2006年01月22日

仮面ライダー響鬼 作品回顧




 では、仮面ライダー響鬼の作品回顧に移ります。前にも書いたとおり、前半と後半で分けて書いてみようかと。異論反論あるかもしれませんが、あくまで個人的な見方なのでそこの所だけはご了承下さい。何で、そんな当たり前の事を書くかというと、まぁいろいろと空気が殺伐しているからです。結論だけを先に一言で表すなら、やっぱりいつも通りの平成仮面ライダーだったと・・・。

 まず前半の仮面ライダー響鬼の回顧。平成仮面ライダーのお約束として、ストーリーの序盤は生ぬるく、序盤を抜け出すと面白くなるパターンがほとんどを占めるのですが、コレに関しては響鬼は違いました。一話から響鬼の空気で視聴者を掴んだと思います。今までは、その空気を視聴者に馴染ませるまでに、1クール程度の時間を費やすのですが、響鬼はちゃんと序盤で特定層の取り込みに成功したかと。

 前半の響鬼を将棋で例えると詰め将棋みたいなもので、二話を1セットとして捉えておいて、二話目の最後に行きつくまでに、どのキャラをどう動かしてどうするかに重点を置いていたと思います。だからそこまでの流れが丁寧なんですよね。ここの部分が今までの平成仮面ライダーとは違うために、独特な響鬼の空気を視聴者が感じ取って、固定層がドンドン増えていったのでしょうね。

 しかし、この詰め将棋戦法はせいぜい2クールが限界らしく、いち早く悲鳴を上げたのは予算でした。あまりに丁寧にやり過ぎたが為に、予算を使いすぎてしまったのが素人目にも見えました。二話ごとに童子と姫の衣装は変わり、しかもお互いの声は入れ替わり、変身する場面もちゃんと出る。魔化魍も前半は全部CGだし、響鬼の設定上山篭りロケを連発・・・トドメとばかりに子供に総スカン。

 要は、その詰め将棋は王手に行き着くためには、どんだけ駒を打っても問題なしだったわけで・・・。これには、東映の偉い人の仏の顔も何度やらで、30話でプロデューサーは交代しちゃいました。(個人的には、それでぶち切れるなら、プリキュアのグダグダをどうにかしろよとは思うが・・・)まぁ、こういうゴタゴタが起きるのが特撮及び平成仮面ライダーの醍醐味なんですけね。

 そして、残りの話数はいつも通りのプロデューサーが、いつも通りの脚本家呼んできてクラッシュ開始。ここから後半の響鬼の回顧に入ります。少ない予算で、最終話までどうするかが最大の目的ですので、詰め将棋は崩し将棋と化し、最終話までにどこをどう崩していくかに変わっていったと思います。その結果、使いまわしの童子と姫が出現、ロケはお馴染みのさいたまスーパーアリーナと・・・。

 そして、井上さんお得意のウザキャラの出現により、あのような暴動にまで発展した次第です。だからと言って悪いところだけじゃなく、その中でもちゃんとやるべき所はやったと思います。前半のヒーロー像ではなく、人間的なヒーロー像を重視したのは井上さんらしいなぁ、と。。京介に関しても、化学反応を早めるような役割としては十分使命を果たしたんじゃないかと。

 初めに書いたけど、P交代のゴタゴタや、それに対する視聴者の反応なんかを合わせて、仮面ライダー響鬼も平成仮面ライダーなのです。この前の剣においても脚本家が変わったし、それ以前のライダーでも何かしらの事件が起こりました。(本編内での・・という意味で)一番の勝ち組は、そんなゴタゴタも合わせて傍目から面白く見れた人だと思います。

 それじゃあ、最後にベストエピソードとベストパーソンを決めて響鬼の作品回顧を終わらせます。ベストエピソードはどれだろうなぁ?どれもこれも味があって面白かったのでちょっと悩みますが、轟鬼さんのデビュー戦である轟く鬼を上げましょう。あの時の轟鬼さんはカッコよかったなぁ。で、ベストパーソンは裁鬼さん。ほとんど出番がないのに、やられっぷりは素敵でした。
posted by WAVE at 12:35| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最終之巻 明日なる夢

(東日本放送/06年1月22日放送)

 オロチの封印に成功して一年。しかし、あんな中でたったの3人で、よくもまぁ成功したものです。そして、鬼たちはいつも通りのローテーション形式に戻って、いつも通りの魔化魍退治に励んでるわけですか。威吹鬼さんも轟鬼さんも一人になっちゃったから、魔化魍退治の用意していて寂しいものはあるのでしょうねぇ。しかし、こんな中でも、裁鬼さんだけは相変わらず吹っ飛ばされてる姿が想像できてちょっとアレ。

 明日夢君は鬼の修行をやめて、医者になるための勉学に励んでいます。きっかけは難病の少女でしょう。その難病に苦しんでいる人を助けるために医者になる・・・某所のドラえもんの最終回みたいな動機ですね。明日夢君をあえて突き放していた響鬼さんは、そろそろいいかなと思いつつ会ったけど、どうにもチグハグ。ほとんど会話は出来ませんでしたが、己の道に突き進む明日夢君を見て随分と嬉しそうです。

 そして、鬼になる道を選んだ京介は、響鬼さんが認めるほどまでに成長している・・・らしい。性格的にはアレだったけど、ちゃんとそのビッグマウスに似合うほどの努力をしているのは素直に関心。一年後には、やっぱり嫌味を言うけど、やる事はしっかりやってる分は成長したかと思います。何だかんだ言いながら、明日夢君を助けたりしているので、口で言う前に認めているのでしょう。

 そして、その二人の成長ぶりを試すかのように、もっちーが魔化魍に攫われると言う事件が発生。果敢に立ち向かう京介ですが、やっぱりボコられて一時退散で明日夢君に治療してもらいました。汚名返上のために今度は変身体で立ち向かった京介ですが・・・やっぱり未熟らしくボコられる。響鬼さんに認めてもらったらどんな名前になるんだろう?凶鬼?狂鬼?どうにせよ極悪です。

