2006年01月28日

クレヨンしんちゃん 2006年1月分

ピザを食べるゾ
 ヒロシがいないので、晩飯は楽にしようと出前を取る野原家。これはどこでも同じなんでしょうねぇ。出前と言えば、ラーメンやら寿司やらありますが、やっぱり今ではピザが主流になっているんだろうか?それで、どのピザを取ろうか悩むしんのすけ。ピザ宅配は3社が飛びぬけているように自分は思うんですけど、どれがどれ何だかさっぱりだったり・・・。結局は、しんのすけのようにプレゼントで決めていそう・・・。

 その中で、しんのすけの大好きなアクション仮面の景品目当てに、ピザーラ(?)に決定。風間君だったら、確実に萌えPを選ぶんでしょう。想像通りに、朝昼晩と注文するくらいのアレですからね。しんのすけが注文したら、出たのが声だけがミミコにそっくりのバイトのお姉さん。顔が似てたら自慢にはなるんだろうけど、ぶっちゃけ声だけが似てても自慢にならないよなぁ・・・。

 そこで、しんのすけが個人情報保護法案を引き合いに出したり、またしても藤原啓治が出てきたので、お姉さんぶち切れて「こんなバイト辞めてやるですううう!!」・・・相変わらず絶好調です。おまけに配達に来た人もアクション仮面と同じだったり・・・それにしても彼は何の悪さをしたんですか?サンタならOKだけど、あんなコスプレして出歩いて指差されて笑われるなんて悲惨すぎ・・・。


タイムカプセルを埋めるゾ
 双葉幼稚園があるのですから、双葉小学校があるのも自然だけど自分は始めてみたような気がします。そこで、30年前に埋めたタイムカプセルを掘り返している卒業生達。それにしても、30年とは長いような。しんのすけ達みたいに、成人式に掘り返すのが定番だったりするんじゃないんでしょうかね?まぁ、そういうタイムカプセルを埋めたりするのをした事がないので何ともいえませんけど。

 それを見て、自分たちも双葉幼稚園にタイムカプセルを埋めようと計画する風間君。しんのすけは、人を怒らせることに関しては天才的です。話術では大人でも勝つのに苦戦しそうです。何を埋めるかに関しては、ネネちゃんの未来像はまさお君にとってマジで悪夢です。一体、まさお君がメイド服を着るまでにどんな過程があったのか気になります。

 風間君はロシア語で書かれた本。何だよ・・・どうせだから、萌えPグッズにしろよ!!成人式の日に掘り返して、萌えPのグッズなんか出てきたら、あっという間にその日のMVPなのに。で、しんのすけは割ったカップをタイムカプセルに入れて誤魔化そうとしたけど、簡単なヘマをして失敗。これもこれで、いい思い出になりそうな気も。普通に二時間サスペンスのネタにも使えそうだし。


食べ過ぎちゃったゾ
 必死にスカートを穿こうとしているみさえを見て、自分はプロレスで、誰かをフェイスロックで締めているのかと勘違いしちゃいましたよ。あんな鬼の形相であの体勢だと、そんなモノマネでもしているのかと。それにしても穿けなくなるまで気付かないとは、どんだけ自意識が足りないんだろうか・・・。まぁ、いつもジャージみたいなズボンを穿いているから気付かないんだろうけど。

 そんな状況を打破するために、何度目かも忘れてしまうくらいのダイエットを決意ししんのすけは呆れ気味。今度は計画的にとか言ってましたが、曙さんレベルに痩せる気ないのはもはやみえみえ。結局、しんのすけが散々苦労しただけで終わったようですね。それでも、今回に関しては、ダイエット器具にお金を落とす事はなかったのでまだいいほうか・・・それにしてもブイスリャーとはね。


オラの心はエリートだゾ
 幼稚園に行きながらも早くも塾に通っているなんて、自分には想像さえ出来ませんよ。そして、塾の帰りで我々はエリートだなんだと話し合っている風間君とその他三人にもビックリ。自分の認識が古いだけで、実際にエリート街道を走るために塾に通っている幼稚園児は多いんだろうか?どうにせよ見ている感じでは、風間君以外は完全に間違った方向に走るような気がする。

 他の三人を見てると、明らかに庶民を上から見下しているオーラが全開なのがアレすぎます。変なコスプレをしたしんのすけを、見た目だけで下品だなんだと決め付けるのは普通だと思うけど、コレって幼稚園児が取るリアクションじゃないでしょ。エリートの道を進むのは結構だけど、人間としての何かが欠如しているのは、それは普通以上の問題な気がするんですけど。

 その上、一回の失敗だけで風間君を見限る三人を見て、殺意を通り越して同情さえ沸きました。今回の風間君みたいにエリートを進む人には、一回ぐらい挫折を味わうのは必須条件だと思いますよ。たった一回の失敗さえも許さず、挫折もない人が、大人になって凹まされれば一体、何を仕出かすか・・・。精神が破綻して、ウキャキャキャ笑いながらバカやらかす姿が思い浮かびます。


母ちゃんは子育て中だゾ
 自分は全然知らなかったのですが、たまごっちで再びブームになってたことにはビックリしました。単なる一発屋商品で終わると思いきや、復活してくる商品なんてあんまりないんじゃないんでしょうか。ちなみに、自分は以前のブームの時も買わなかったので、たまごっちの事はよく分かりません。とりあえず、おやじっちがレアキャラだとワイドショーで言ってた事ぐらいか?

 そんなぴよこっちを求めて奔走するしんのすけですが、おもちゃ屋もデパートも全て売れきれ。いつぞやのドラクエ3みたいに、アレな事件が起こらないだけ、まだブームとしては静かなのでしょう。ちょっと諦めかけたしんのすけですが、ヒロシがビンゴで偶然にもぴよこっちをゲット。会社のビンゴ大会でぴよこっちを商品として出すなんて、ちゃんと考えているんですね。

 初めはしんのすけが遊んでいたけど、見た感じ完全に飽きだしてからはみさえがプレイ。・・・最近のたまごっちは、振り込め詐欺なんかもイベントとして仕込まれているんでしょうか?この感じだと、芸能界に入るとか、アキバ族になるとか、格闘技デビューとかしたりするのか?こんなのを、子供から託されたお母さん達がやってると思うと、世の中のヘブンぶりは絶好調ですね。


また女子大に行ったゾ
 以前に、迷子になった時に偶然にも入ったことのある、女子大にマサオ君とボーちゃんと共に再び潜入。しかし、この女子大には警備員のおじさんがいなくて、他人がホイホイ入れたりするのはいいんだろうか?他人がホイホイ入るのはいいとして、警備員が校門正面前にいないのはどうなんでしょう。しんのすけをこのまま放置していたら、どんどん連れてくる人数が増殖していきそうだ・・・。

 そのしんのすけ達が潜入したのは、以前に苦言を呈した事のあるお姉さんが所属している茶道部に。相変わらずおふざけしているしんのすけですが、ボーちゃんだけはかなり真面目に取り組んでいました。ふざけたしんのすけもお茶の作り方(と言うのか?)が上手く、お姉さんは挫折しちゃいました。しかも、お菓子を食い逃げして逃亡・・・これ、幼稚園児じゃなかったら笑い事じゃ済まない様な。


オラをスキーに連れてってだゾ
 出だしからいつもここからの悲しい時ネタをかます、クレヨンしんちゃんは相変わらず絶好調です。一体、このネタを誰に見せるつもりだったんだろうか・・・おまけに、絵を書いた人は一体誰だ!?更には別荘に向かう車の中で、とうとう長寿アニメの最強一家にまでケンカを吹っかける無謀ぶりに感服!!他のアニメならともかく、いろいろと厳しいらしいあのアニメまでやっちゃうのはいいんでしょうか・・・。

 別荘に向かうメンバーはしんのすけとななこお姉さん、忍の他にななこのお父さんと担当の鈴木さん。お約束の締め切りはいいとして、やたらとホームパーティーを連呼してたのには何の意味があったんだろうか?テニス関係の人となると、自分は見ていない某テニスマンガを思い浮かべるしかないのですが・・・。しかし、玉拾いのトラップに反応したのを見ると、下っ端のまま終わっちゃったのかなぁ?

