2006年04月09日

しにがみのバラッド。 作品回顧




 結局、死神としての仕事は第1話しか見る事が出来なかったのに、しにがみのバラッド。の作品回顧。一話完結エピソードと言う事で、前番の半分の月がのぼる空のように駆け足になる事はありませんでした。一話一話の時間がゆったり流れていて、監督などが絶対少年を作った人たちなので、その雰囲気も残っており、相変わらずの無駄に力を入れたエロいアングルには、何か懐かしいものを感じてしまいました。

 しかし、これは原作自体に言える事で、一話の時から延々と思って感想には書かなかったんだけど、見ているとモモが自己満足に浸っている感があって、その部分はちょっとなぁ・・・と思ったのが正直なところ。モモが介入する事によって救われる人がいるのは事実ですが、それがモモにとて何の得があるかと言うと、救われた人を見て、勝手に泣いている自分に酔っている・・・と悪い方向で見るとそんな風にも見て取れます。

 ・・・と、書いて終わるぐらいだと思っていたのですが、二話以降は加えて仕事自体もしていないってのがねぇ。仕事をして、その上で何かしら介入しなければいけない(と思っている)のならば、まだ話は分かるのですが、本来の仕事を放り出して、ある時はまだ死なないのに「死ぬ」と脅したり、他人のゲームに参加してみたり。この作品で、落ちる所まで落ちている死神の評価が上がると思っていたのですが、甘かったようです。

 まぁ、そんな作品だと言われれば、モモがおせっかいでアフターケアをする優しい死神の物語で終わります。侍の衣装を着た人たちが、あちらこちらで吹っ飛ばされているよりかは、マシだとも思えます。話的には、第二期も作れそうだし、モモ自身の話もしていないから、今後の展開にも注目です。半クールという短い期間ですが、その中で作品独特の味を出せていて楽しめたのは確かです。

 では、最後にベストパーソンとエピソードを決めて終わります。エピソードは第5話 ほたるのひかり。を選びます。題名聞いた途端、"節子""おはじき"というキーワードが頭の中に浮かんできてしまう自分はどうかしている・・・。エピソードは・・・そうですねぇ。中学生相手に熊パンとかまな板とか言い放った公太少年でしょう。このまま普通の少年に育って、間違っても侍服着た人と関わるのはよした方が今後の人生のためです。

posted by WAVE at 16:37| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | しにがみのバラッド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6話 こころのたび。(最終回)

(WOWOW/06年4月7日放送)

 憧れの先輩に告白しようとして、親友を引き連れて先輩にいる音楽室に向かったら、その先輩は既にいた彼女と、濃密なディープキスを敢行していて、ショックを受けて歩道橋まで駆け上がってアイ!キャン!フラ〜〜〜イ!!!恐らく先輩のディープキス目撃から、歩道橋からのトペ敢行まで10分も掛かってないと思われます。トンでもない位のハイスパートぶりに、付き添ってあげていた親友その他はビックリした事でしょう。

 そんなハイスパート暴走女子高生・桜は自分がトペ敢行した事さえ忘れて、魂だけが学校に向かいました。自分が死んだ事を忘れて(この場合、死んではいないが)、生きてると思って日常生活を送る話は、世にも奇妙な物語を初めとして沢山あるけど、桜の場合も例に漏れず、無視されてるとしか認識していません。なのに、カツ丼の500円だけはしっかり存在している・・・地味ながら不気味な場面です。

 あまりに無視されまくり、ようやく歩道橋からトペを敢行した事を思い出した桜は、現場でモモと遭遇。相変わらず、仕事をサボって生き人のアフターケアを行っているモモですが、今回に至っては死人さえいません。ほっといても生き返るのに、しっかりと最後まで付き合ってあげるのは、もう単なる趣味としか思えなくなってきました。まぁ、桜のほうも現場に花がない事に気付いていれば、長々と浮かんでいる必要はなかったのにねぇ。

