2006年08月07日

RAY THE ANIMATION 作品回顧





 医療サスペンスアニメだと思わせておいて、全編ギャグアニメだったRAY THE ANIMATIONの作品回顧。砂ぼうずと同じくTBCも製作に関わっていたためか、宮城が一番初めに放送されるアニメとなりました。ストーリーがストーリーだけに、謎の組織と主人公のシリアスな対決を織り交ぜつつ、他にも困難な病気を手術によって解決していく、ブラックジャックと同じようなアニメになっていくと放送前は思っていました。

 しかし、その思いは一話の後半において早くも打ち砕かれ、これは医療サスペンスアニメの皮を被ったギャグアニメだと確信。普通の医療アニメに、グルグル回転しながら暴力団蹴散らす医者がいるかよ!!その後も、本来の手術や謎の組織との対決はさておいて、訳の分からない方向に突っ走りすぎ!!こんな感じを、皆さん大マジの顔しながらやっているのですから、シュールなのにもほどがあります。

 そもそも零の透視能力自体が、話が進むに連れてどうでもよくなってきたし、手術シーンも終盤になると完全に消えてしまいました。組織の対決をやりたいのか、手術シーンをやりたいのかの二択ならともかく、組織の対決にシュールなボケを混ぜるとは考えられない。そんでもって、12話においてのあの爆弾だもんねぇ。アニメ・特撮で、あそこまで腹抱えて笑ったのは、かなり前まで遡らなければなりませんよ。

 まぁ、当初の予想と全く違うことになったけど、何とか1クールを終えたRAY THE ANIMATIONですが、ベストエピソードとパーソンを選びましょう。エピソードは、色んな意味で衝撃だったEpisode 12 嘆きの楽園です。あれがこの作品の全てを物語っていたと言っても過言ではありません。パーソンは沢医長でいいかも。あのグルグルタイフーンを見なければ、この作品がギャグアニメとしてみる事が出来ませんでしたから。

posted by WAVE at 17:11| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 13 命(最終回)

(TBC/06年6月29日放送)

 前回のあの場所から、どうやって脱出したのかは分からないけど、そこから零を拉致してきたコーイチと赤リボン。その場所はどこかの孤島で、そこには他の白い部屋の仲間も寄り添って、楽園として暮らしていましたとさ・・・。もう孤島でそこを楽園と称してアレしている時点で、ネバーランド級に怪しさ満点です。そのネバーランドの中心的人物がコーイチなのですから、やっぱりというか何というか、完全に性格がぶっ壊れていました。

 今の零は完全なオリジナルじゃないから、零の目を移植した堀内すみれを拉致って、移植しなおすトンでも行動に。大丈夫だとか言ってたけど、ああいう系統の目の手術は、ブラックジャック先生でさえも難しい部類に入るのに、医者でもないコーイチに「大丈夫だ」と言われても全く説得力ないし、そもそも誰が手術を行うのですか?ま、まぁ・・・そこを言及してしまうと、ギャグアニメに無用な突込みを入れてしまうのと同じなのでアレです。

 しかし零が拒否して、「コーイチはHリングの男と同じだ!」と言った途端に、お約束でぶっ壊れ始めるコーイチ。同じように頭がぶっ壊れ零を襲った赤リボンを射殺すると、そこに仲間がやってきてあっという間に窮地に立たされる。そこでいきなり気づいて自決・・・しかし、この自決のシーンも見る人によっては、ギャグとしか思えない一枚絵だ・・・。13話引っ張りまわした割には、ここまで組織との決着がグダグダになってしまうとは予想外でした。

 で、時間が過ぎて、零は再びブラックジャック先生の手術によって視力回復。命狙われなくなったから一時帰国したのか?白い部屋の仲間たちも沢医長が引き取って、全員病院でボランティアと称したタダ働きをさせています。。そして、同じように引っ張ってきた賢治の手術を行う直前で終了。原作のほうもこんな終わり方になったのかなぁ?