 別荘の中では、お約束のようにお父さんがななこを過保護にして、それをしんのすけがいなす展開。でも、お父さんが包丁持っているときに、お尻を突付いて指を切るのは、ちょっと反省しませんと・・・。就寝中の展開も、お約束で勘違いで忍の布団に潜り込んで絶叫してしまうしんのすけ。コンボでお父さんがドアにめり込んだのには、お父さんに神が宿っているとしか思えません。

 スキー場では素晴らしいスノボーテクニックを見せる三人。ってか、ここまでやっちゃう幼稚園児なんていませんよ。素でオリンピックに出られるほどの才能を持っているんじゃ・・・ななこさんが馬鹿者に絡まれたときの、機転の鋭さも合わせて、人間としては完璧。ななこさんはマジでしんのすけがいいんじゃないんでしょうか。しかし、お父さんも負けじとスノボー大会で優勝。乱入者も優勝できる大会なんていいのか・・・。
posted by WAVE at 10:34| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | クレヨンしんちゃん(2004年10月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

クレヨンしんちゃん 2005年 年内回顧

 では、クレヨンしんちゃんの年内回顧に移ります。去年はあまりの冷遇ぶりで、もう一方が打ち切られたとき、思いっきりぶち切れた自分ですが、枠が変わってからは安定して放送されるようになりました。代わりに、3本から2本に減ることにはなりましたが、それでも放送されないよりはマシです。結局は、クレヨンしんちゃんは金曜夜の7:30が一番似合うと言う事なのでしょう。

 内容に関しては、本編のシュールっぷりも凄かったですが、予告の突き抜けぶりも凄まじかった!!その数も膨大で、プラネテスからエウレカセブン、ムシキング、マイメロ、雪の女王とジャンルは全く関係なし。分かる人は爆笑、分からない子供はポカーン・・・ここまで大衆アニメでありながら、大衆を置き去りにするアニメが今までにあっただろうか!?キャラの中の人と、それ繋がりのアニメを理解していないとさっぱりなんですから。

 本編も、今年は続き物としてはあつくる先生があって、そこで急激に株を上げたのはしんのすけでした。最後まで、邪魔な存在として終わりそうだったのに、最後に影で隠れて泣いているネネちゃんを優しく慰めたのは、なかなか出来ることじゃありません。こういう大事な場面ではちゃんと空気を読める子なんだなぁ・・・と。劇場版でも漢を上げるしんのすけだけど、テレビアニメの方でもやる時はやれるんですね。

 その劇場版も、高評価な「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」がようやくテレビでもやりました。放映日も10月1日と、放映ちょっと前のアレで殺伐となった空気を感動に変えてしまう程の内容はさすがです。別に今の劇場版も悪くはないけど、やっぱり比較するのは可哀想だよね・・・。

 最後に年内のベストエピソードを選びましょう。これまた本数が膨大で選ぶのは本当に大変なんですが、個人的にはもえPに大変身だゾでしょうか。風間君が萌えPのコスプレをするという話でした。この前でも、兆候があったけど、この話で遂に一線を超えてしまった風間君・・・。あの後、目撃してしまったネネちゃんとどうなったんだか本当に知りたい所です。
posted by WAVE at 13:54| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | クレヨンしんちゃん(2004年10月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレヨンしんちゃん 2005年12月分

合コンデビューだゾ
 上尾先生が大学時代の友人に誘われて合コンをする事に。松坂先生に相談したけど、この人にしちゃダメでしょ。合コンをやって百発百中な人なら兎も角、松坂先生みたいな連戦連敗の人に相談してもムダだろうに。そんな人のアドバイスを鵜呑みにしたら、時代遅れの王様ゲームとか古い遊びの連発で男はドン引き確定です。その相談を忍者みたいに隠れて聞いてたネネちゃん・・・前々回のジョーと言い違う方向に弾けてきました。

 ネネちゃん達との合コンシミュレーションで、風間君が巨乳フェチだと勘違いされる(アイちゃん気にしてるし)、ボーちゃん鼻水をバカにされてぶち切れ、松坂先生の時代遅れ発覚などカオスの連発。全然勉強にならなかったけど、合コン本番では上尾先生のSEEDが弾けて男3人はあっという間に虜に。大学時代の親友も、とりあえずムカついたら上尾先生の眼鏡を外すのはお約束なのね・・・。


頼むからひとりにしてだゾ
 何かをやれば必ず問題が起こる野原家に、会社の仕事持ってきたら、そりゃ大問題も起こりますよ。会社でやらないと、家でやったらしんのすけとひまわりの所為で潰されるのは当然として考えないと。予想通りに、しんのすけに邪魔されるわ、ひまわりに遊ばれるわロクな事にならなかったヒロシ。しかし、放映開始当初だったらパソコンで作業するヒロシなんて出てこなかったんだろうね。

 みさえとしんのすけ、ひまわりに出かけてもらってその間に仕事を終わらせる事にしたヒロシですが、お約束の如く、トイレに閉じ込められてしまう事に。しんのすけのあの行動が伏線になるとはヤケに細かい・・・。しかし、一人暮らしでこんな状況になったら・・・はっきり言って、コレは笑えない状況ですよ。実際に閉じ込められたまま、ミイラになってる家がいくつかあるのかも・・・。


シロもおしゃれをするゾ
 犬に服を着せるのはいつ頃から流行ってきたんでしょうか?昔は、そんな発想自体がなかったのに、今じゃ着せてるもんなぁ。チワワみたいな小型犬が流行したからでしょうかねぇ?しかも、話の中じゃ数千円が当たり前の値段で販売。まぁ、犬が大好きだから何とも思わないのでしょうけど、犬にとっちゃ、そんな服に金を使うなら、それを飯代にあてろと言うんじゃないんでしょうか。

 みさえも少しは買おうと思ったけど、値段を見て断念。自分も値段を見ちゃうと、同じ行動をするかと。しんのすけはお姉さん目当てで懇願するけど、ヒロシも値段を聞いて、首を横に振りました。そんで、手作りでシロの服を作ったみさえでしたが、デザインがあまりにアレでしんのすけが脱がしました。さすがのしんのすけでも、こんなデザインには拒否反応・・・当然と言えば当然か。


湯豆腐を食べたいゾ
 湯豆腐と熱燗で快感を覚えたいヒロシは、珍しく同僚の誘いを蹴って家に直行しました。いつもならサザエさんのマスオさんみたいに、悪友(アナゴさん)の誘いに乗ってお姉さんにキスマークを貰って、みさえにボコられるのが日常なんでしょう。アナゴさんの場合は、奥さんに半殺しに遭いますけど。ヒロシでさえも、ドタバタで済むのに、アナゴさんの場合は本当に地獄と化すからなぁ。

 しかし、家に帰ってきてみれば湯豆腐はなくて、みさえは昨日の残り物でどうにかしようとしてました。これは溜まらんと、自転車で買いに出かけるヒロシとしんのすけ。ここまで湯豆腐LOVEだとは意外です。が、アニメのお約束で、どこに行っても豆腐は無くて、しかも自転車のタイヤはパンク。やっと帰っても今度はガスコンロが・・・世にも奇妙な物語だと口に入れる直前でトラックが家に突っ込むかと。


男たちの大和だゾ
 書かなくてもいいんでしょうが、あかい優の元の人って蒼井優さんなんでしょうね。その人なんてさっぱり知りませんけど、蒼井さんがゲスト声優に挑戦!!とかじゃなくて良かったです。代わりに、周りを不幸のどん底に突き通す桑島さんが中の人やって、相変わらず不幸を撒き散らしてましたけど。社員と社長もそうだし、お巡りさんも始末書と・・・ある意味では、伝説かもしれない。

 そんなあかいさんと関わって、映画の撮影所にやってきたしんのすけとみさえ。(ついでにひまわり)しかし、放映局がテレ朝なのに、こういう映画をアニメを使ってまでプッシュするなんて意外ですねぇ。どっかの放映局も、それはそれと割り切ってやって欲しいんだが、どうもそれが出来ないPがいるからなぁ。で、別のアニメになると大和は60年後の船と接触したりするわけだったり・・・。

 あかいさんは、チャッピーと言う犬を撫でてからじゃないと撮影に望めない人らしい。だから、同じ触り心地がするしんのすけを呼んで、なでなでして本番も無事に成功。実際にも、こんなことをしないとダメな俳優さんとか女優さんとかいると、スタッフは大変でしょう。そういう意味では、素直なお笑い芸人の方が、演技力もあるから使いやすいのかも・・・。


迷子になったゾ
 しんのすけの散歩めんどくさい病は相変わらずですが、今回に限ってはシロにも非はあります。シロはメス犬に集中している隙に、しんのすけは女子大生のランニングについてどっかに行っちゃいました。しんのすけの女好きの影に隠れてますが、シロもシロで相当な女好きなんだなぁ、と。しかし、見ているとふられる事も多いから、犬の中ではあまりルックスがよくないのかもしれません。

 女子大生についていったしんのすけは、そのまま春日部女子大に到着してしまいました。そこでも、家庭科サークルに乱入して、文句つけながら料理を全部平らげる暴挙に出るしんのすけ。いくらガキでも、勝手に入ってきてただ飯食うなんて、こりゃ切れてもおかしくないですよ。おまけに味がどうだの色がどうだの文句ばっかだし・・・散々ですねぇ。

 大学を出たしんのすけは、近くの駄菓子屋でアクション仮面を見させてもらったり、交番でウダウダやってたら、シロが迎えにやって来て帰宅。地味にシロが凄い犬だと思いました。それにしても、野原家は自由奔放だなぁ・・・他のアニメだったら、ビンタの一つもあるだろうに。こんな時に、地味に活躍したのに誉められないシロはドロロといい仲になれそうだ・・・。


雨にも負けず風にも負けないゾ
 自分は東北地方に住んでますから、台風も一年に二回も直撃すりゃいい方だったりします。だから台風で避難勧告なんて出てきても、意外と感じてしまいました。まぁ、九州や四国、関西の人なんかは、当たり前のように捕らえているんでしょうが。おまけに、春日部でも避難勧告は出るんですねぇ。そんな体験、一度もしてないからなぁ・・・いや、出来れば一生そんな体験したくないですけど。

 避難勧告が出て、避難の準備を始める野原家ですが、しんのすけのせいで終始、話が脱線。状況的にはテスト前に、やたらと部屋の整理や漫画本読みたくなるのと同じ感覚なんでしょう。その間、謎のおっさんが外で吹っ飛ばされる映像が挿入。最後にはパンダのぬいぐるみまで着たけど、台風で本当に人間って飛ばされるもんなんでしょうかねぇ・・・?