 親友や家族、先輩の家を巡って自分の存在を見つめ直す桜。意識不明ながらも打撲と言う症状なので、そんなに深刻すぎる空気ではありませんでしたが、それでも十分にありがたみを感じた桜は元に戻りました。しかし、歩道橋からトペ敢行して打撲で済んだって事は、車に轢かれるコンボは無かったってことですよね。先輩に振られたのは残念ですが、この強運があれば一発逆転を狙える可能性もないとは言えません。

関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:35| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | しにがみのバラッド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

第5話 ほたるのひかり。

(WOWOW/06年3月31日放送)

 小学校の先生を姉に持っていたエコは、交通事故で死亡したその姉が勤めていた小学校で幽霊になっていると言うので、言いたい事があるのと合わせて、噂に釣られて寄って来る小学生を追い払うために自ら幽霊に大変身!!・・・前者の目的はいいとして、そこから後者の発想が浮かぶエコはもしかしてヘブンを理解できるんじゃないのか?思いついたから自ら幽霊ですから、今後も思いついて飛んでくる弓を避ける特訓とかやりかねませんよ。

 ザコ小学生を追っ払ったのはいいけど、フェンスに布が絡み付いてしまい、抜け出せなくなってしまったエコ。そこに現れたのは、一話の時に死神と出会いヘブンを会得した公太とブルー。あれから一年が経っているのですが、どうにも目上の人間に対する口の利き方がなっていないけど、見えない物が見えるガキになっています。で、出会って一分程度でエコはまな板の熊パンと、あだ名に関してもヘブンの領域に突入してしまいました。

 その場は公太に助けられた熊パンですが、未だに諦め切れないようで、公太のお友達から公太の情報を聞き出して、再び公太に接触。死神と関わると、見えないモノが見える仕様が付くんですか・・・今後が物凄く心配です。つまりは、目の前でお侍さんが化け物に吹っ飛ばされている光景を、何度も見かける事になっちゃうわけで。最悪、へっぽこ死神に付き合わされて自分もヘタレの仲間入りする可能性もない事はないから気を付けろ!!

 熊パンに頼まれた公太は、それなりの準備をして一緒に学校に潜入。途中、警備員に捕まりそうになりながらも、無事に熊パンはお姉さんとご対面。当然のように、それを仕掛けていたのは、アフターケアばっかりしているモモ。一話の時以外、さっぱり本業の仕事をした事を見たことないのですが、上のほうから怒られないのか?公太もある意味友達の仇とも言える相手と、よく平然と話せてますね・・・ヘブンを会得した人間の思考は理解できません。

関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 19:14| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | しにがみのバラッド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

第4話 あきのまほう。

(WOWOW/06年3月24日放送)

 今回も今回で、命を取りに行った人間の頼みを聞いて、家族のアフターケアに不法侵入で入ってきた死神さん。こんなに一人一人、死んだ人の頼み聞いてたら、本業の方の仕事が溜まりまくって大変な事になりそうです。いや、本業と言っても命を運ぶ他に、虚退治や本部でのお仕事とかあるけど、命運びは楽な方なのかなぁ?毎度毎度血を噴出しながら吹っ飛ぶよりかは、感謝される分、コチラの方が数段マシと言えます。

 今回のアフターケアは、母親が病死して残された姉弟の姉が、弟や父親の世話をしているご家庭の子守り。弟も父親もどこか抜けているタイプなので、姉さんの千秋は四苦八苦。母親が得意だったフレンチトーストに挑むも、焦がしてしまって失敗。更には制服を汚してしまい、それを片思いの相手の中山君に指摘される醜態ぶり。中山君もどこか抜けている感じで、千秋の事実上の告白を聞いていても全く動じない辺りは大物です。