 こんな場面をしっかり助けたいつもの3人の鬼。そして、もっちーは明日夢君と京介の手で救助。ここで、身なりのいい男女も童子と姫と判明・・・井上脚本の時点で投げるのは確定していたので想定の範囲内。洋風の男女も童子と姫で、つまりは世界中に男女ネットワークなるものが存在しているんでしょうか?個人的な想像からして、ブラジルとロシアの魔化魍は強そう・・・もちろん、そこにも鬼はいるんでしょうけど。

 最後は、明日夢君と響鬼さんの会話で終了。その直前の過程が随分とアレだったけどそれは置いとく。本当に、明日夢君も成長したなぁ。ちゃんと自分の意思を持っている事に響鬼さんは嬉しそう。そして、紅白にも出た少年よを聞きながら夕日をバックに"完"。井上さんにしては綺麗に纏まりました。ラスボスとかが存在しない以上は、こんな感じで終わらせるのが一番妥当だと自分は思います。
posted by WAVE at 12:33| 宮城 ☀ | TrackBack(7) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

四十七之巻 語る背中

(東日本放送/06年1月15日放送)

 オロチを静めるために音撃棒の練習に励む威吹鬼さんですが、やっぱり精神面がダメなようです。実戦で音撃棒で戦おうとしましたが、やっぱりボコられ轟鬼さんに助けられてしまいました。誰が悪いかと言えば、こんな時に地位に拘って威吹鬼さんを選んだ宗家の人たちでしょう。結局、最後まで出てくる事がなかった宗家の人たちってどんな人たちだったんだろう?

 明日夢君のほうは、難病の少女を見て鬼にならなくても人助けが出来るんじゃないかと思考中。そう考えている時に、響鬼さんが生身で魔化魍と戦う姿を見て決心がついたようです。その決心に、響鬼さんは冷たくしましたが、まぁ不器用な師匠ならではの激励でしょうね。だから、この後のバカがパネルシアターに乱入した事は無かった事にしておきましょう。

 で、響鬼さん、威吹鬼さん、轟鬼さんの3人はそれぞれの彼女に死地に向う前に最後の会話を。ああは言いましたけど、やっぱり響鬼さんは明日夢君の成長を感じ取ったらしくかなり嬉しそうです。そして、オロチを静めるために出発する3人の鬼・・・ってこんな大一番なのに、たったの3人!?少なくとも関東支部の鬼は全員集合させましょうよ!!・・・あ、裁鬼さんだけはいらないや。

 しかし、響鬼さんは威吹鬼さんや轟鬼さんに嘘を付いて、一足お先に現場に到着して儀式開始。もちろん魔化魍も大挙してやってきて、3人の鬼と魔化魍の激戦が開始されて終了。最終回は後日談で済ませるようなので、この清めの儀式は成功と考えてよいのでしょう。まぁ、オロチを沈めたら鬼が失職するわけでもなく、魔化魍退治は永遠に続くので妥当な線かと。
posted by WAVE at 13:37| 宮城 ☀ | TrackBack(10) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

四十六之巻 極める鬼道

(東日本放送/06年1月8日放送)

 皆さん、あえて斬鬼さんの話題には触れないのが見て取れます。新年でそういう嫌な事は忘れたいのでしょう。しかし、お賽銭を入れた時のみんなの願いは、自分に正直でリアリティがあるなぁ、と。そんな中、轟鬼さんは二刀流で魔化魍をぶった切りまくって、天国の斬鬼さんに早速清めの音を演奏。でも、あの呪術って闇に落ちると言うのだから、少なくとも天国にはいなさそう・・・。

 響鬼さんや威吹鬼さん、轟鬼さんは大晦日にもNHKで魔化魍と戦っていたからお疲れ様です。そしてオロチの事に関しても、謎の男女が清めの儀式を行う場所を鬼たちに発見させた事により動きました。しかし、無能なのか伝統バカなのか吉野は、威吹鬼さんにその儀式を行うように命令。もしかして、吉野のところに直談判しに行ったら、ずっと前に皆殺しにされていたとかそんな展開はアレ。

 他方、京介は学校を退学すると決断。相変わらず、明日夢君やあきらを見下して優越感に浸っていたものの、響鬼さんに言われて学校に逆戻り。これは完全な自業自得ですので、擁護しようがありません。明日夢君のほうももっちーのパネルシアターの件で、決意が鈍ってきています。京介の影に隠れてアレだったけど、明日夢君も鬼になる動機があまりに弱かったんだよなぁ。

 威吹鬼さんは、清めの儀式を行うために響鬼さんから音撃棒を本格的に伝授しようと魔化魍相手に特訓開始。夏の魔化魍の件ではある程度は音撃棒もやっているとは思いますが、でかい相手とはやっぱ違うのか・・・。威吹鬼さんがグダグダになっている間に、響鬼さんは烈風で楽々と魔化魍を撃破。ここら辺は、完全に経験の差が出ているのでしょう。おまけに、威吹鬼さんの心が折れかかっている・・・。
posted by WAVE at 13:17| 宮城 ☀ | TrackBack(8) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

四十五之巻 散華する斬鬼

(東日本放送/05年12月25日放送)

 京介とケンカした高校生を殺したのは魔化魍でした!!え!!??全く予想も出来なかったよ、ドラえもん!!・・・とある程度釣られてみる。もうちょっと捻りがあるかと思いきや、単純に魔化魍の所為で終わりました。そして、もう一人の高校生を魔化魍の手から助けるために京介は追い掛け回していたようです。な〜んだ、そうだったのか。見直したよ京介!!・・・そんなわけ、ねえでしょうがッッッッ!!!

 二人が魔化魍に襲われるまでは、復讐を考えていたらしいし、それ以前に明日夢君から陰陽環を盗んでるし!!それ鬼とか弟子以前に人間として間違ってるから。盗んだ事を学校の先生に見つかれば停学確定モンですよ。二度も警察にご厄介となれば最悪、退学・・・。それなのに、自らの力で戦った事を響鬼さんに褒められる京介。"終わりよければ全てよし"と言っても、それまでが法律に反しているのはどうなんでしょう?