 覚悟を決めて、外に出たもののあまりの強風に吹っ飛ばされそうになってしまう野原家。ここで傘を差して行こうとしましたけど、台風のときに傘を差すのは無謀だと思うんですが。体重の軽いしんのすけなら、謎のおっさんの時とは違い、素で飛ばされてしまうんじゃないんでしょうか。台風の中を出歩く時は、びしょ濡れ覚悟で出て行くのですから、傘なんて不要です。

 何とか、避難先のふたば幼稚園に到着した野原家は、偶然にも隣に桜田家が。ネネちゃんのお父さんなんて、あまりにものレア度にもう数年見る機会はないでしょう。そこでも、相変わらずのしんのすけに、非常用のウサギのぬいぐるみを殴りつけるネネちゃんのお母さん。恐らく、ネネちゃんのお母さんこそ、狂気のヒロインの元祖じゃないかと自分は思うんだけどどうでしょう。
posted by WAVE at 13:52| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | クレヨンしんちゃん(2004年10月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

クレヨンしんちゃん 2005年11月分

早起きは三文のトク!?だゾ
 自分も、土日は朝早くに起きてウルトラマンマックスやゾロリとかを見ているんですが、それよりもずっと早く起きると、テレビは天気予報とかやってたり、日曜なんかは(宮城じゃ)BLEACHなんか。そんな時間帯に起きたみさえとしんのすけが、ついでとばかりに外に散歩に出かける話。この時間帯の外の世界は、他の時間帯では味わえない独特の空気がありますよねぇ。

 公園に向かったら、爺さん婆さんがラジオ体操第二の真っ最中。第一じゃなくて第二ってのが渋い!その爺さん婆さんに誘われてラジオ体操に参加するみさえとしんのすけ。よく、二人とも覚えてるなぁ。(たぶん)ここを見ている大多数の人は、ラジオ体操第二なんて忘れていると思いますよ。第一でさえも危うい人はいるかも・・・小学生と爺さん婆さんしかよく覚えていないかと。


苦手をコクフクするゾ
 前回、ネネちゃん宅に家庭訪問したものの、そこで弱点を露呈して返り討ちにあったあつくる先生。その弱点であるウサギを克服するために、日曜日にしんのすけを呼び出して特訓を開始。何ゆえ、しんのすけが巻き添えを食ってるのか知りませんけど、しんのすけも積極的です。他の人なら、何となく適当な理由をつけて、家で響鬼見ている所です。

 生きているウサギがダメで、バニーガールは大丈夫だったものの、ウサギの着ぐるみはアウト。迫ってくるウサギコスプレのしんのすけを見て、幻影を見てしまうと言うのは重症だなぁ。でも、苦手な理由が分かった途端に、あっという間に好きになってしまうのはちょっと拍子抜け。遠くで見ていた、ネネちゃんも不登園をやめ、あつくる先生が大好きに・・・ネネちゃんもツンデレだったのか。


運動会でファイヤー!だゾ
 ネネちゃんも無事に戻ってきて、一生懸命練習してきた成果が試される運動会が開催。初っ端から燃え上がっているひまわり組を挑発しに来たチーター。一応、年長なのに大人気ない・・・。わざわざ秘密兵器みたいなものまで連れて来て、必勝態勢に持ち込んでいます。いや、それはいいんだけど、いくら運動会だからってその服装は許されるんでしょうか?

 しかし、実力は対したもので58回も成功。でも、あつくる先生のお陰でひまわり組が抜き返して60回をマーク。幼稚園児のクセに、50回60回飛ぶなんて凄いなぁ。普通は一桁で終わっちゃうもんなんですけど。勝負は勝ち負けじゃないとかの話にはならなかったのは意外でしたが、ばら組は可哀想ですね。これがどっかの国だったら、負けた罰として炭鉱送りにされたりするから勝負論も大事だと思います。


しいぞう先生やめないで!だゾ
 そんな、ひまわり組を引っ張ってきたあつくる先生の教育実習が、もうすぐ終わりを迎えようとしています。が、かすかべ防衛隊はあつくる先生に残ってもらうように懇願。気持ちは分からなくはないんですが、自分の目から見れば自分勝手に見えます。今まで、散々ウザがってきたりしてきたクセに、好きになった途端、あつくる先生の事情も考えずに残れですか・・・エゴですね。

 幼稚園まで直談判したものの、幼稚園の事情によって、さすがに無理だと園長先生。これ以上食い下がると、この前の沖縄県在住のカイ君みたいにボコられますので、そこら辺にしといた方が・・・。しかし、諦めないかすかべ防衛隊は、職員室でストライキ決行。本当にどこまでも自分勝手ですね。それに先生までもが加わったのですが、やっぱりいなくなることに・・・まぁ、これが現実でしょう。


ギックリ腰でも食べたいゾ
 自分は経験した事ないのでアレですが、これは見ているから面白く見れるのであって、マジでギックリ腰になった人には笑えないのかも・・・それくらい、ギックリ腰は凄いらしいですからねぇ。しかし、みさえはまだ29歳なのに・・・いくら三十路が近いからって、二十台でもなるものなのか。それもバイキングのタダ券が今日ですから、本当に最悪と言ってもいいのでしょう。

 バイキングのために、必死で歩くみさえですが、やはり相当ギックリ腰は物凄く痛いらしいです。挫折しそうになった時に、しんのすけが料理の名前を言うので、余計に奮起してみさえ再起動。ノーガード戦法とかは、明日辺りにニヤニヤしている南海の黒ヒョウでも見られると思います。周りの人とかは、そんなみさえを見ていてどう思った事でしょうか・・・。

 バイキングレストランの近くの公園まで来たけど、とうとう立てなくなってしまったみさえ。ここでも、しんのすけのセリフによって、今度は超みさえに変身・・・おいおい、今日のみさえは一味違うぞ!!しかし、バイキングレストラン店内でとうとう灰になってしまうみさえ。せっかくの料理を目前にして無念でしょう。ってか、この時点で灰ですから、帰る頃には粒子化して消えてしまいそうです。


さよならファイヤー!だゾ
 しいぞう先生と長くいたいと思うネネちゃんは、頭の中でいろいろと妄想を膨らませています。そして、アタックを仕掛けるも相撲部とかの妨害で失敗。幼稚園なのに部活動って・・・。再び仕掛けるネネちゃんですが、いつものマサオ君の空気を読まない行動のせいで失敗。おまじないのスペースシャトルで飛んでいけと言うのは、確実にアレなんでしょうね・・・。

 そんなこんなでイラついて、サンドバッグを殴っているネネちゃんの前に現れた愛ちゃん。・・・と言うか、今日はメチャクチャ飛ばしすぎ。どこまでも明日のジョーで貫く姿勢は素敵過ぎます。で、愛ちゃんのお陰でしいぞう先生と二人きりになれたネネちゃん。愛ちゃん、空気を読めています。愛しのしん様ばっかり追い掛け回しているかと思いきや、ちゃんと同級生の肩は持つんですね。

 そして、しいぞう先生との別れの日。ネネちゃんは花を渡そうとしましたが、空気を読んで断念。ファイヤーした後、脱兎の如く走り出して、見えなくなったところで号泣するしいぞう先生。同じように、隠れて号泣するネネちゃんの肩を優しくたたくしんのすけ・・・これだけでしんのすけ株ストップ高です。ってか、今回に限ってなんで皆、ここまで空気を読んだり男を見せたりしているんだ!?