 そんなある日に、弟が母の命を運んでいった死神の話をし出すので、警戒のし過ぎで、熱を出してしまった千秋。少なくとも、お侍さんみたいな死神じゃないだけ数百倍マシですが、確かに警戒するのも無理はありません。が、その警戒していた相手があっさり目の前に出てきてしまうのだから、千秋にとっては拍子抜けだったでしょう。弟も死神や飛んでるネコを見ても、全く動じてないとは、中山君とはかなり気が合いそうです。

 その日は、弟は空飛ぶネコの子守りのお陰で無事に就寝。千秋も母親にフレンチトーストの焼き方を伝授されました。母親のこだわりはバニラエッセンスでしたが、他にも豆乳もなかなかの味を出すので試してみてはどうでしょう?翌日、家の前で待っていた中山君を見て、空気を読んでさっさと一人で学校に向かう弟は分かっているなぁ。この年齢にして死神にも動じず、空気も読める冬樹君と、あっさりと彼女をゲットする中山君は凄すぎ。

関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 18:32| 宮城 ☀ | TrackBack(4) | しにがみのバラッド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

第3話 ひかりのかなた。

(WOWOW/06年3月17日放送)

 今回は、とあるRPGゲーム大好きのお爺さんのお命を頂戴したところ、お爺さんが孫にゲームを仕掛けていたので、野次馬根性全開の死神・モモは、そのゲームにお爺さんの好きだった女の子に変身して参加する事になりました。巻き添えを喰ってダニエルも昔のお爺ちゃんになって、カンタロウとトマトの導き役を引き受けました。しかし、その干渉方法を見ていると、どうにもお爺ちゃんの好きなRPGゲームを分かっているとは思えません。

 とりあえずカンタロウとトマトが出会って仲間になるまでは、サマル方式を取り入れるべきだと思います。変身能力持っているなら、不自然な町民になりきって、カンタロウとトマトをあちこちに歩かせれば完璧。それにしても、トマトがこのゲームに参加したのは、トマトの意思だけなのか、外からの意思なのか・・・・。モモがRPGを分かっているなら、故意的に参加させたとは思うけど、一体どっちなのでしょう?

 淡々とカンタロウとトマトの冒険は進みましたが、RPGには敵がいないとどうにもパッとしませんねぇ。モモとダニエルが不良になって、カンタロウに襲い掛かって負けるぐらいの器用さもここでは欲しかったです。それだとB級アニメのC級コントに見えそうだけど、二人を盛り上げるにはそのくらいのベタは入れたいです。本来の仕事をサボってまで参加している以上は、とことんまでゲームを盛り上げてもらいたいのですよ。

 一休み的に、カンタロウとトマトは着いた村の宿屋の宿泊。ここでも、不自然に登場するモモとダニエル。もうちょっとやり方があるんじゃないかと思ったけど、座敷わらしが出たとかで、この宿屋も繁盛するのかな?ここは宿屋を出るときに、旅館の人に「夕べはお楽しみでしたね」と言ってもらえるとよかったのに。天国にいるRPGゲーマーのお爺ちゃんも、リアルでのこのセリフに思わずニヤリしたと思います。

 そして宝捜しを続けた結果、モモとダニエルの導きで発見したのは、お爺ちゃんの思い出のビー玉でした。で、粋な計らいで手紙を残したお爺ちゃんのアドバイスを受けて、カンタロウは引っ越すトマトに会いに行くと宣言。見事にハッピーエンディングとなり、モモとダニエルも大満足。しかし、課題も残るプロデュースでもあったので、次回以降にゲームに参加するまでに、ある程度のゲームはやっておいてもらいたいです。

関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 18:05| 宮城 ☔ | TrackBack(23) | しにがみのバラッド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

第2話 さかなのころ。

(WOWOW/06年3月10日放送)