 もうそれはいいとして・・・前回、おっちょこちょいだとネコにバカにされた威吹鬼さんは、斬鬼さんの秘密を発見。返魂の術を使っていて、一回死んでもしばらくはこの世にいられるけど、その後は消えてしまうと言う術らしい。それって、灼眼のシャナでいうトーチと同じ原理なんでしょうね。存在はちゃんと残るけど。そこまで斬鬼さんを追い込んだのは、轟鬼さんの件もそうでしょうが、それを止められなかったのもねぇ・・・。

 威吹鬼さんや響鬼さんは、その事実を轟鬼さんに伝える事に。初めは信用しなかった轟鬼さんですが、冷たくなってる斬鬼さんの体に触れて号泣。自分の憧れの人がゾンビでもうすぐ消えると言う事実は、やはり相当なモノのようです。そして、この事実を受け止めリハビリに猛進する轟鬼さん。まぁ、ここら辺のダークな分野は井上さんや會川さんの得意分野だからねぇ。

 そして、病院の近くに(と言ってもお決まりのさいたまスーパーアリーナ)魔化魍の群れが出現。病院の近くの方は威吹鬼さんと響鬼さんが片付けて、斬鬼さんと復活した轟鬼さんは森のほうに。最後の二人の戦いの後、清めの音のセッションを響かせながら、斬鬼さん消滅。登場時点で死亡キャラだったようなもんだけど、実際に死ぬとやっぱり寂しいです。
posted by WAVE at 12:01| 宮城 ☀ | TrackBack(2) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

四十四之巻 秘める禁断

(東日本放送/05年12月18日放送)

 え〜っと・・・うん、もうあの糞ガキには呆れるしかないんだよ。怒っているんじゃない、呆れているんだ。逆切れして弟子やめて、前にいた学校の生徒にバカにされて喫茶店で乱闘騒ぎを起こす醜態。決して、頭を下げる事はせず、バカにした生徒を明日夢君から陰陽環を盗み出して殺害!!陰陽環関連の事は恐らくシロだとは思うが、もしクロだったら完全にあの国の人認定モノですよ。

 一方、医者の忠告を無視して鬼になった斬鬼さんは、大活躍で魔化魍の群れを撃破。ちゃんと音撃で倒していますねぇ。今じゃ、ただなで斬りしても普通に倒せたりするもので・・・。人前では平然としてるけど、一人になると運転している車の中で悶え苦しんでいました。そんな体で車なんか運転したら、斬鬼さんの車の周りの人は運転がフラフラしてるでしょうから大変でしょう。

 病院では轟鬼さんがリハビリを開始。それでも、体に力が入らず満足に歩く事が出来てません。見ている響鬼さんもずっと見ることが出来ませんし、斬鬼さんも辛そうです。その轟鬼さんも、そういう視線を苦しんでいるらしく、日菜佳さんを歩けるようまで来ないようにと。でも、斬鬼さんとはラブラブ・・・女の愛情よりも、師匠との愛情を選ぶ轟鬼さんは凄いなぁ。

 吐血までしちゃった斬鬼さんは覚悟を決めて、腕に何かの紋様を刻み込みました。効果の全容は不明なモノの、魔化魍の群れにボコられて死んでも生き返るマジで禁断の術。これでは、死亡を確認した威吹鬼さんが可哀想です。スモーキーからドジだと言われて、次回では響鬼さんにお前の勘違いだと言われる・・・威吹鬼さんって、いつの間にこんなポジションに。
posted by WAVE at 13:51| 宮城 ☁ | TrackBack(3) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

四十三之巻 変われぬ身

(東日本放送/05年12月11日放送)

 え〜っと・・・一回、あの糞ガキをジェネシスで吹き飛ばしたいのですが、どうすればいいでしょうか?弟子は一人に絞る事を盗み聞きし、明日夢君に勝つために、タクシーを使って明日夢君を追い抜いたり、修行の場所に自分のトロフィーや表彰状を持ってきて、明日夢君より優秀だとアピールして、それが認められないと逆切れ・・・最後の逆切れは呆れて笑うしか出来ませんでしたよ。

 一方、オトロシに踏み潰されて、病院に運ばれた轟鬼さんは何とか一命は取り留めました。が、医者から再起不能宣告。死亡フラグを回避できただけでもマシとは言えるけど、コレもキッついなぁ。首より下に力が入らないとか、やっぱり脊髄とか神経がやられてしまっているんでしょうか?骨折みたいなのなら、治せる可能性はあるかもしれませんが、脊髄・神経だとねぇ・・・。

 そんな轟鬼さんを見て、斬鬼さんもショックを隠しきれません。体育会系で一番付き合っていた弟子が、自分以上のダメージを受けて、この年齢なのにもう鬼にはなれない現実を突きつけられるのは・・・。轟鬼さんも廃人みたいになっちゃって、斬鬼さんに殺してくれとまで言うなんて、これはキツい。斬鬼さんがその後に言っても、鬼になれないということに変わりはないからなぁ・・・。

 なぜか合間に、もっちーのパネルシアターが。ここに入れた意味がさっぱりアレなのですけど・・・。その中で取り上げた題材がマッチ売りの少女。雪の女王の時も破壊力は抜群すぎましたけど、パネルシアターだとちょっとどうかな?やるのなら、もうちょっとインパクトがあるのがいいですね。例えば、一家団欒の擬似家庭が一人の女性の登場によって、母親代わりが豹変する(ry

 それはいいとして・・・響鬼さんは轟鬼さんを励ました後に、威吹鬼さんのアシストに向いました。響鬼さんも大変ですねぇ。同僚の後輩が大変な時に、DQNの世話もしなくちゃならないなんて。威吹鬼さんと一緒に、夏の魔化魍ごと太鼓を一切使わずに魔化魍の群れを殲滅。これは鬼たちが強くなったのか、夏の魔化魍が弱くなっているのか・・・。
posted by WAVE at 14:01| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

四十二之巻 猛る妖魔

(東日本放送/05年12月4日放送)

 え〜っと・・・一回、あの糞ガキを殴り飛ばしたいんですが、どうしたらいいんでしょうか?弟子入りを頼んだ恩人を落ちこぼれ呼ばわり、とっとと修行を始めろと言ったのに、言い訳と文句の連続。もしかして京介はあの国の・・・いやいや、それはそうとして、本当にコイツはどうしたらいいんだ!?コレは大晦日辺りに、強引に試合に出させてボコられせないと自分の気が済まなくなってきましたよ。