ペンキを塗るゾ
 休日で外をボーっと見てたらみさえに、四捨五入したら40とか言われてしまうヒロシ。なぜか、四捨五入すれば○○代とか話に出るけど、一体それに何の意味があるんでしょうか?第一、四捨五入だなんて割り算の時の小数点以下切捨てとかぐらいにしか使わないと言うのに・・・。みさえがどう言われると切れるらしいけど、後一年で三十路なんだからどうでもいいような気が。

 で、ヒロシがシロの小屋がボロボロになってるのを見て、ペンキ塗りをする事に。そこにしんのすけもやってきて、一緒にペンキ塗り開始。大工仕事よりかは安全な作業ですけど、ペンキが肌とかについたりすると、色々とアレなので、珍しく真剣に作業をするしんのすけ。シロにペンキがドバッて事にはならなくて一安心・・・絶対に犬にぶちまけちゃいけませんよ。

 作業の間にも、いろんなたとえ話をみさえで出してきて、その度に殴られるしんのすけとヒロシ。みさえの場合は、結局化粧を塗ろうが塗るまいが結末は一緒だという事を・・・言えば殺されます。そして、最後の最後でみさえの洗濯物にペンキを付けてしまい濡れ衣はヒロシに。どうでもいいけど、みさえの下着はプリキュア・・・・嫌な想像させるなよ、スタッフ。


ひまのお気に入りだゾ
 偶然見たドラマのイケメン俳優に、おもいっきり惚れてしまったひまわり。時間帯的に昼ドラでしょうから、たぶんこのイケメン俳優は、戦隊シリーズか平成ライダー出身の人なんだと思います。そのイケメン俳優がテレビの正面を向く度に、その輝かしいイケメンに吹っ飛ばされるひまわり。どうでもいいけど、そのイケメンとその彼女に石田さんとか松岡さん使う意味のない豪華さは一体・・・?

 そのドラマの内容も、セリフを聞いただけでは理解不能。メチャクチャ内容が気になって仕方がない。延々と石田さんと松岡さんがアハハウフフしているのを見て、視聴者は楽しいんだろうか?おまけにチャンネル変えて戻すと、今度は石田さんがフラフープをしてアハハハウフフフ・・・謎だ!!この俳優が大躍進したら、確実にこのドラマは黒歴史扱いになると思います。

 そして、最終回は幼馴染とジャンケンして石田さんが勝ったから別れようと言う無茶苦茶なオチ。カオスな内容でカオスなオチ・・・これを、ガンダムや仮面ライダーなんかでやったら、放送後にでも、製作局は一足早い忠臣蔵で、プロデューサーの首落とされますよ。しかし、ひまわりには内容なんて関係なし。こんな、内容ではなくキャラLOVEで番組を見続けられるなんて将来は腐女子?
posted by WAVE at 10:59| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | クレヨンしんちゃん(2004年10月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

クレヨンしんちゃん 2005年9、10月分

あつくる先生、登場!だゾ
 前回、しんのすけと遊んだ(遊ばれた)あつくる先生が、しんのすけがいる幼稚園に登場。教育実習生ということだから、期間限定の登場なのでしょう・・・個人的にはよかったと思ってます。だって、ネネちゃんを初めとする園児の反応が引き気味な上に「ウザい」ですもんねぇ。こんなテンションを、延々と続けられたのでは園児のほうが参ってしまいます。

 自宅から幼稚園まで走ってきたり、炎天下の中でサッカーをしようとか言い出すあつくる先生。こういう先生が、生徒の脱水症状とか異常に気付かないことが多い・・・のかどうかは分かりません。少なくとも、園児に合わせようとする気は見えません。努力はしてるんでしょうが、兆しは見えません。普通のテンションで接してあげてるのは、しんのすけぐらいです。

 そんな、みんなにウザがられているあつくる先生も、一生懸命草むしりをしている姿でそれなりに好感が。園児どころか、先生までもがアイスの独り占めをしようとしていたのに・・・。まぁ、幼稚園だからいいんでしょうが、歳が上がるにつれて逆にウザがられるかも。う〜ん・・・キャラは立ってるんだけど、やっぱりこの先生は好きになれない。


ウォーキング・デートだゾ
 幼稚園バスが来る時に決まって、寝坊かトイレで乗り過ごすしんのすけだから朝も遅いんでしょうね。そんなしんのすけが早起きして、ななこお姉さんとの散歩で味を占めようとしてコケる話。しんのすけが標準だとすると、幼稚園児はポンキッキーズの時間帯に起きれているんだろうか?しんのすけはポンキッキーズとかアンパンマンは見ないお子様なんでしょうね・・・。

 で、毎朝ななこお姉さんと散歩するために、早寝をすることに。しかし、昼寝をしっかりしたんじゃね・・・。ヘトヘトになるまで運動したとか、睡眠剤とか飲めばグッスリなのかもしれないけど。そして、予想通りに寝坊してしまったしんのすけ。自分なら土日は7時ごろには起きるけど、それでもアウトか・・・。六時半ごろに散歩でその後幼稚園・・・しんのすけには、ぶっちゃけ不可能だと思うんだけど。


サッカーで勝負だゾ
 最近は少なくなった、バラ組とひまわり組との抗争。ってか、バラ組って年長だったんですね・・・初めて知りました。それじゃあ、いくら張り合ったところでひまわり組が負けてしまうのは当然の話。これって、バラ組の子供は自分より下のヤツと対等に張り合ってるのに何か違和感を感じないのか?勝てて当たり前、負けたら卒園までの恥じです。先生同士の抗争はどうでもいいんだけどね。

 で、この抗争を引っ掻き回したのがあつくる先生。無理やり日時を決めてしまう辺り、やっぱり強引。なんだか、(中途半端にしか見てないが)ウォーターボーイズみたいなことになってしまいました。初めは5人だけど、いろいろやってる内に、グループ全員が協力するって構図なんかは。違うのは、ボロボロに負けたところですかね?ネネちゃんは全然付いていけなかったようだけど。


ひまわりがのっけちゃうゾ
 これも最近見なくなった、しんのすけのおもちゃお片付け話。どっかでも書いたけど、片付けられない人は、大人になっても片付けられないので、治すのは結構しんどいかと思います。今回も、さっさと家から出て逃亡してしまいました。みさえのこの後の行為はどこでもやったことあるでしょうが、それをしたって、治らないものは治らないです・・・これは遺伝なのかな?

 で、グッスリ寝ているみさえの頭におもちゃを乗せ始めるひまわり。突っ込んじゃいけないんでしょうが、あそこまでされて起きないみさえはどこか異常です。きっとバイソン・スミスのアイアンクローを終始喰らい続けても、寝ていられるのでしょうね。これを片付けなかった罰だと思ったしんのすけですが・・・これでも治らないのはお約束です。


エキスパンダーできたえるゾ!
 みさえが「ティーセット出しておいて」と言ったのは、完全に気分の問題なんだろうなぁ・・・。そのために、ブラックホール状態の押入れをゴソゴソと探さなきゃならないヒロシが哀れ。とりあえず飽きたら、適当に押入れにしまい込むのが習性になった結果がブラックホールなんでしょう。みさえのダイエット関連のグッズが腐るほど、この押入れに詰まっているんでしょうね。

 で、偶然エキスパンダーを見つけたヒロシとしんのすけ。これにどっかの毛を挟むのはお約束か・・・。ヒロシの場合は髪の毛に挟んでしまい、その後はもう散々な目に・・・とお約束展開。宅急便の人も、まさかの一発芸みたいな人と出くわすとは夢にも思わず大爆笑。みさえとひまわりも、さすがにあの状況では近づくのは自殺するより危険です。


アロマ〜な気分だゾ
 いきなり唐突に出てきた叔母さんなのかお姉さんなのか微妙すぎるアロマテラピー売ってる人。いつもなら、しんのすけが出てくるとメチャクチャにされるんですが、普通に買って行ってくれたのは幸運です。ダイエットやらストレス解消やら効果がいろいろあるんでしょうが、みさえには無理でしょう。あんだけダイエット器具を買っても効果がないのですから、これぐらいで効くとは思えません。

 買ってきて、匂いを出してみるものの、やっぱり食べ物の匂いと食欲には勝てず。風呂に入れてみますが、お約束で全部使ってしまいました。全部入れると、さすがに鼻が麻痺しそうな・・・。寝るときにも付けましたけど、蚊が五月蝿いのでスグに蚊退治に変更。たぶん、数日後には押し入れブラックホールの奥に逝ってしまうのでしょうねえ・・・。


プチファイヤ〜 ポだゾ
 あつくる先生が教える立場において、必ずぶつかるであろう場面に初めてぶつかった瞬間でしょう。どんなに人気者の先生でも、クラスの30人全員が先生を好きって事は、まずありえないかと。一人は「ウザい」とか「ムカつく」とか、その先生を人間的に嫌う生徒はいるものだと思います。あつくる先生にとっては、園児から真正面から拒絶されたのは相当堪えるものでしょうねぇ。

