアのポルンはどうにもアレですが)だぁ!だぁ!だぁ!でもあの作品内においても郡を抜いたインパクト性があったのでよく覚えています。ケロロ軍曹でも例に漏れず切れキャラです。と言うより二重人格です。

 更にはお金持ちの令嬢という点でも被っているので、タママ二等兵と結託してお金の無駄遣い。ソロモンっぽい磔台がムサイっぽい石の戦艦の上にあって名前がア・バオア・クーっぽいごっちゃな感じ。せ、せめてどれか一つに統一してくれ・・・それよりも全部名前が頭に入ってる自分もどうにかしてほしい。桃華ちゃんと冬樹君の関係っていわゆる、響鬼の明日夢君とモッチーの関係と同じなんだろうなぁ。どちらもいい娘なのに勿体無いです。

 いろいろ計画を練ったのでしょうが、冬樹君の虚弱体質とケロロ軍曹の妨害で失敗。当然ぶち切れて、通称裏桃華に変身する桃華ちゃん。本当に変身前とは別人ですな。他にも切れると怖い人がいっぱいいますけど、桃華ちゃんも十分すぎるほど怖いです。タママ二等兵とのコンビはある意味で抜群でしょう。


ケロロ お宝侵略大作戦! であります
 かつて今まで様々な仮定がなされ、TVタックル辺りで大槻教授が大暴れしていたミステリーモノ。ノストラダムスの予言が外れた瞬間、MMR同様あっという間に肯定派は姿を消しましたけどね。一体、どんな言い訳をするのかと楽しみにしていたのに残念でありますが、ここに来てケロロ軍曹で掘り返し。この理論にはさすがの大槻教授も認める・・・・わけない。

 ケロロ小隊の宇宙船は人間サイズでも乗れる上にバリアで周りからは見えない仕様になってます。要は、一々騒がれるのが面倒だから、初めっからバリアで見えない事にしてしまえ!!ってことですな。そこら辺の大雑把な部分がケロロ軍曹の醍醐味なのかも・・・。どんだけ無茶な理論を展開しても、最後に藤原さんがナレーションで誤魔化せばOKな感じで一年間通してきたのか・・・。モアイ像がモグラ叩きだったり、ピラミッドがオバケ屋敷だったりと、その発想が少しだけ羨ましい・・・。


アンゴル・モア 花見でモアモア〜 であります
 大槻教授の最大のライバルだったアンゴル・モアが襲来!!・・・・って一体、誰ですか、この人?しかし、そう思う暇も無く持っている棒で地球を叩き割ろうとするアンゴル・モアさん。あんな棒一本で地球が割れちゃうなんて、地球が脆いのかモアさんが凶悪すぎる力を持っているのか?でも、地球を割っちゃったら絶対にモアさんも巻き添え喰って死んじゃうと思うのですがねぇ。

 親愛なるケロロ軍曹のお陰で何とか地球は半壊で済みました。よかったよかった・・・な訳ねえだろ!!桜の花びらが全部散ったぐらいの損害で済むとは素人目から見ても考えられないのですけど。しかし、そんな事はお構いなしに桜の花を咲かせようとするモアさんと嫉妬しまくるタママ二等兵。タママ二等兵って性別はどっちなんだか知りませんが、裏の表情が怖すぎです。

 結局、ケロロ軍曹のガンプラを燃やす(いいのか?)ことで桜の花が満開になりました。親愛の人の大事なものを平気で燃やすモアさんは鬼です。ケロロ軍曹もトンでもない娘に気に入られたもんだ・・・。それをニュータイプ反応で気付くケロロ軍曹もなかなかのものですが。


冬樹 名探偵は僕? であります
 冬樹君の推理の基準が分からな過ぎてコチラのほうがチンプンカンプンです。一体、ダンス☆←(これ結構重要ね)マンのチケットと黒板消しと雨の日の女とどんな接点が・・・?確かに、物探しとか人探しは現実的な探偵の仕事なのでいいんですけどね。コナン君の様に毎度毎度殺人事件なんて起こるわけないんですよ!!

 そこから556密室事件へ移行。よく分からないけど、探偵業って流行るもんなんですかねぇ?さっきも書いたけど、コナン君みたいな「毎日毎日スリルとサスペンスが待っている!!さぁ、早く誰か死ね!!」みたいな職業じゃ絶対ないのは確かなはずです。依頼自体が少なくて、車の中で100円パンを貪る毎日・・・な感じでしょう。そんなイメージなのに、こんな勇者王な暑苦しいヤツが探偵やっていけるのか?