 対する明日夢君は、言われてもないのにトレーニングを続け、切磋琢磨する毎日。響鬼さんのトレーニングメニューもこなしています。こりゃ、一人に決まるのは遅くはないですね。それにしたって・・・あまりにあきらが可哀想です。落ちこぼれの辺りはマジで切れそうになりました。他者を見下し、自分の落ち度は絶対に認めない人間・・・やっぱり京介はあの国の人なんじゃ(ry

 なんだか、もうそれは思い出すのもアレなんでアレですが、一方では途轍もなく深刻な状況です。オロチによって、魔化魍が大量発生。始めにそれに遭遇した轟鬼さんと斬鬼さんもビックリです。ってか、もう相性とかはいいんでしょうか?空飛ぶ魔化魍に轟鬼さんは足手まといにしかならないかと。この後も、相性云々は関係なく魔化魍を倒していくのですが・・・まあ、今更いいか。

 魔化魍の種類もバラバラで、大きい魔化魍から小さい魔化魍まで集団になって襲ってきます。つまりは、昔使った魔化魍の衣装が勿体無いから、この際バンバン出しちゃえ!!な感じだと思います。タダでさえ少ない予算で効率よく盛り上げるには、打ってつけの方法なのでしょう。その所為で太鼓じゃないとダメなはずの夏の魔化魍がザコになったけど・・・ネコに至っては音撃ですらねえ。

 そんな中、轟鬼さんは日菜佳にオロチの件が終わったら温泉に行こうとデートに誘いました。うむ、もはや書くまでもないが死亡フラグ成立です。ここまで分かりやすい死亡フラグはなかなかないです。予想通りに、最後にオトロシに踏み潰されて重体。あのオトロシは轟鬼さんに恨みでもあったんでしょうか?あそこまでバッタンバッタン踏み潰されるなんて、何かの思念があったとしか思えない・・・。
posted by WAVE at 17:24| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十一之巻 目醒める師弟

(東日本放送/05年11月27日放送)

 シュキ辺りからのあきらは、師匠の威吹鬼さんに何も話さないで避けてばっかりいましたけど、鬼になることを辞めるか辞めないかの決断だったら、そりゃ威吹鬼さんにも誰にも話せはしないでしょうねぇ。今回、最初で最後の鬼に変身したんですが、まったく見せ場らしい見せ場もなく吹っ飛ばされました。もちろん、変身解除したら全裸・・・マジレンジャーにしろ今日は一体何なんだ---!!!???

 鬼になることを辞めたあきらがした事は、将来鬼になるかもしれない明日夢君と京介と鍛え上げる事。教えた事は、威吹鬼さんに教えられた精神的な面での修行で、小学生の道路横断時のサポートに。ここで京介は幼稚園児をトラックから助けて、その後の発言で更に株を下げた(え!?)訳ですが、これはトラックの運転手がDQNなだけなんじゃ・・・普通、あんなに飛ばすか?

 一方、おやっさんは魔化魍作ってる男女に呼び出されて、オロチが出ると警告。後、放送も二ヶ月切りましたし、そろそろクライマックスに入らないと不味いと言うことなのでしょう。難しい伏線はないので、伏線回収に弱い井上脚本でも、最後は安心して見ていられるかな?やたらと悲劇とかカタストロフとか物騒な単語が予告に載っているのが不安ですが・・・。

 あきらが何も話してくれなく落ち込んでいる威吹鬼さんを励ますために、香須実さんがデートに誘いました。が、ここにコダマの森が出現して、引きずり込まれる香須実さんと、やっぱりボコられる威吹鬼さん。そこに電話でやってきたあきらと明日夢君と京介・・・ここだけは本当に響鬼さんの言うとおりです。鬼が危険な仕事だと分からせたいなら、電話でそこに行けと普通は言わないよなぁ。

 そこで、明日夢君と京介は渾身の思いを込めて、コダマの本体に烈雷で一撃!まぁ、ようやく京介の株が上がったかな?明日夢君は今回はずっと影に隠れていたけど・・・。あきらの願いもあって、ようやく響鬼さんも明日夢君と京介を弟子にする事を承諾。京介はすぐに名前で呼んであげるんだ・・・明日夢君はあんなに時間が掛かったのに・・・。
posted by WAVE at 17:22| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十之巻 迫るオロチ

(東日本放送/05年11月20日放送)

 響鬼さんに名前で呼んでもらって嬉しい明日夢君は、さっそく学校でもっちーにその事を報告。最近、おもいっきり干されているもっちーの出番はコレだけ・・・序盤はバンバンフラグを潰されて、脚本変わったら変わったで、今度は干され地獄。もっちーが報われる日は来るのか!?何だか見ていると、明日夢君と京介の関係の接着剤みたいな役割にしか見えないぞ!!

 学校を休んだ京介を見舞う明日夢君ですが、やっぱり嫌味を言われまくります。そこで京介がマジで鬼になりたがってることを知ってあきらに相談。彼女も彼女でいろいろ大変なのに・・・。あきらとか母親(この人も干されまくり)のアドバイスで、響鬼さんにガツンという事を決意。しかし、明日夢君にはいくら補欠だからってブラスバンドがあるから、動機的には弱いんだよなぁ。

 予想通りに明日夢君は断られるわけですが、京介は全く諦めていません。他の鬼にも弟子入りを志願しますが・・・なんでいちいち視聴者の殺気を奮い立たせる事を言うかな、コイツは?「オレのほうが優秀」とか、そんなことを面接に限らず目上の人に言ったらどうなるか分かるだろうに。いくら優秀だからって、それは自分で言う事じゃないし、人に言っちゃいけない事です。

 京介と明日夢君の弟子入りを断った響鬼さんに、威吹鬼さんはそれは逃げているとキッパリ。なんで響鬼さんは弟子を取らないのかと思っていましたが、案外ベターな事だったのですね。以前に、弟子とって死んだとか、裏切られたとか、そんな暗い事ではなく、ただ逃げていたと・・・。弟子の事で苦労している威吹鬼さんが言うんですからその通りなのでしょう。

 同じ頃、場所を移動する謎の森が出現。これに迷い込んでどんどん喰われていく一般人。アームド響鬼も威吹鬼さんも轟鬼さんも木霊の森の化け物に叶わないとは、結構ヤバいんでしょう。魔化魍作ってる人たちも、これに関してはノータッチのようで、かなり警戒している様子。そんな危ない場所に、ワープしてきてやってきた3人は大丈夫なんでしょうか・・・?
posted by WAVE at 17:20| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十九之巻 始まる君