 確かに、前々から書いてきたけどあのテンションだと、付いていけなくなる園児が出て当然です。さすがに、あつくる先生も分かってるのか女子園児にもそれなりの対策はしてきたようです。それでも頑なにあつくる先生を拒絶し続けるネネちゃん。もう、ここまで来ると意地のほうが先ですな。あつくる先生もそれが分かってるようですが、なかなか難しい部分です。

 そして、遂に大縄跳びの時において鬱憤が大爆発。経緯からして悪いのはマサオ君な訳ですが、雰囲気的に総ブーイングを喰らい、あつくる先生の「恥ずかしかった」でヴォルケーノ大噴火。なんと登園拒否にまで発展してしまいました。当人以外の誰も「なぜなんだろう?」ってのが・・・。ここら辺だけ、ネネちゃんとエウレカセブンのレントン君がダブって見える・・・。


アクセサリーをつくるゾ
 自分が小学生の時には、ビーズは大流行していました。まぁ、安い割には綺麗に作れるからでしょう。学校中の至る所で、埃にまみれて教室や廊下の端っこにビーズが落ちてるのを思い出しました。本格的に作ろうとなると、今回のみさえのように数千円も買わせられるもんなんですか・・・。傍目から見ていただけだったけど、小学生のくせによくそんなことにお金を・・・とか今更ながら、思います。

 そして、下手にビーズに取り掛かって、見事にNHKに金づるにされてしまうみさえ。趣味悠々で分からなかったから、テキスト勝って見事に挫折って・・・まんまと乗せられています。パソコンとかの趣味悠々は番組を見ていて、テキスト買わなくても大丈夫だと自分は思うんですが、全く分からない人にとっては、テキストよりも前に基礎の本を買わないといけないような・・・。


ネネちゃんがおヘソを曲げちゃったゾ
 小学生が不登校と言うのはありますが、幼稚園児が不登園と言うのはありえるんでしょうか?こんなのがマスゴミにバラされれば、ある事ない事書かれて大ピンチになっちゃうんでしょう。それくらい、幼稚園児の不登園と言うのはレア物でインパクトのある事柄ですからねぇ。幼稚園児の時点では、先生の良し悪しだなんて判断できないと思うんですが・・・。

 しかし、その判断が出来てしまう幼稚園児ネネちゃん。熱血とか奇麗事を言うヤツは大嫌い・・・。この年齢にして、そんな現実的なことを悟れるなんて・・・将来は、まさに響鬼の京介になれます。そんなネネちゃんを心配して、家庭訪問するあつくる先生。この人はこの人なりに頑張ってるんだろうけど、頑張れば頑張るほど、ネネちゃんからは嫌われる・・・まぁ、仕方がないか。

 ついでとばかりに一緒に来たしんのすけでしたが、あんまり話の輪の中に入っていけませんでした。更には、あつくる先生がウサギがトラウマだと判明して、ネネちゃんに追いまわされる始末。その前の、熱血的な語りはカッコよかったんですがね。自分で自分を殴るのはアレだったけど。この間、ネネママはずっと冷蔵庫を開閉してたのか・・・電気代が勿体無いです。


まつたけをもらったゾ
 野原家のように一般的な家庭では、まず食べられないであろう国産まつたけを貰ったみさえ。自分もまつたけは食ったことないんですが、アレって外国人は嫌いな食べ物なんですよね。で、早速匂いを嗅いだり、わざわざヒロシに電話を掛けたりと、お祭り状態。ぶっちゃけ、いくら国産まつたけだからって、会社に電話するほどのことでもないような・・・。

 しかし、予想通りに、たった一本のまつたけを美味しく全部召し上がってしまったしんのすけ。初めの内は、誤魔化せる範囲で食べていたんでしょうが、本能が前に出てしまったのでしょう。あんだけ、外の人に自慢していたみさえは、本当にガッカリしたことでしょう。まぁ、どんだけ怒られても、結局は食ったもの勝ちですので、しんのすけは賢いと言えるでしょう。
posted by WAVE at 14:44| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | クレヨンしんちゃん(2004年10月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレヨンしんちゃん 2005年8月分

ズッキンでドッキン!だゾ
 虫歯が痛いときに限って、しんのすけが響鬼さんのように太鼓を打ち鳴らしたり、外が工事中だったりと、みさえには不幸が一気に襲い掛かってくる体質の模様。ってか、普通の家に子供用の太鼓なんてあるのかよ・・・。鬼になるためのトレーニングをするなら、意味が分かるけどそんなわけないし・・・。ケチのみさえがわざわざ買ってきたとも思えないし、普通に近所迷惑になるし・・・う〜ん。

 仕方が無く、歯医者さんを探すことになるみさえ。とりあえずイケメンがいれば、どこでもいいらしい。歯医者の待合室にやってたアクション仮面の内容も、歯医者ネタとかどこまで周到なんだか。虫歯を治してくれるって、いい怪人じゃないか!!麻酔打たないでやるみたいだから痛そうだけど。みさえが消したけど、あの後の展開が物凄く気になってしまいます。


ジュースが飲みたいゾ
 夏日に外を出歩く時、野原家の場合はペットボトルに麦茶を入れて、携帯して飲んでいるようです。しかし、そのまま持っていっても生温くなってしまって、飲めなくなっちゃうと思うんですが。冷凍庫に入れて、凍らせて携帯するのが結構使える手段だったりします。まぁ、お茶の部分だけ初めに溶けるから、初めは物凄く苦かったりするんだけどね。

 それさえも忘れてしまったために、終始ジュースが飲みたいと駄々をこねるしんのすけ。初めの例えで、砂漠でお姉さんとジュース&おっさんのどっちかを選ぶ場合は、どっちを選ぶんでしょう?自分なら命優先のために、お姉さんのいるプールに飛び込んでプールの水をがぶ飲みする。あまりの酷暑に、本能剥き出しになってお姉さんに襲い掛からない保障はあるまい。

 この後も、みさえのケチとしんのすけの強情さが合わさって、一向に水を飲めないしんのすけ。ケチなのもいいが、脱水症状にでもなったら、それこそお金が飛んじゃうんだから飲ませてあげろよ。飲み物よりも、アクション仮面のお菓子を買っちゃうしんのすけもしんのすけだけど。このシリーズを出すのを許可したアクション仮面のスタッフはどういう人たちなんだ・・・。


CDショップへ行くゾ
 昔のクレヨンしんちゃんでは、立ち読みを嫌っているおばさんがよく出てきたのに、最近は見ないですねぇ。それはともかく、今回はCDショップの話で新人アルバイト店員としんのすけの何となくいい話。クレヨンしんちゃんは、たまにホロッとくるような地味にいい話をしてくるから反則(褒め言葉)です。二年位前の工事現場にお兄ちゃんの話も、なかなか良かったなぁ・・・。

 初めに入って来たお客が典型的なオタクで、早速引きまくりなお姉さん。店で並んでいるのは手垢が付いているとか、CDは三枚で、それだったらポスターも三枚だ!!って・・・。オタクとか抜きにしても、あまりに理不尽な客で、後の人のことを考えていない現われです。予約のみだと知ると毒舌吐いて去っていくオタク。なんつうか・・・最悪ですね。

 次に入って来たのが、長州力ばりにアレがアレでアレがアレなアレなおばさん。「アレアレじゃわかんねえっつの!!」とか心の中で切れていたけど、長州力の付き人は理解できるはず。それにしても「私が洋楽聴くわけ無いじゃない!」とかの部分は、マジで殴ってしまいそうなセリフです。こういうタイプのおばさんって、他人が自分に合わせるのは当然と言う前提でいるからアレです。


ゆかたで花火大会だゾ
 5歳児の息子のフリに長々を付き合ってあげる母親。まぁ、シカトするよりは全然いいんだろうけど。ヒロシと浴衣のいい所を延々と話していたけど、5歳児の時点で、そういう通なのを分かっているとはさすがです。しんのすけに水戸黄門の悪代官でもやらせれば、女の「あ〜れ〜」なんか快感なんだろう。いや、しんのすけの場合は、回すよりも回されたいでしょうな。

 そんなこんなで祭り会場にやってきた野原家。そして、当然のように迷子になるしんのすけ。毎回、迷子になっても自分じゃない方が迷子になっていると思っている感覚が図々しいと言うか野太いと言うか。同じように、迷子になってしまったお姉さんとアナウンスの元へ向かうことに。おもいっきり初対面なのに、体をよじ登るなんてどこまで積極的なんだ!!