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 17:09| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 12 嘆きの楽園

(TBC/06年6月22日放送)

今回のRAY THE ANIMATIONを見るにあたってのポイント。
 1、飲料を用意して待っていましょう。
 2、Hリングの男の今までの威厳ぶりを思い返しながら視聴しましょう。
 3、コーイチが零と篠山を案内する場面に差し掛かったら、飲料を口一杯に含みましょう。
その後、あたり一面が汚れる事になっても、当サイトは一切の責任を負いません。

 ちなみに自分が見たときの反応→(´_ゝ`)→;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォッ!→ (゚д゚ )→( ゚д゚ )
うん・・・この破壊力は、今年のアニメや特撮の中でダントツです。もう何にもその件については明かしませんが、普段は見てない人も、こん時ばかりは飲料口に含んで待っていましょう。確実に噴出します。最終話一話前にこんな超兵器を投入してくるなんて、RAYという作品を甘く見すぎました。

 その件について語らなくても内容は説明できて、Hリングが求めていたのは母親の記憶を持ったクローンで、それが完成したから組織も前回で潰しちゃったと。零もONEも、つまりはHリングの男の母親のクローン。しかも、コーイチがHリングの男のクローンで、その呪縛から逃れるためにアッサリとHリングの男を殺害。これに赤リボンも加わって・・・白い部屋の奴らも、いい感じがネジがぶっ壊れていて素敵です。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 17:08| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 11 哀してる…

(TBC/06年6月15日放送)

 前回辺りから遂に手術シーンも消え失せた医療wアニメ、RAY THE ANIMATIONも佳境に入ってきました。主人公が医者で、医者の話を本筋にやっていたはずなのに、そこから医療を抜いたら何が残るのでしょうか?今のブラックジャックでさえ、無茶な展開なのに手術シーンを入れるノルマはきっちりと守っているというのに・・・。まぁ、一話の時点で、これは医療アニメの皮を被ったギャグアニメだと認識した自分には想定内のことですけど。

 Hリングの男の所在地が判明したので、零と篠山は現場に急行。最終回手前で急に、ボスの場所が判明するなんて、4年前のこの時期に、とある事情で急遽敵との最終決戦を、主人公抜きでやり遂げたどこかの特撮みたいです。その場所も、都心のど真ん中で、自分と同じ顔をした女が堂々と道を出歩いているのですから灯台下暗し。こんなに簡単に行ける敵組織のアジトなんて、他の作品を見てもなかなかないもんですよ。

 ONEに成りきってアジトに潜入した零は、そこでHリングの男と対峙。ONEも零も欠陥品だと言ってしまったので、ONEが暴れだした一幕もあったものの、上空からグルグル回りながら医長が助けてくれたので無事でした。で、用済みのONEはコーイチに消されてビルは爆破・・・って、都心のど真ん中で爆破は困ります!!ま、まぁ・・・・このアニメは医療サスペンスアニメの皮を被ったギャグアニメなので想定の範囲内です。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 17:06| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 10 再会

(TBC/06年6月8日放送)

 前回の終わりに、自分と同じ顔をした女に襲われた零一行。いきなりバイクでやってきてドン!ですから急すぎます。しかもその直前に、組織のクローンを見たばっかりなので、すぐさま自分はクローンじゃないかと思い始めました。ポジティヴな人だったら、熱心なファンが整形したとか思うでしょうが、殺しに来るわけはないもんねぇ・・・。まさか零が調べている間に、その女はNGワードを言ってHリングの男に苛められていたとは思うまい。

 沢医長に問い詰めたものの、医長からは母親に聞けと言われて、翌日に零を育ててくれた春日野さんと対面する事に。唐突に零の育ての親が登場しましたし、赤リボンもやっぱり組織に送り込まれたスパイっぽいフラグ立てちゃうし・・・。まぁ、組織絡みの話であるからには、普通の話ではすまないと思ってたけど、案の定出てきた話がぶっ飛んでました。MMRなら確実に「な、なんだってーーー!!」→「これは人類への警告なのかもしれない・・・」となります。

 春日野さんの口から出た衝撃の事実とは、零たちはHリングの大事な人の完全なクローンを生み出す過程においての失敗作で、ついでだから臓器売買のために隔離していたと・・・一人の男の欲求を満たす過程での失敗作だと知って、さすがの零もその場で崩れ落ちましたよ。でも、クローンの割には健康に育ってるから、技術としては完璧です。ここから更に記憶まで要求するんですから、Hリングの男も無茶な夢を追いかけているんだなぁ・・・。