(東日本放送/05年11月13日放送)

 威吹鬼さんも轟鬼さんも凹みまくり、明日夢君とみどりさんは拉致られ、響鬼さんもボコられると言う、最悪な状態な中、一人怯えて固まっていた京介。なんだかんだ言って、こういう時に一番生き残るタイプは、京介なんだよなぁ・・・で、一人だけ生き残ってきたら、ミスターサタンみたいなことになるに違いない。まぁ、響鬼さんを救ったのは事実なので、この時ばかりは京介を見直しました。

 捕まった明日夢君とみどりさんは、変な糸に絡まれて魔化魍に食われる一歩寸前の状態。ここを、明日夢君が糸で噛み千切って脱出。明日夢君の口の中、血だらけになってなきゃいいんだけど・・・。逃げる途中で、再び響鬼さんが鬼になった経緯の話が。どんなに殴られても、必ず立ち上がったのですか。小橋健太さんみたいですね。あの人も、どんなに打たれても、翌日には平気でトレーニングしてますから。

 斬鬼さんから冷たくされた轟鬼さんは、お汁粉で酔っ払いながら愚痴ってました。その隙に、京介がやってきたものの隠し扉で転落。この時の、京介のマザコンっぷりは凄かったです。うる星やつらの面堂終太郎じゃないんだからさぁ・・・こんなヘタレを出しておきながら、「オレだって鬼になれる」と普通に思っている京介は末期かもしれません。

 酔いつぶれていた轟鬼さんも、おやっさんの言葉を勘違いで受け止めて立ち直りました。で、魔化魍出現の方を受けて向った先には・・・例の如く、魔化魍にボコられていた裁鬼さん。変身忍者嵐に斬られてから、そんなに日が経ってないはずなのに、もう復帰するとはさすが裁鬼さん!!それにしても、どんな脚本家も一回ぐらいは裁鬼をボコボコにしてみたいんでしょうね。

 しかし、裁鬼さんも轟鬼さんも、後からやってきた威吹鬼さんも見事に返り討ちに。雨の中、轟鬼さんは斬鬼さんに独立を宣言し、威吹鬼さんはあきらにちゃんと思う事を言えました。でも、裁鬼さんだけは何もなし。ただ、魔化魍にボコられてドラマも何にもなしって酷い扱いだ・・・。今月の「この後すぐ!」にも出てるんだから、少しは見せ場を作って下さい。

 こんなボロボロの状況ながらも、響鬼さんは立ち上がって魔化魍退治に出発。序盤はやっぱりやられていたものの、明日夢君のアドバイスにより見事に魔化魍を撃破。響鬼さんも、明日夢君のことを初めて名前で呼んで明日夢君は実に嬉しそうです。しかし、それと弟子になるって事は違いますからね。そこは勘違いしてほしくないです。
posted by WAVE at 17:18| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十八之巻 敗れる音撃

(東日本放送/05年10月30日放送)

 ブランバンド部でホイッスルの練習をしながら、京介の「俺は響鬼さんの弟子になる!」発言が付いて回ります。それをブラスバンドの練習に打ち込んで吹っ切ろうとしたところに、部長から補欠宣告。ここまで部長って薄情だったけか・・・?さすがに、これには動揺を隠せないでいる明日夢君。励ましに来たであろうもっちーも、まさかの修羅場にタジタジになってます。

 気分を変えようと、もっちーを立花に誘う事にする明日夢君・・・と、それを立ち聞きしていた京介。明日夢君よりも、先に立花に着くために自転車で猛スパート・・・コイツ、無駄な部分で努力しやがって。そんで、後から来た明日夢君に嫌味の連続。嫌味言うために、先回りしたってのはアレですね。響鬼さんの弟子になるってよりかは、明日夢君を平伏させたいのかなぁ?

 そこにみどりさんがやってきて、ブラスバンドの合宿を敢行。この人、ブラスバンドとか初耳です。しかし、なぜか参加者は明日夢君ともっちーとなぜか京介。え〜っと、最後のヤツは崖にでも(ry そんなこんなしている時に、響鬼さん達は音撃の効かない魔化魍に大苦戦の最中。3人同時の音撃も効かずに退散。脚本変わっても、この多対多と退散パターンは変わらんか・・・。

 スランプ病が他の人にも移ったのか、威吹鬼さんと轟鬼さんもかなり凹んでしまってます。威吹鬼さんはあきらが原因で、轟鬼さんは斬鬼さんが原因で、かな〜り不味い状況になっています。轟鬼さんはあの性格だから大丈夫として、威吹鬼さんが立ち直るのはどうなんだろう?エリートって、一旦崩れると脆いってイメージがついているんで、心配です。
posted by WAVE at 17:15| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十七之巻 甦る雷

(東日本放送/05年10月23日放送)

 京介「俺は鬼になる!響鬼さんの弟子になる!!」 いかん、どうもこの時間帯は幻聴が・・・。マジでガチで、この発言だけはないと思いたいし、あったとしてもなかった事にしてほしい。コイツがでしゃばってくるのは、もう数分だけで勘弁してくださいよおおおお!!!明日夢君も、こんな挑発に釣られておかしな方向に進まなければいいんですが・・・。

 ま、まぁ、上の発言は自分の幻覚と幻聴ですよね。気にしないで、鬼の戦いを目に・・・目に・・・うぼぁ。シュキの中の人、前回の5割増に酷いです。アフレコの時に、これでOKなんかするなよな・・・。これがニッポン放送の吉田アナだったら、二時間居残りさせられるのは確実なアレですよ。東映の公式HPで、息子さんが大の響鬼ファンとか書いてるけど、これを見たらどう思うんだろう?