 「豆腐の角に頭をぶつけて死ぬ人」がいたらぜひお会いしたいです。ケロロの推理で信じようとしてしまいましたよ。結局は556の喰い過ぎによる失神と言うオチ。しかし、テレ東で大食いネタは最近、解禁したばっかりじゃ・・・。別に、そこまで過剰に反応することもなかったんじゃないのかと今は思っているのですけど。


ドロロ 復活の戦士 であります
 この話はドロロの説明と復活の話になるのかと思いきや、実はギロロのほうの復活話でした。あれだけ散々煽っておいて出番をごっそり取られるのはお笑い芸人としては最悪な状況です。岩を斬ったり高速で走ったりと今までのケロロ小隊とは一味違っていると期待していたのですがねぇ・・・。本当に、同じ場所にいたのにあの時まで気付かなかったのか素で謎です。

 きっと1シーズンも地球侵略と称して、こんなサザエさんみたいな行事に参加していたのでしょう。今回は田植えで田舎の風土を楽しんでいました。母さんにしろ母方の御婆さんにしろ、ケロロたちに対する反応の順応のよさはには感服します。しまじろう並の順応のよさです。まぁ、デザイン的には全然怖くないからだけど、ビックリする人はするでしょう。


ギロロ 蘇ったソルジャー であります
 前回、ゲロロの出番を奪い取り颯爽と復活したギロロが街で大暴れ。ネクサスのスペースビーストなんて街中に入り込むまでに最終話直前の辺りまで掛かってるのに、いきなり街から侵攻開始とは恐れ入ります。その侵攻方法とは宇宙植物の種をあちこちに撃ち込み地球上をジャングルにしてランボーすると言うもの。地球全体をジャングルにするなんて、なんて地球にやさしい宇宙人!!・・・とか言ってる場合じゃ、絶対にありません。まるで、典型的な荒廃してビルとかに植物が生えている未来の地球みたいです。

 そこで立ち上がったのが、VSギロロ戦の勝率100%(らしい)夏美さん。規模が自衛隊出動ものなのに、何で一般人一人だけで対処せねばならぬのか・・・。そう思ってたけど、襲ってくる宇宙植物相手に勝ちまくり。他のアニメや映画だったら噛ませ犬みたいにパックンチョされて恐怖を引き立たせる所なのに・・・。ギロロのいる場所にも余裕で登りだす夏美さんは、アクション映画でも大活躍できるはずです。

 対ギロロ戦は、助けにやってきたケロロを踏み台にして勝利。割とあっけない幕切れでした。こんだけメチャクチャやっておいて、死傷者がどれ位出たのか不明ですけど、国はどうやって対処するんでしょ?やっぱりピカーッ!で記憶を消すとか?それは、ともかく宮城でもとうとうケロロ小隊が全員集合です。後は、1stシーズンと同じ様にやっていくのでしょう。


冬樹 およげこいのぼり! であります
 もう6月になるのに、今更鯉のぼりの話をされても全く、何の感情も沸き起こらないんですけど。スタッフも放送エリアを拡大して、遅れる地域もある事をもうちょっと配慮してくれてもいいんじゃないかなぁ?この調子で行くと、もう真夏だと言うのに梅雨の話をして、半そでや厳しくなってきた時期にサーフィンしたり、クリスマスなんてもう一ヶ月以上も前の話なのに、ケロロがサンタの格好をしていたりするんでしょ?そんな一ヶ月も前に終わった行事ネタをやられても、コッチは萎えるだけです・・・。

 グチってもしょうがないか・・・。で、鯉のぼりやこどもの日の鎧人形をみて興奮するケロロ小隊。それで鎧兜をかぶってケロロ将軍!!・・・って、それはガチネタじゃねえかよ。かなり前の話でしたけど鮮明に覚えてる話ですが、本編の中でもマジでやらかすとは思ってなかったです。その後も、某ロボットアニメを思い起こさせる題名の数々。これも素でやらかしそうなのが怖いです。

 その過程で冬樹君を子供にしたのですが、その冬樹君、アグレッシブすぎ。ギロロが軍人だとしたら冬樹君は指揮官の器です。本当に的確な所から侵略を始めています。最終的には国会議事堂にまで乗り込もうとするとは本当に器がでかすぎる。その調子で、中国や韓国の問題もどうにかしてくださいよ。
posted by WAVE at 17:11 | TrackBack(1) | ケロロ軍曹(第二期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4058021

この記事へのトラックバック

しまじろう
Excerpt: しまじろうの最新情報をチェック!ad3();         しまじ...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-06-21 18:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。