 そこに自らがHリングの男の大切な人の完全なクローン(長い・・・)と名乗る、零と同じ顔をしたONEが登場。お約束のパターンで、同じ顔は一人でいいと零に襲い掛かってきたけど、またしても唐突に出てきたコーイチに救われました。今回の回想から推測するに、コーイチのクローン元が・・・なんでしょうねぇ。作った理由はよく分からないけど。

関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 17:04| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 9 現し身

(TBC/06年6月1日放送)

 前回の、ウニョウニョ触手に感染したと思われる山奥の村に出発した零一行。その面子は、篠山は分かるんですが、何で赤リボンまで連れてきたんでしょう?組織について何か思い出させるためなのか、普通についでに釣れてきたのか・・・。そんな傍目から見て無力な人間を連れているのに、地元の少年に「危険だから」と言うのは説得力ないぞ。零は、ちょっと前に格闘ナース軍団をボコってるからいいとして、篠山が強いとはあんまり思えません。

 地元の話によると、集団神隠しがあった村に未だに居住者が存在しているけど、その居住者が相変わらずのアレ。妻が死んで、病弱な娘がいるから同情はしますけど、訪問者相手にライフルぶっ放す人はどう考えてもイカれてます。まぁ、篠山たちも身分装って、篠山が注意を引きつけている間に住居不法侵入やっちゃうからどっちもどっちですね。この展開で赤リボンが撃たれても、無痛症だからヘラヘラ笑っていそうで、やっぱ不気味だよなぁ・・・。

 もちろん零たちもイカれたジジイに見つかって、ライフルをお見舞いされたけど、娘が倒れてそれどころではなくなりました。元々病弱な上に、アニメの世界でさえ未熟な部分の多いクローンですから、さすがの零でも完治は不可能でした。ブラックジャック大先生(日本テレビの)だったら、強引にでも凄い手術をやって直してしまうのでしょうけど。しかしジジイも、先が短い妻のクローンが他の男に取られていくのを見て、どう思うんでしょう?


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 17:02| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 8 蠢く過去

(TBC/06年5月25日放送)

 前回から急に始まった零と篠山とコーイチの三角関係。前回のラストにいきなり電話を掛けてきてそれっきりなので、零と篠山の関係がギクシャクしてきました。篠山も諦め気味になっているし、零は複雑な気持ちだしと結構グダグダです。美里はそんな二人を気に掛けているように見えるけど、実際は見ていて面白がっているだけかもしれません。他人のことを心配しているより、自分の心配をしないといけないような気がするのは自分だけじゃないはず。

 そんな中、前々回と同じく組織が仕掛けた病気を持ち込んだ患者が、沢病院にやってきました。要約すると、組織「オレのターン!!体内にカビを入れる!!発症直前まで透視しても見えないぜ!!」です。零が見抜けなかった事を、美里は零の精神的な影響だと言ってるけど、実は全く関係なかったのです。しかしこのままエスカレートすると、物理的には見えない病原菌も出てくるんじゃないかと不安になります。

 発症した患者は、体中にグロイモノがモゾモゾしている状況に。いかにもこのアニメらしい病気ですねぇ。以前に、零の仲間がこれで死んだ事もあっただけあって(ってか、見てるとトドメを指したのは零じゃないか・・・)、燃えまくった零が即効で手術で除去。それで次回は、患者が感染した場所に向かうわけになるのですが、見た感じの雰囲気だと、向かった村で殺人事件が起こりそうな雰囲気になっているのですけど。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 17:00| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 7 想い人

(TBC/06年5月18日放送)

 組織の人間を連れて、零たちが閉じ込められていた病院に向かったものの、あまり成果は上がりませんでした。ここでちょっとゴタゴタがあった零と篠山を気に掛けた美里が、病院のナースも含めて親友のパーティにご招待。しかし零はショタ好きだし、篠山も零以外にもガンガンガールズハントを敢行するなど、美里が思っているほど、零と篠山の仲がいいとは思えないんですよね・・・パートナー以上の関係には見えません。

 その美里が招待したパーティは、なぜか水着が前提になっているようです。ナースの皆さんや零も水着着用なんですが、「そんな水着を海水浴の時に着てくるつもりか!?」と思わんばかりの、目にやり場に困る水着ばっかりです。水着販売店なんて行った事ないですが、店員さんも「この水着を着るには微妙な年齢だ・・・」と思ったかも。零は地味すぎる水着になってたけど、そりゃ篠山の用意したあの水着はもう着ることはないでしょうね。