オオクワガタを捕るゾ
 偶然にも、この前のサザエさんの話と被ってしまいました。あちらは生命愛護ってことで、逃がしてやりましたが、現実主義のクレヨンしんちゃんではそうはいきません。お約束でマサオ君のオオクワガタを逃がしてしまう風間君。いつもは温厚なマサオ君がこの時ばかりはぶち切れ、風間君と絶交宣言。オオクワガタは裏番組で99が毎年、探しに行っているのに(今は知らん)ほとんど見つけられない位のレア度です。それを抜きにしても、山梨の思い出をこうも壊されたのではマサオ君も怒ります。

 責任を感じて、仲直りしようと模索する風間君ですが、しんのすけの妨害もあり更に悪化。ゴキブリをオオクワガタに偽装して誤魔化そうとする・・・さすがに隣の国でもやりませんよ、そんなこと。ここまで来てしまうと、オオクワガタの生命の尊さを訴えても、修復は不可能だろうなぁ。せっかくの萌えPフフィギュアも拒絶。これが、最後に遺恨を残すことになろうとは・・・。

 仕方が無いので、みんなでオオクワガタを探すことに。しかし、しんのすけ達はあっさり離脱。ここら辺はちょっと殺意を覚えたけど、彼らが五歳児だと言うことを考えれば仕方があるまい。一人、一生懸命オオクワガタを探して、亜沙先輩のように足首をぶっ壊しながらも見事に捕獲。別のオオクワガタってことで、店に売れば大金ゲットですね!!

 これで無事にマサオ君と仲直り・・・かと思いきや、風間君の萌えPフィギュアが見事に破損。あちゃあ・・・・・マサオ君は、一番やってはいけないことをやってしまいましたねぇ。オタクのグッズを破壊するって、ヴァンダレイ・シウバの目の前で中指を立てる行為に等しいです。ヤフーオークションで同じのを競り落として、どうにか許してもらうしか・・・。


かたたたたき券だゾ
 自然としんのすけが、グラビアアイドルの写真集を見ていたりしてますが、いいのかこれで!?みさえはその間裁縫に夢中。一応、主婦ですから服の機能を使えるようにするまでは出来るようです。料理もいいし、裁縫もまあまあと、あたしンちの母とは結構差が付いてしまっていると思います。それにしても、なんで裁縫セットの中に肩たたき券が入っていたんだろうか?

 それで、渋々みさえの肩たたきをすることになったしんのすけ。いろいろ考えたけど、面倒だから肩たたきにしたとか相変わらず現実的な幼稚園児です。太鼓のリズムで叩いているうちにスピードアップするってのは、もはや肩たたきのお約束か・・・。結局、肩がこる事になったみさえ。この人も、相変わらず乗せられやすい人間ですねぇ。


あつくるしいゾ
 道行く幼稚園児に話し掛けたり、独り言をベラベラ喋ったりする時点で、この人まともじゃねえ・・・。どっかの某元テニスプレーヤーも同じだけど、こういうタイプってあんまり空気を読まないから嫌いです。周りの状況が見えていないというか、一人だけ別の空間で生きているという感じに見えます。こんな人が幼稚園の先生にねぇ・・・こんなテンションを一年間も見続けるのは園児にはたまらないでしょう。

 一人サッカーをしているしんのすけを、妄想で可哀想な子供と決め付けたり、将来犯罪に走るとか突っ走りまくり。しんのすけもしんのすけで、あまりのアレっぷりに同じような考えを持ち、遊んであげることに。最初から最後までしんのすけのペースでしたが、それに熱血で付いてくる椎造にドン引きのしんのすけ。次回、しんのすけの幼稚園に襲来。う〜ん・・・あんまり、好かないなぁ、この人。
posted by WAVE at 14:34| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | クレヨンしんちゃん(2004年10月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

クレヨンしんちゃん 7月分

めんどうくさいゾ
 最近のクレヨンしんちゃんでは、一本の中で話を分割するなんてのは珍しいですね。みさえの場合は、一応興味を持って手作りパンの本を買ってきたけど、即本棚行きということに。やっぱり面倒だと思うものには、あんまり触れたくないのが正直なところのようです。グッチ裕三さんの料理本なんか簡単そうだから、みさえに合うと思うんですが・・・。

 ヒロシは休日だから、テレビの前でゴロゴロしてみさえを顎でこき使う生活。野原家も、朝はマジレンとか響鬼とかプリキュアとか見ていたりするんですかね?マジレンと響鬼に関しては、みさえがイケメン俳優好みで見ているのは間違いないだろうが・・・。プリキュアはどうだろう?首都圏じゃゾイドジェネシスと同じ時間帯だし・・・。

 それはともかく、あくまで動こうとせず、顔にお茶をぶっかける羽目に。しんのすけもしんのすけで、食事の食器を一度に片付けようとしてガッチャーン!!さすがに、これに関してはみさえにも非があるから無理に怒れないでしょう。電話先のおケイは、音を聴いてビビったでしょうねぇ。


竹馬作って乗っちゃうゾ
 予告の「カットバックドロップターン!!」で、注目度が高くなった竹馬造りの話。さっきの話で、全く動かなかったヒロシが竹馬を作ろうと、かなりイキイキしています。しんのすけと二人で女子高生になりきって、馬鹿やってる姿はほのぼのを通り越して気持ちが悪い。みさえが日曜の朝って言うのを聞くと、野原家はワクワクが止まらないアニメは見てないな。

 5歳児にノコギリは、さすがに早すぎる&危険すぎると私は思うんですが。しんのすけのことだから、刃の部分を肩に掛けて「フウ・・・」とかやらかしそうで怖いです。トンカチについては、ノコギリよりかはマシですが、指に振り落とすのはやっぱりお約束。その後の無駄に熱いシーンで放送開始15分後にキッチリ「今までの15分はなんだったんだ!?」って・・・。


母ちゃんを看病するゾ
 見返りの無い善行は決して行わないのが野原しんのすけクオリティ。実の母親が熱を出して寝ても、アイスやご褒美が無ければ動かないのでしょうね・・・なんという5歳児だ。それでも、ちゃんとご奉仕してくれるだけでもありがたくは思わないといけませんな。まぁ・・・おもいっきりありがた迷惑になってしまっているのが、しんのすけらしいんだけど。

 タオル持ってきてと言われれば、搾らない床拭き用の雑巾を転んで顔にバチャンと当てるし、風邪引きさんには厳禁なアイスを見せ付けるように食べて、食わせようとして転んで顔にぶっかけ。更には、ひまわりの排泄物を包んだオムツも転んで顔にやろうとするしんのすけは絶対に故意でやってるって。トドメとばかりに、ゴミ袋一杯に氷を敷き詰め顔にズドン!・・・今度は殺す気か!

    
隠れ家レストランに行くゾ
 ロクに噂も立っていない白けた場所に外食に行っても、ロクな事にはならないと実感した話。野原家は前回のお医者さんに続き、相手の心を折るクラッシャーになっています。今回は小林カツ代風のオバサンと、その人に尻を敷かれているお爺さんが経営しているレストラン。おケイの話を聞いてやってきたらしいですが、本当におケイは店に行ったんだろうか?やっぱり友人で試して毒見をさせたんじゃ・・・。

 予想通りにしんのすけの介入ナシでも、お客さんをガックシさせることの連続。しんのすけ達以外に客が来なくて寂しいし、食ってる時も爺さんがジロジロとコチラを見てるし。更にはお客さんのほうが心配してしまう程の夫婦ケンカにタジタジであります。ケンカの末に料理を燃やしてしまうんですから、この店も永くはないな・・・。


サインしちゃうゾ
 みずやま たけし・・・特撮俳優さんなんでしょうが、誰が元ネタなんだか分かりません。きっとマジレンの中の人もサインの練習は一応はしているのでしょうね・・・使う場面があるかどうかは知らないが。魁は大丈夫だし、女優陣も大丈夫だろうが黄色の人はいろいろとアレだからなぁ。兄貴はソッチの気があるお兄さん達に愛されているかもしれません。

 自分のサインを習得したしんのすけは家から出てサインをばら撒きました。テッシュ配りのお姉さんに見事な挑発をするなど、こういう仕事に関しては天才的かもしれません。実際に、サインを全部配り終えたのは成果としては十分でしょうし。しかし、受け取った人たちは落書きされたようなボロ紙を貰ってどうするんだろう?