 うん・・・きっと、声帯だけは、実年齢どおりに歳を取ったからああなのだと思いたい。そのシュキは、両親を殺された恨みからノツゴを追い回して、そのためには手段を選ばない非道な鬼。鬼をやめさせられた理由は、ノツゴを斬鬼ごと倒そうとしたから・・・それは実に酷いです。仕事人だからだったら少しは分かるけど、復讐のために巻き添えは勘弁です。

 そんなシュキに共感していくあきら。ここから、ダークな井上脚本の部分が出てくるんだろうか?(宮城じゃ)これの一時間後に、同じように力と復讐心に取り込まれたバカモノがいますが、あきらもちょっと危ういな・・・。威吹鬼さんの命令にも反発して、最後は雨に打たれながら号泣。ダークサイドに入れば、物語は面白くなるんだけど、そうなるともう響鬼じゃないよなぁ。

 同じ感じで、ヘタれていく師匠の威吹鬼。いや、ずっと前からヘタレ全開だったのですが、今回はもっとヘタレです。鬼祓いを命じられて、響鬼さんに相談して、どうになるかと思いきや何時ものように吹っ飛ばされてフェードアウト。最後まで、戦闘に残った事は少ないような気がするなぁ。弟子も弟子なら師匠も師匠だ・・・。結果的に、あきらがピンチに陥って、斬鬼の時と同じように巻き添え喰らいそうになることに。

 そこに、復活した斬鬼さんが登場。ここから大活躍と思ったのに、まさかのシュキ自爆。そのおこぼれを貰ったようなもんですから、ちょっとなぁ・・・と言った感じです。最後の師匠の頼み(死に顔を見せたくない)を聞いて、そこら辺の花を顔に被せる斬鬼さん。いやいやいや・・・普通は、埋めたり燃やしたりだろうに、なんでそんな羞恥プレイを?
posted by WAVE at 17:12| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十六之巻 飢える朱鬼

(東日本放送/05年10月16日放送)

 威吹鬼さんとか他の鬼の人や、ちょっと厳しい大人の人が「鬼に向いていない!」と言うのなら全然分かる。何ゆえ、貴様のような運動オンチでヒョロヒョロな糞生意気な糞ガキに言われなきゃならんのだ!?前々回辺りからストーキング開始して、いきなり話し掛けたと思うとオロナミンCの早飲み勝負仕掛けるわ、学校で、鬼に向いていないだの何だの言ってあきらを落ち込ませるわ、何がしたいんだよ!?

 しかし、当のあきらは以前から落ち込んでいたのに加えてそんな事を言われたので、更に落ち込んでしまいました。あっさりと両親が魔化魍に殺されたとか出て、かなりベターですが今更そんなのどうでもいい。「憎しみで魔化魍と戦うのが悪いのか?」で、随分と悩んでしまっているようですなぁ。某ウルトラマンでそんな感じで憎んで戦ってアレしたダダがいたから、間違っているとは断言できますです。

 同じ頃、どっかの神社で鬼のヨロイを盗まれて、神主さんと巫女さんが目撃したのは変身忍者嵐。そのまま川原に向かい、ノツゴを取り逃がした裁鬼さんを滅多切りにしてしまいました。魔化魍は取り逃がすわ、突然出てきた変身忍者嵐にボコられるわ、ある意味神と化している裁鬼さん。登場時から、ボコられる場面しか見ていないのですが・・・大丈夫なんだろうか?

 この時にいたノツゴに因縁があるらしい斬鬼さん。鬼も見る医者に行ってるのを見ると自分で倒したいのか?しかし、ヒザだけでなく胸にも爆弾を背負っているらしく、ドクターストップが掛かってしまった斬鬼さん。カムバックするにしても、鍛えなさなきゃいけないだろうし、結構道のりが大変でしょう。そんな感じなのに、更にあきらまで世話をする事になるとは相変わらず大変忙しい人だ。

 で、その鎧を盗んだらしい斬鬼さんの師匠のシュキさん。鬼を首になったらしいですが分かる気がします。いくらひったくり犯とは言え、後ろから容赦なく攻撃を加えるし、今回のように鎧を盗んじゃうし。裁鬼さんをぶった切ったり、人様の変身用具を奪って鬼に変身しちゃうしと、ハードコア過ぎます。しかし、音錠があれば誰でも変身できるように見えてしまうよな、アレは・・・。
posted by WAVE at 17:10| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十五之巻 惑わす天使

(東日本放送/05年10月9日放送)

 前々回の時点でウダウダ言ってたら、もう前回と今回の展開にはたぶん付いていけないでしょう。自分も見ていて、「あぁ〜・・・」みたいな・・・うん、そんな感じでテレビを見つめていました。完全に、ブレイドまでにおけるいつものパターンになってしまって、懐かしいと言えば懐かしいんですが・・・。毎度毎度、別物として見ようとしましたが、もう前回から全くの別物の作品になってます。

 前回の終わりごろに、色恋沙汰でボロボロになり手入れを忘れていた烈雷の弦がプツンと切れた轟鬼さん。そこを響鬼さんがフォローしてどうにかなって、街中で鬼の姿で歩き回る3人・・・違和感バリバリすぎ。今までも街中での戦いはあったけど、こうやって真昼から堂々と歩き回られると、ちょっと・・・。こんな姿で歩いてたら、コスプレと思われるか、警察官によっては止められるかもしれません。

 響鬼さんと威吹鬼さんに言われるも、割り切れない轟鬼さんに、斬鬼さんが愛の手を差し伸べます。しかし、斬鬼さんも渋い人から、単なる無口な天然ボケのオッサンになってしまっていました。自分はこのやり取りを爆笑してましたが、一部の人は怒りの導火線に着火している事でしょう。恋愛についても鬼だとか言ってるけど、あんなナンパテクで落ちた女でロクな女じゃ(ry

 余計に落ち込んでしまって、更に凹む轟鬼さん。同じ頃、香須実さんが男とイチャ付いてるのを威吹鬼さんが目撃。威吹鬼さんも落ち込んだ所で、「たたたたっくん、魔化魍だよ!!」で、数秒で駆けつける響鬼さん。他の二人も加勢しに来ましたが、轟鬼さんはアレだし、威吹鬼さんも烈風の音が出なくなってしまいました。後は井上脚本の伝統芸"水の中に落ちて敗戦"により、あっという間に水に叩き落される3人・・・。ここまでお約束をされると、逆に面白いと思ってしまう自分の思考回路がアレなんでしょう。

 でも、ここから明日夢君を含め立ち直っていく皆さん。明日夢君は勘違いと分かって大喜びです。もっちーは、ちゃんと明日夢君を本命にしていたのは一安心。明日夢君は妹分的にもっちーを見ているのかな?そんな明日夢君の一連の表情を見て、恋愛間の鈍さにようやく気付く響鬼さん。響鬼さん自身は、みどりさんのことはあんまり異性の対象として見ていないんですねぇ。