 このパーティの主催者の令嬢が篠山の幼馴染で、その幼馴染が果敢にアタックを仕掛けるので篠山はタジタジ。まぁ、ここだけ見れば純粋な幼馴染が、未だに思い続けている・・・と美談になるのですが、この作品はRAYです。当然、この純粋そうに見える社長令嬢も頭のボルトが二、三本ぶっ飛んでしまっているようで、篠山に拒否されると、いきなりお酒を飲み干してぶっ倒れちゃいました。何で、篠山の周りはこんなのばっかなんだ・・・。

 その幼馴染が、人工臓器だらけだったので、お酒を飲んだ影響もあいまって、深刻な状況になってしまいました。当然、手術をする事になったものの、その社長令嬢は零に手術されるのは嫌だと拒否しています。女の純情な想いは一線を越えると修羅場ですね・・・プライドを先に取るなんて自分には理解不能です。結局は、零が手術して成功に終わりましたが、病室での空気は診察の度に凍りつくでしょうね。



関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:59| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 6 贈りもの

(TBC/06年5月11日放送)

今回の話を見ると、今後の組織との対決の流れが以下のようになっていくと思われます。
 組織のボス「ガハハハ、おれさまのつくったあたらしいびょうきをなおしてみろー」   ↓
 零「しゅじゅつはせいこうさせるわ。あなたたちをこうかいさせてやるー」
   ↓
 組織のボス「しゅじゅつはせいこうしたかー でも、つぎはこうはいかないぞー」組織が作った並の外科医じゃ不可能な病気を、零が手術で治していく・・・って、何このアニメ!?

 もっと知能と知能がぶつかり合う、巧妙な駆け引きが組織との対決で行われていくと想像していたのに、「オレのターン!!組織の一員に磁石を埋め込む!!金属のメスや電気機器は全く使えなくなるぜ!!」「私のターン!!ガラスのメスと私の目で打ち消し!!」 (遊戯王はテレ朝のしか知らない)と、何ともまぁ単純明快なバトルになっちゃいました。一種のギャグアニメになって来た感さえします。

 それ以外ではアカリボンが天然なお陰で、料理もアレだし、すごい格好でコンビニにアイスクリームを買いに行ったり。天然という設定ではあるけど、ここまで辱めを知らない子供だとは思わなかったです。確か前回の話でも、患者が何の痛みの表情を見せず自ら腕を外した事を聞いて、「私と同じだねwww」と笑っていたしなぁ。無痛症である以外でも、ここまで一般人と頭の構造が違うキャラと言うのは斬新です。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:57| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 5 成り代わり

(TBC/06年5月4日放送)

 日常の風景で、日常の学校で体育の授業をしている生徒の爽やかな風景・・・がRAYで流れるわけは当然なくて、突如として体中に切り傷を作って血を噴き出すホラーアニメ状態に。もはや今回は医療の"医"の字も出てきません。あまりに非科学的な現象が目の前に広がっていくので、格闘看護士軍団も「専門外だ」とお手上げです。医療行為が専門外となると・・・もうMMRに頼むとか、SOS団に報告する以外に方法はありませんわな。

 そんなカオスな患者のことを聞いて、零はちょっぴり驚いているのに対して、隣の赤リボン腕を折っても痛くない仲間として喜んでいます。まぁ、赤リボンも無痛症で、腕をブランブランさせても平気な顔をしていた猛者ですから根性も大したものです。こんな超常現象は今回が初めてかと思いきや、ちょっと昔に零が更に斜め上を行く事件に遭遇していたことが判明。何、そのオカルト現象自慢は・・・もうこれ以上のトンでも事件に遭遇したと聞いても驚きませんよ。

 零が体験した事件は、零の親友の雅が、儀式においてどこのものかも知らない牡蠣を食べてお腹から不気味なものが・・・。何というか、パンティー一丁でこんな状況を考え出した原作者とアニメスタッフの捻じ曲がった根性は素晴らしい。これが零にとって初めての手術となって、上手く出てきた物体を切り取って無事に友達を救うことに成功。村では成り代わりでさっさと片付けてしまったようだけど、ぜひともMMRには出撃して人類の滅亡を警告してもらいたいです。