    
ひまわりが耳鼻科に行くゾ
 やっぱりと言うか、ひまわりが予想通りに一つの耳鼻科病院の心をへし折りました。院長が学会で出ているためヘタレ臭満載な若医者が担当するなど運も味方しませんでした。そのヘタレ医者に保志さんを選ぶスタッフは分かってます。典型的なお坊ちゃまだから耐性が出来てないのでしょう。爪を噛んだりするのを婦長さんに叱責するなど、ヘタレぶりは最高潮です。

 そこにひまわりみたいな荒くれ者がやってくるもんだから、もう散々。幼児の危険度を診察室にゲージで設置してますが、これでも危険度4なんだから5は一体・・・?後、危険度ゲージってかなり時事ネタです。アメリカも危険度ゲージを昨日上げたらしいですし。そういや、これ以上にフルメタは恐ろしい呪いが掛かっているようですねぇ。

 イケメンと宝石にしか興味のないひまわりにビデオを見せたって無力です。そのビデオの内容がタヌキが背負ってる焚き火を燃やして自分に引火するって・・・物凄く見たいんですけど。いろいろあって、とうとうぶち切れる若。しかしお返しとばかりに金的喰らわすひまわりは鬼。このバカ・・・若医者立ち直れるかなぁ?心の傷がかなり深そうです。女しか見ないとか言ってますし・・・女も女でアレな気もするんですけど。

2005年06月24日

クレヨンしんちゃん 6月分

もえPに大変身だゾ
 風間くん・・・・遂に、大人でさえ滅多に踏み入らない一線を超えやがった!!!普通ならブラウン管に向かって「頑張れ、萌えP!!」「負けないでーー!!」とか言ってるような5歳児ですよ。(こち亀の檸檬みたいな時代劇オタクとかは別としてさ・・・)それが作品を深く語り、コスプレセットのしわやシミを恐ろしいほど心配するなんて10年も早いことです。風間くんは10年後に確実にコミケの聖地にコスプレ姿でいると見た。

 きっかけもきっかけで、ネネちゃんのお婆ちゃんが着替えセットを送ってきたのが始まりでした。ネネちゃんのお婆ちゃんって全然出てこないけど、ソッチの方面にも理解を示してくれるらしい・・・。それを早速着込んだしんのすけ。まぁ、しんのすけはどんなコスプレもするから別にいいんですけど。問題は、そんな姿を見て狂気の目で追いまわした風間君です。

 しんのすけの家まで付いてきて、しんのすけがいなくなった隙を見てコスプレする風間くん。鏡を見てキャラに完全に成り切っている風間くん・・・・アンタ、幼稚園児じゃ絶対にないでしょ?そこに偶然入ってきたネネちゃん。さすがのネネちゃんも、今回ばかりはビビりまくり。この後の接し方はどうなったんでしょう?友達関係が壊れないか心配です。


まつざか先生見ちゃいや〜んだゾ
 しんのすけの推論がドンピシャリじゃ、松坂先生は人間として問題ありだと思うぞ。幼稚園の先生なのはさておき、夜になるとボーイズハントを繰り返してそれにお金をつぎ込み、気づいて見れば給料はスッカラカン。仕方が無いのでカップラーメンのお世話になる・・・。松坂先生が結婚できないのって、お金の計画性がないのが一番の問題なんじゃ・・・。

 しかし、容姿だけはいいのを利用したのが松坂先生の実家の父母。自分達の作ったしいたけに勝手に松坂先生の写真を貼って田植え姫とか付けちゃうセンスに脱帽。父母からしてみれば大真面目なんでしょうが、松坂先生からすれば公開晒し上げでしかありません。しんのすけにネタにしてくれとアシストしているのと同じです。

 しんのすけは漢字を読めないので虐められることはありませんでした。その代わり、サトーココノカドーのしいたけを全部買う事になって、給料全部使い上げ。格闘技の減量じゃあるまいし、ここまで買うのって凄いものです。でも、あの写真が一店舗だけに貼られているとは思えないので、実質的な解決になってないんじゃ・・・。


口笛はヒュ〜ゥだゾ
 「まさお君にみんなを待たせる度胸なんてあるわけないじゃない!!」ネネちゃん、何気に酷い事を言う。まだ5歳なのに、もうそんな風に見られてしまっているまさお君が物凄く可哀想に思えました。でも、ネネちゃんの言うとおりしっかり公園にいるまさお君は隅の方で口笛の練習をしていました。口笛といえば吹くと魔物が出てきてバトルになる・・・・のはドラクエの話ですからね。ドラクエ6以降は口笛がないと経験地稼ぎをする気力が失せるんだよなぁ。

 そんなまさお君に習って、みんなで口笛の練習。ここでネネちゃんが「夜に口笛を吹くと蛇が来る」みたいな事を言ってましたけど、初耳です。自分は悪魔がやってくると聞いた事があるのですが。それと母親のペットボトルダイエットの話・・・皆さん、必死すぎてメチャクチャ形相が怖いです。あんだけ気張ってりゃ、少しはやせると思うんだけどそれ以上に食べるんだろうなぁ。


お好み焼きを作るゾ!
 寝起きがガラスを引っかく音って最悪じゃないですか。こういう時こそぶん殴って修正するべきですよ。でも、しんのすけの場合は更に突起物でも持ってきてそこら中のガラスを引っ掻き回して逆襲しそう・・・。ガラスはともかく、黒板に付いても筆圧強い人がチョークを折るついでに引っかく時が最悪です。世の中には平気な人もいるけど、そういう人って苦手な音なんてないものなのかな?

 出かけたみさえが何の用意もしてないので、二人でお好み焼き作りを始めました。相変わらずしんのすけが足を引っ張っていましたが、ひまわりがいない分はまだマシと言った感じ。卵をキャッチする表紙に器引っくり返したり、天井に貼り付けたりして結局3枚も焼いたんですね・・・。何となく気になったのは関西風と広島風では作り方からして違うものなのですな。自分の場合は広島風しか食べたこと無いので関西風は斬新に思えました。

 合間にやってきた小池エリ子・・・そうか、クレヨンしんちゃんスタッフから見ればアレなんだ。あんな体格でユサユサ揺らされるのを見せ付けられても、特に思うところはないですがヒロシは陥落。さすがにセールスの方は断ったと思いますけど、ああいう類は家に入れてはいけませんよ。どこの新聞勧誘もろくでなしの集まりみたいなもんですので、気をつけたほうがいいですよ。


グレてやる!?だゾ
 優等生キャラ(と言っても汚れる時は極限まで汚れるけど)の風間君が幼稚園児のクセに反抗期到来。しかし、その原因が母親が勝手に机を開けて萌えPのオモチャを出されたからって幼稚園児が起こす動機じゃない。中高生でソッチの趣味があって親に隠していたのに、見られてしまったら傷害事件も起こりかねませんけど、風間君の場合、優等生キャラだから、このまま人生を棒に振りかねない事件です。

 それで不良呼ばわりされてビンタ喰らって不良になることを決心。そこでしんのすけと出会い、さいたま紅サソリ団の入団試験を受ける事になりました。さいたま紅サソリ団ってかな〜り久しぶりにしていたんですが、一体どれ位ぶりでしょう?もう10年間もこんな感じでやっているので、完全にレトロ呼ばわりされてしまっています。

 しかし、久しぶりに登場したさいたま紅サソリ団はかなりの男気を見せてくれました。しんのすけから事情を聞いて、親の大切さをさり気無く諭すリーダーは男だ!!・・・女だけど。そういや、リーダーって年の割りにクマさんパンティーだったっけか・・・。今じゃ、規制云々や干されていたのもあって知ってる人はほとんどいないでしょう。


ケータイの番をするゾ
 今更なんなんですが、園児より合コンのメールを優先する先生って不味くないか?放映開始当初には存在していなかった携帯電話の登場により、先生方のダメっぷりが3割増しです。こんな先生がドラマとかに出た場合は、メールを気にしすぎた挙句、幼稚園にお金を投資している金持ちの子供が怪我でもして、先生を首にしろだのお金は投資しないだの問題が起こって、強引な手法で丸く収まってハッピーエンド・・・みたいなツマラン話にされるのでしょう。

 風間君も携帯電話を所持していました。もう幼稚園児も携帯を持つ時代なのか・・・もう自分っておじさんだな・・・。でも、携帯の待ち受け画面が萌えPって・・・まだ5歳なのに、ここまでコアだとは凄いなぁ。吉永先生は旦那さんで、松坂先生はやさぐれたネコの待ち受け画面。どっちもどっちで見せられても、どう反応していいかコッチが困ってしまいそうです。

 しかし、そんな松坂先生が子供達によって天罰が下りました。しんのすけのケツの写真を添付したメールが合コン相手に送信されてしまい、合コンがご破算。少なくとも相手方には松坂先生はそういう人間なんだと思われたことでしょう。この出来事が合コンする人たちのネットワークに出回って、松坂先生にしばらく合コンの誘いが来ないでしょうね・・・。


父ちゃんは風船がお好き!?だゾ
 風船一つが千円ってボッタクリじゃねえのか!?第一、風船を買うこと自体、自分の感覚では有り得ない。まぁ、確かに風船を膨らませて浮かせるようにするヘリウムは高いから分かる話ではありますけどね。それじゃあ、普通に空気を入れたアクション仮面の風船ではどれ位の値段なんだろうか?本当に貰うことでしか関わったことがないから、その辺の感覚は良く分からない・・・。