 轟鬼さんの相談に乗り、もう一度誕生日パーティーを開催。ここで威吹鬼さん方面もササッと解決。手作りのうどんを作り、ちゃんと指輪も渡して日菜佳さんとも、しっかりと仲直り。この勢いのままに、やっぱり街中で出てきた魔化魍を撃破。もう相性とかどうでもよくなってるな・・・。最後の、京介とあきらのは見なかったことします。ってか、本当に京介の存在意義って・・・?
posted by WAVE at 17:06| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十四之巻 恋する鰹

(東日本放送/05年10月2日放送)

 今回からオープニング変更。おもいっきりこの前の戦隊シリーズのオープニングを見ているかのようでした。ブレイドの前期のアレよりかはマシなんだろうけど・・・なんだろう、やっぱり違和感が。鬼以外には明日夢君しか出ていないからでしょうか?今後は鬼中心って事なんだろうか?途中の関東の鬼全員集合みたいな図は、いつか実現したりするんだろうか・・・。

 もう感じていた違和感に慣れそうだったのですが、やはり首をかしげる所がありました。それは明日夢君ともっちーの関係。明日夢君はもっちーに恋愛感情を持っていないと認識していたのですが、いつの間に明日夢君→もっちーになったんでしょうか?この部分はさすがに残念です。もっちーが果敢にアタックを仕掛け、明日夢君がそのフラグを潰すのが醍醐味なのに!!

 こんな感じで今回と次回は、男女の恋愛間についての話。明日夢君については、不満点を除くと、京介がもっちーに取られるんじゃないかと心配して元気をなくしてしまいました。あの明日夢君が、もっちーと京介のキスを妄想してしまうとは・・・やっぱり違うような。デートではないと思いたいですが、マジでデートだったら明日夢君、どうするんだろ?

 で、これ以上の問題が轟鬼さんに。空気が読めないのは前々からだけど、ここまで酷いとは・・・。わざわざ高級レストランにして、ワインを飲んだらブホッ!と吐き出し、出てくる料理は手で食べる。更には、ステーキを日菜佳の服につけ、とどめとばかりにカツオのプレゼント。確かに、ここまでされると温厚な人でも、普通に怒ると思います。

 その影響が、戦いにも響いてしまっている模様。魔化魍相手にミスを連発してしまい大スランプ状態。表情もかなりやばく、最後の方では烈雷の弦がプチンと切れて、魔化魍も鬼も唖然。生真面目な男ですから、一つの物事だけに集中するってのがなかなか出来ないのでしょうね。とりあえず、またしてもノコノコ付いてきたあのDQNはノーコメントで。
posted by WAVE at 17:04| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十三之巻 装甲う刃

(東日本放送/05年9月25日放送)

 勝手に持ち出したアームドセイバーのせいで、大ピンチに陥ってしまう鬼一行。アームドセイバーはスーパー童子(ネーミングセンスが・・・)に奪われてしまい、響鬼さんと轟鬼さんは変身不能に。このままボコられるのかと思いきや、さっさとどっかに行ってしまう魔化魍とスーパーな二人。本来の目的がクグツの駆除みたいだったから鬼と戦う気はなかったのでしょうね。

 で、帰ってきて変身できないと分かって、局長に逆切れする轟鬼さんカッコ悪すぎです。勝手に持ち出して、勝手に使って、勝手に変身できなくなったけど、それは局長の所為だ!!って、オイオイ・・・。そこにおやっさんから、弾鬼さん達が再び鬼に変身できるようになったとの情報が。しかし、回復するまでに一ヶ月も掛かるとは・・・まぁ、その間はケツ叩かれるだけだったでしょうからいいんですが。

 この間にも局長は大暴れで斬鬼さんのケツも叩かれましたが、どうやら今風の若者は苦手なようで。威吹鬼さんよりも、ケツの叩きやすい響鬼さんと轟鬼さんが一番やりやすいのでしょう。そして、始まった特訓はいつもの鍛えに加えて発声練習付き。ここでも愚痴りまくる轟鬼さん。轟鬼さん・・・・なんだか、前回から急にDQN度が増してきたように自分には見えるんですが。

 しかし、斬鬼さんから局長が伝説の鬼だったことと、局長の捏造話を信じて特訓に奮起。この前辺りに、申し訳程度に明日夢君の話が。もうDQNはいいからモッチーを出せ!モッチーを!こんなヤツに響鬼さんが何を言っても、全く改心せずにいるのは井上脚本の伝統なんだからさ!!で、終わりごろに丁度よく(お約束)、魔化魍が出てきて威吹鬼さんが出てきて豪快にボコられると。

 変身能力も回復し、丁度よく(お約束で)転がってきたアームドセイバーでアームド響鬼に変身。ディスクアニマルが装甲になる仕様なんですね・・・ここら辺は普通にカッコいいと思いました。が・・・アームドセイバーで魔化魍を真っ二つにして粉砕したのだけは、どう見ても頂けません。タイコやギターやラッパで倒してこその響鬼なのに・・・・マジで井上の野郎、やりやがった!!
posted by WAVE at 17:02| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十二之巻 弾ける歌

(東日本放送/05年9月18日放送)

 もう別物のライダーとして割り切らないと、轟鬼さんにも威吹鬼さんにも違和感感じてやってられません。威吹鬼さんなんか、もう初っ端で出てきて相手の強さを引き出してボコられるヘタレ職人に変貌。話の輪にも入り込めずに、響鬼さんとかが来るまでボコられるなんてヘタレにも程があります。轟鬼さんも、久しく出てこない間に別人になってしまったような・・・まぁ、いいや。

 明日夢君方面は、終始京介はウザったい感じで絡んでくるし、何よりもモッチー出てこねえ!!このDQNが出てくる前までは、積極的に明日夢君にアタック掛けるのにフラグ潰される冷遇っぷり。そして、京介が出てきてからは、その京介の踏み台にされてるように見えてしまいます。明日夢君も以前はハーレムだったのに、いつの間にかDQNに絡まれまくってます。