 そして今回の事案では、患者の体内に桜の種が埋め込まれていて、その桜が取り付いていたことが判明。患者を泳がしておいて、桜のある場所に向かってみると、タイミングよく、その桜の木が伐採され始めて患者も血を噴出。ギリギリセーフで種を取り出すことに成功したけど、アウトだったら患者は真っ二つになっていたんだろうか・・・。確かにチェーンソーは、木だけじゃなく人や神さえも一撃必殺なので、間接殺人も不思議じゃないです。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:55| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 4 赤いリボン

(TBC/06年4月27日放送)

 篠山に呼び出されて、とある病院に向かった零は、そこで白い部屋で一緒だった赤リボンに再会しました。組織によって閉じ込められいたのが白い部屋というのは、SDGFでの白い部屋を思い出してアレなんですが、その中では、赤いリボンだから赤リボン、青いソックスを履いていたからブルーソックスと名前を決めていたようです。小学生がつける残酷なあだ名よりかは数倍マシですが、零の名前の発想は関心されてもおかしくはないです。

 記憶は失っているため、沢病院に移して見守ることに。無痛症とは言っていたものの、特にそれの複線はなくて、赤リボンの首筋にある謎のつぼみから放たれる謎の花粉によって、沢病院はプチバイオハザード状態に。花粉を喰らったものは、攻撃的な性格になり、普通に強い看護士&沢医長がバカみたいに暴れだしました。この件を見て、このアニメは医療サスペンスアニメではなく、シュールなボケ連発アニメなんだと思いました。

 コンビニに行っていた零は難を逃れていたけど、病院に入った途端に襲い掛かる、最強の看護婦軍団!!こんな看護婦軍団を相手に、しっかり圧倒して勝ってしまう零は強すぎです。グルグル回ってきた医長も、あっさり一蹴。軸足を蹴れば意外に脆いんですねぇ・・・で、元の赤リボンのつぼみを切り取って事態は収束。この間、この病院の患者さんは暴れていた看護士軍団を見ていて、退院を決意したことでしょう。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:51| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 3 ガラス越しの風景

(TBC/06年4月20日放送)

 厳重な無菌室にいながら人の心が読める賢治君に、変わった手術の思い出を頭の中で伝えている零。しかし、あくまで零の頭の中での出来事ですから、実際に流れている通りの事柄が起こったかの保証はできません。個人的に賢治君が疑問に思うところは、恐らくは停電でしょうね。一発勝負の手術の時に都合よく停電が発生。非常用の電源もなくて大ピンチ!!なんて、それこそ「アニメじゃあるまいし・・・」と呆れられるかもしれません。

 そもそも水族館の特設水槽の中に、患者がいるシチュエーション自体、賢治君がすんなり受け入れられるんでしょうか?零が関わっている手術は全部トンでも系ですけど、賢治君までもがそのトンでも系を信じられるとは思えません。まぁ、賢治君自身もトンでも患者の一人なんて、水中にいる患者なんぞいても不思議ではないと思っているのか・・・。自分が心が読めて、こんな手術の経験談が伝わってきても「それフィクションだろ!!」で一蹴しますね。

 ガチだと思うところは、篠山が零の為に買ってきた水着でしょうか。まるでインリン様が着込んでくるような水着で、そんな水着を着た女医さんに手術をされるのですから、患者の少年は色んな意味で幸せだった事でしょう。その患者の少年は、頭部の酸素ボンベの他に股間に用便吸引装置まで装着されてたけど・・・これ以上は不味い。しかし、今回の腫瘍は頭部や股間に行かないんでしょうか?下に行っても・・・だから、これ以上は不味いです。

 そんな異常な状態の中、更に停電まで起こるミラクルまで(零の頭の中だけかもしれない)起こったものの、篠山のナイスアシストもあって、手術は無事に成功しました。手術料はガッポリ取られるかもしれませんけど、お金持ちっぽいから大丈夫かも。こんな状況での手術を、ブラックジャックが出来たかどうかは気になりますが、当のブラックジャックさんは、家を爆破されちゃったりして大変なので、それどころではありませんね。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:49| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 2 パートナー

(TBC/06年4月13日放送)

 一話にして、手術の技術云々よりも看護士や医長が最強なのが重要だと思い知らされた感じだったのですが、今回はちゃんと医療ドラマになっています。さすがに、連続してあのタイフーンは精神的にきついです。初っ端に登場したのは、零のパートナーである篠山さん。何だか、とてもボロそうな家で凄いモノを開発してます。試作品を作ってるからって、あんな不衛生な場所で作ったものを人体に入れて大丈夫なんでしょうか?