 ちょっと昔に、とある人間の魂を貰いに来た所、その人間の弟がごね出したことがあったようで、そのとある人間の頼みを受けて、弟さんの面倒を見ることにしたモモ。死神がどれだけの数がいるか知りませんが、決してヒマな職業ではないでしょうに、死んだ人間の頼みをいちいち聞いてあげるなんて、義理堅い死神ですね。このタイプの死神は、お堅い上司の死神から説教を喰らうことが日常茶飯事だと思うんですけど・・・。

 面倒を見る相手の水月は、夜に学校のプールで、どざえもんごっこをしながら天体観測をするのが趣味。死んだ姉さんと合わせて、変わってるとしか言いようがないのですが、兎も角そんな人を見守る事にしたモモ。しかし、いきなり出てきて死の宣告をするなんて、糞占いババアが「あんた死ぬわよ!」と言うのと同じですよ。どんな人間でも、死神に死の宣告されたら、絶望していろんな言動に恐縮して当然な気が・・・。

 直後にピラニア放流ですから、そりゃ誰でも自分の近くに死が接近しているとビビってしまいますよ。でも、水月は気にせず、翌日も豊花がピラニア放流した事に関しては一切、話す事はありませんでした。この行為と、理科室での会話でツンツンがデレデレしてきた豊花は、あっという間に水月に仕掛ける事に。しかし、ピラニア放流の件で水月が話さないのは、自分の保身とも考えたりしないんだろうか・・・。

 次の理科室で、あっさり告白した豊花ですが、水月が「オレ、死ぬから」で一蹴されてしまい撃沈。保健室で寝込んで授業サボるなど、気にしていないと言いながら、完全にグラグラ来ています。ですが、偶然か予測してか、プールに張り付いていたことで、水月が見事に溺れたのを助けて水月ゲットだぜ!!結局、モモが水月の面倒を見たことにより、一番得をしたのは豊花というオチになってしまいました。

関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 12:46| 宮城 ☁ | TrackBack(29) | しにがみのバラッド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

第1話 きみのこえ。

(WOWOW/06年3月3日放送)

 モモさんが在籍しているであろう組織の、侍の衣装着ている人たちが見事に噛ませ犬と化してしまっている所為で、名声と評判は民主党並に地に落ちているであろう死神の皆さん。あるモノは束で掛かって瞬殺され、あるモノは大口叩いて最終奥義出しときながら秒殺される醜態ぶりには、失笑と爆笑の連続でした。モモさんは、そんな人たちとは一緒にならずに、ちゃんと仕事をこなしている辺りは、さすがプロですね。

 で、今回のお仕事は喘息持ちの小学生・麻衣を大きな鎌形の斬魄刀でSS界に葬ってやる事でした。「まぁ、ちゃっちゃと終わらせるんだろうな。プロだし」と思っていたら、最後ら辺までストーキング。・・・この死神も、おせっかい通り越して死神の特権振りかざして、人間のプライバシーを侵害するのですね。で、でも、無謀な相手に向かっていって瞬殺されない分は、まだ良識のある死神だと思いますよ。

 ターゲットの麻衣は、公太と共に公園に捨てられていた子猫を拾って神社で育てる事に。二人が両親になって子猫=ブルーを世話したのが結果的に、モモさんが斬魄刀を振り落とすタイミングを早めたと。こんな時は、無理をせずにサッカー友達なりにも協力してもらうのがよかったんじゃないかなぁ、と。健康な人が二人ならともかく、一人が喘息持ちとなっては、そりゃ無理があったのではと思います。

 麻衣が一人でブルーの世話をした帰り道に、モモさんの斬魄刀で麻衣はあの世に逝きました。ヤケになった公太がブルーを捨てようとした所に、モモさんが出てきてそれなりに事態は収束しました。この後のドロドロぶり(麻衣の両親は公太を恨むでしょうし)を考えると、ここで終わらせたのは正解でしょう。そして、モモさんも感極まって感涙。一応、プロの死神なのにいちいち泣いてるなんて・・・。

関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:13| 宮城 ☀ | TrackBack(23) | しにがみのバラッド。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。