 しかし、今回の主役は明日夢君でも轟鬼さんでもヘタレ威吹鬼さんでもなく小暮所長。態度の悪い警察官の尻を叩くって、気持ちは分かるけど公務執行妨害で捕まっちゃうよ!!なんつうか・・・清潔感漂う学校に、不良生徒がワラワラと乗り込んできたような感じだ。まぁ、あくまでゲスト出演なので、少しの間なら大丈夫って感じはするけどね。

 立花に行く前に、轟鬼さんと響鬼さんの戦いを見ている所長。(何でいるの?ってのは突っ込まない)ってか、二人とも仕事中なのに、それを妨害するように罠に掛けるってどうなんだよ!!「この妨害によって、何人の一般人が・・・」とか突っ込んだら、負けだと思うのでここまで。今回の童子と姫はクグツの人員整理が目的だから、大丈夫だとは思いますが。

 そして、遂に立花に所長登場。偶然にも、所長の開発品にケチを付けに来たダンキとショウキにお説教。ショウキさんなんて、今回初登場なのに、ケツ叩かれて追い出される役なんてアレ。その後も、最近の鬼は・・・とかおやっさんに説教したりと、口うるさいの度を超えています。でも、変身できなくなったのがアームドセイバーの所為だと分かると意気消沈する場面も。
posted by WAVE at 16:59| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十一之巻 超える父

(東日本放送/05年9月11日放送)

 響鬼さんが落とした音撃棒を、明日夢君が投げ渡すのを見て、どうしたものかと困ってしまった次第。ぶっちゃけ、明日夢君はそんなことをしないと思うし、響鬼さんもサンキュー!とか言わないと思う。なんだか、急に鬼って存在の凄みが薄れてしまった瞬間でちょっと・・・ねえ?・・・いや、こんなことを突っ込んでいてはこの先やっていけないんだろうけどさぁ。

 前回の終わりに、京介が呟いた父さんと言うのは、魔化魍が放った火を見て思い出した様子。要は燃えてる家に子供を救いに突貫し、亡き者になってしまったのを見てしまったと言うことなのか・・・。それのインパクトが強すぎて、鬼だの魔化魍だのどうでもいいって感じになってます。明日夢君を少しは見直したようですが、今度は響鬼さんに興味を惹かれるように。

 しかし、今度は父親から逃げているとかケンカ売っちゃう京介・・・とことん、人様にケンカを売るやつです。それを言われて、母親と響鬼さんに相談した結果、父親に会いに行くことにする明日夢君。が、ドラクエ2のサマル状態になりレストランで見つけたものの、家族団らん状態で入れなかった明日夢君。その後、父親の作り掛けの犬小屋を作った明日夢君。理由はよく分かりません。

 それと同時期に威吹鬼さんとあきらの前に魔化魍出現・・・突っ込みたい気分だけど突っ込まないよ。井上脚本になってから、完全に噛ませ犬になっちゃった威吹鬼さんが可哀想です。ちょっとやられそうになって、すぐに電話するあきらもアレだな・・・いやいや、突っ込まない突っ込まない。そして、お約束どおりすぐにやってきた響鬼さんと、タクシーで付いて来た京介。紅って夏限定のハズなんだけど・・・・まぁ、普通に倒せたからどうでもいいか。

 ここまでは許容の範囲だったけど、最後の響鬼は「俺のものになる」発言で第64代横綱ばりに倒れそうになった。ある意味、乗っ取り完了と言いますか作品ジャック完了とも言える瞬間なのかもしれません。もう、ここまで来ちゃうと視聴者がどうこう言ってきても最終回まで止まりませんね。今年の仮面ライダーはいい意味でも悪い意味でも盛り上がる、希少な作品になるかもしれません。
posted by WAVE at 16:55| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三十之巻 鍛える予感

(東日本放送/05年9月4日放送)

 さすがだ・・・・さすがすぎるよ、クラッシャー井上!!ブレイドでも、終盤のアレには頭がヘブンになったけど、今回も思考回路がヘブンになりそうです。この人が入って来た途端、響鬼じゃなく555になるんだもんね。二年前のライダーで、違う意味で愛されてきた草加を思い起こさせるハイパーバトルDQN降臨。そして、自分の脚本だからって劇場版の宣伝を入れる神経の図太さもさすがです。

 で、魔化魍もまるでオルフェノクみたいになっちゃってます。親玉の実験らしいですが、姫と童子がいない。そして、その魔化魍は火車になって人間を灰になるまで焼き殺すだけ・・・。まんま、やりかたがオルフェノクです。そして、人間の灰化も二年前のライダーそっくり。こ、ここまでやっちゃっていいもんなのか、見ているコッチが不安になります。

 問題のハイパーバトルDQNこと京介君。いきなり他人の明日夢君相手に自転車競走を仕掛けます。傍から見れば「コイツ、頭おかしいんじゃねえか!?」と思わずにはいられませんが、本人はやる気です。それに上手く乗せられてしまった明日夢君が可哀想。犬を轢かない様にして脇にそれて敗北。それでも勝った!!とか喜んでいるのを見ると、コイツ空気は読めないね。

 更に、コイツが明日夢君のクラスに入ってきたから、もう授業中は終始修羅場でしょう。先生の字が汚いとか、発音が訛ってるとか、勝負とか言ってフランス語を喋りだすわの問題児。それでも、クラスの女子から好かれるから不思議だ。しかも、昼食は出前の寿司。校則云々もあやふやとか・・・普通だったら、あっという間に周りから引かれてると思うぞ。

 仕方が無く、明日夢君が京介のクラブ紹介をすることになりましたが、ここでも才能を発揮。文化系の部活を次々と制覇していきます。イラストも、どうしてここまで上手く描けるんだか・・・。帰り際に、明日夢君をつまらない人間だと非難。さすがに、ここは切れていいと思う。・・・こんな回なのに、やっぱり明日夢君に振り向いてもらえないもっちーが可哀想。

 京介の家に招待してもらって、京介がマザコンだと言うのは弱点かもしれません。さらに、帰る途中に魔化魍が・・・「たたたたたっくん、オルフェノクが!!」って展開ですねぇ。ここでも、京介は運動オンチだと判明・・・なんだ、弱点を見せていなかっただけなのか。偉そうなこと言っておいて、自分の弱点にコンプレックスを抱いているとは人間らしい。
posted by WAVE at 16:53| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 仮面ライダー響鬼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。