 その篠山さんを連れて沢病院に向かうと、看護士からは大人気です。実力としてはどっちが上なんでしょう・・・。そして、零はいつも気に掛けている賢治くんの下に。物質を透視できる医者がいるだけでもこの病院は凄いのに、暴力団に真っ向から勝てる看護士や医長の他にも、心を読める患者もいるなんて、一体どんな病院なんだ!?しかし心が読める人がいると、迂闊に賢治くんの前では、大事な事は想像するのでさえ危険です。

 で、今回の患者さんは心臓に病気を持っていて、ぐれている疫病神声優・桑島神が中の人の杏奈さん。声が桑島神なだけで不幸ぶりだけは理解できます。あまりのぐれっぷりに姉の環奈さんは困惑。最終的には、環奈さんが自らの心臓を提供するとまで言い出しました。姉妹の関係でもここまでは出来ないよなぁ。杏奈さんを看病している内に精神的に参ってしまったのか、心の底からの本心なのかはわかりません。

 これに関して零が思いついた方法は、ギリギリまで移植を待って、その間に篠崎さんの人工心臓の完成を待つ事でした。かなりギャンブルの要素も入っている作戦だったのですが、篠崎さんがちゃんと完成させて無事に成功。でも、最後の仕上げは命云々で一秒たりとも無駄には出来ない世界において、アレはいいんでしょうかねぇ?その行為の所為で、患者が死ぬ事になったら、さすがの沢病院も只では済まないでしょうに・・・。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:48| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Episode 1 神の目

(TBC/06年4月6日放送)

 日テレで現在大活躍のブラックジャック先生が、ちょっくら地方局に進出です。深いエピソードは今のところは謎ですが、今作の主人公・零は手術によって、物質を透視する事が出来る目を手に入れて、今では立派な外科医になってます。物質を透視できるのですから、楽をしようと思えば、ビックリ人間として世界中で大活躍できるのに・・・。山村志津子さんみたいな事になるよりかは、外科医になってもらった方がよっぽど人のためですけど。

 初っ端から、早速出くわした事故の怪我人を治療していく零。偶然にもそこに居合わせたのは看護士の美里さん。何と言うか、天才外科医のベタベタな登場シーンですねぇ。勤務する前に病院関係者に出会う展開なんかは。お約束で、すぐさま美里さんが勤務している沢医院に勤務してきた零。このパターンだと一通りの会話をした後に、急患が運ばれてきて・・・と思ってたら、本当に発作持ちの急患がやってくるのですから、このアニメは王道です。

 その患者さんは、従来の麻酔を使うと腫瘍が隠れてしまうから、手術困難で新型麻酔で零に手術を依頼。が、患者を実験台にするのがイヤなのか零が拒否していたら、そこに患者を追っかけてきたジャパニーズマフィア登場。少なくとも、自分はここまで医療&サスペンスアニメを見ていたはずなんですが、ここから急に超人アニメになりました。目を合わせるだけでも怖いジャパニーズマフィアの皆様相手に互角以上で戦う看護士なんて有り得ねえ・・・。

 その後も、零の手術なんぞどこ吹く風、ジャパニーズマフィアのお兄さんたちを飛び蹴りや鉄拳で制裁!!美里さんなんか、テレ朝日曜8:30枠の時以上に活き活きとしてぶっ飛ばしていく光景には目を疑ってしまいました。しかしこれさえも、まだカオスの序章に過ぎなかったわけで・・・次第に劣勢に追いやられ苦戦する看護士を救うために、手術室からやってきた暴走タイフーン医長!!竜巻になって、ジャパニーズマフィアは一泊しちゃったぞ!!

 えぇ・・・零の最初の見せ場が本筋だったはずなんですが、タイフーン医長の所為で全てが台無しです。最後の零とブラックジャックの天才外科医揃い踏みのシーンも、その前のシーンで霞んでしまいましたよ。幼かった零を救ったのもタイフーン医長らしいけど、そりゃどんな秘密組織も勝てるわけありません!!単なる医療&サスペンスアニメだと思って油断していたけど、これには完全にやられました。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 16:45| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | RAY THE ANIMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。