 それでしんのすけの物のハズなのに、延々とヒロシが持たされてしまうハメに。みさえの言うとおり、ムダにかさばるからどうせなら買い物が終わった時に買えばよかったのに・・・。紳士服から書店、トイレまで持っていって散々、辱めを受けたヒロシがちょっと可哀想です。そんな苦労をしても、誉められるどころか飲料代まで払わなくてはいけないとは・・・。


上尾先生がご指導するゾ
 幼稚園の先生方の話なんて、かなり久しぶりな気がします。上尾先生なんて本当に久しぶりです。そんな上尾先生が今回の主役。新人研修で来た若い人を教育して苛め抜いていました。30分前は少々、ヒステリックな母親だったのに、ココではメガネを取ると軍曹に変貌する恐怖の先生です。眼鏡の有無だけで、ここまで性格が変わるのは接する側としてはかなり怖いんですけど。ん?レディ・アン?・・・アレは、周りがエレガントだったから大丈夫なんだよ。

 その眼鏡を平気で取るしんのすけは素で命知らずです。しんのすけ自身は対して怖がってないみたいです。そんな事を知らない研修員さんは、ただただ怯えるばかりで話になっていませんでした。サッカーで遊んでいてボールをぶつけただけで腕立て伏せ100回とか園児の前でやらせるか、普通!?こんな軍曹を見て育った園児たちの将来が不安だったりします。

2005年05月27日

クレヨンしんちゃん 5月分

父ちゃんとお散歩だゾ
 みさえが言わない限り、散歩に行くことなんて無いでしょうから、きっかけとしては十分でしょう。それでひまわりを連れて行くと、お姉さんが話しかけて来たりするので、ほぼ毎週散歩するでしょうね。単純な人間ですな・・・。その代わりに、ひまわりがそこら中を暴れまわると言うデメリットも。こんな感じの話を、いろんなところで見たことがありますが、実際の赤ん坊も暴れまわるもんなんだろうか?

 そのひまわりが、綺麗なお兄さん目当てで入ったハンバーガーで敵赤ん坊が出現。敵赤ん坊、恋愛に目覚めるの早すぎ。まだハイハイしか出来ないのに性に目覚めてるなんて、将来が心配です。その赤ん坊の父親とヒロシがお互いに「妻に逃げられた」って心の狭いお人たちですこと。まぁ、どっちにしろ妻の尻に敷かれまくっているのは事実でしょうけど。


ガレージが使えないゾ
 映画の重要アイテムを救うために車をぶっ壊して家計が苦しくなるなんて、野原家も散々です。確かに、しんのすけも悪いですが、ヒロシの言うとおり、しんのすけに頼んだみさえも悪いよなぁ・・・。5歳の子供にバックの助けを頼んで、上手く行くとは自分には思えませんから。それとガレージの改装が重なったんだから、野原家には何かが取り付いてでもいるんでしょうかねぇ?

 そこにやってきた性格的に問題ありすぎなミミリン・ヨシリン夫妻。今回も駐車場を貸してやったのをいい事に、やりたい放題。でも、今回ばかりは野原家もガツンと言う事は状況的に無理です。それを分かっているのか、車を勝手に改装したり、毎度車に乗せてもらうなどの横暴の数々。いつの日か、家族間で殺人事件でも起こらないかと心配しちゃうのですが・・・。


アイ・ラブ・ミッチーだゾ
 相変わらず周りから見るとストレスを溜めるだけなバカ夫妻の話。問題は自分達にその自覚が無い上に、他人に迷惑を掛けていることにさえ気が付かないと言う事です。このままだと、奈良の騒音マザーみたいな伝説を残す夫婦になっちゃいますよ。野原家もよく、こんな夫婦と長く付き合えるもんですねぇ・・・。

 仕事中も妻のことが気になって仕方が無いと言うバカ夫の悩み。妻の事を仕事中も考えたりもアレだけど、たぶん会社付き合いの飲み会にも参加してないでしょ。これじゃあ、周りから一線を引かれるのは当然だと思うし、誰も寄り付かないのも当然。協調性がほとんどどころか全く取れていないのはかなり問題だと思うんですが・・・。

 それで野原家が総出で解決しようとするも見事に失敗。その後の「野原さんに作ってもらおう」でヒロシはぶち切れて家からたたき出してもいいと思った。協調性がない、性格が図太いと他人からは嫌な性格の寄せ集めですな。しんのすけもさすがに、介入しようとは他と比べてしないし・・・異常なんですかねぇ?


あこがれのゴージャス・パフェだゾ
 たかがパフェを食べる男の中の人に中田譲二さんを当てるスタッフの感覚に平伏。別に、大の男が一人で巨大パフェを食べたっていいじゃないかよ・・・でも、笑われるのは不憫。そこをしんのすけに絡まれて、更に笑われるハメに。早くレストランから出たい気分でしょう。それにしても、頭が痛くなるのをニュータイプと例えるしんのすけは通。5歳でニュータイプなんて単語を知っているとは、恐ろしい幼稚園児です。

 家でパフェに挑戦するしんのすけ。これも5歳でここまで出来るのは凄いと思う。自分なら普通にアイスクリームで満足する所をパフェを作ろうとする発想に行き着くなんてねぇ・・・。もちろんレストランのようには上手くは行かず、グチャグチャな感じになってしまいました。安上がりの材料ではこんなものなのか・・・。

 今回からネネちゃんの相談コーナーがスタート。巨大なウサギ人形をイスにしているネネちゃん、怖い・・・。普通の相談コーナーのように思わせて、実はコアな表現技法を披露する方向で行くんでしょうか?クレヨンしんちゃんはなぜか、ガラスの仮面に注目しているので、その影響かな?取り合えず、クレヨンしんちゃんにおいてあの目は怖いとしか言えません。



ひろしのときめきの日々だゾ
 同期会(いわゆる同窓会)で昔のヒロイン出席って時点でこれまたオチは読めていました。しかし、いざ現実を見たヒロシは凄く切ない目をしていたのが印象的です。さすがに悪くは言えないんでしょう。昨日のあたしンちと同じで、昔、可愛かった女の子が同窓会では第64代横綱になっていました・・・って感じ。レジェンズでも、そんなこと一回あったけど、今回のは更に斜め上を行っていました。これまた山口眞弓さんが適任すぎるのもアレです。

 そうだ、つまり例えるとこうだ。同窓会も昔のマドンナの今を想像するまでが楽しみで、当日に出会ってメチャクチャ凹むのは、話題のゲームソフトが発売するまでワクワクして、いざ発売されるとグダグダになってて意気消沈するのと同じ。昔は牛乳ビン級のメガネを掛けてて三つ編みで地味だったあの娘が美人になってたのは、対照的に、発売前は全く話題に上がってなかったソフトが、いざ出回ると良作だったのと同じ。競馬に置ける晩成と早熟でも例えられるけどやめておきます。


ふってふってふってだゾ
 みさえは何ゆえ、こんな真昼間からドロドロっぽい恋愛ドラマを見ているんでしょう?私は、昼ドラマには興味が無いのですが、最近は特撮組が多く出ているんだとか。悪いとは言わないけど、その路線で夜のドラマに行ける人ってそうそういないと思うんですけど。増えすぎたが故に、特撮組同士で取り合いでもしているのかねぇ。特に仮面ライダーブレイドの剣崎さんは、すっぱ抜かれたからなぁ・・・。

 それはいいとして、カクテルに興味を持ったしんのすけはヒロシと一緒に真似事を。ここでヒロシがパンツ一丁になれば「ホランドさんだ!!」とか書けるんですが、これもこれでOKかな?で、オレンジ+ヨーグルトはシャーベットにすればいけるかも思いますけど、しんのすけの牛乳+ケチャップはキツイです。味的にもリアクション的にも。

2005年04月29日

クレヨンしんちゃん 4月分

明日からダイエットだゾ
 ほぼ毎年恒例となっているみさえのダイエット話。毎回、毎回、無駄な努力なのにご苦労なことです。でも、10年間やってきてずっといつものスタイルでいるのは誉められることだと思うんだけど。大体はリバウンドして見たくもないような姿になっちゃうのに・・・。前回やった髪型も使えば、少なくとも大衆アニメでは一番綺麗なママさんになれると思う。

 今回はお菓子をやめるダイエットを敢行・・・なのに、思いつく前にバクバク食うヤツに説得力なんてないです。しんのすけとひまわりの非常に冷たい視線も今回ばかりはごもっともです。野原家の襖の奥には、ダイエット器具の残骸が一杯残っているというのに・・・。質屋に入れるなら、その器具を入れたほうがもっとお金になると思います。

 そもそも今回のダイエットのきっかけとなったドレスの質も、深く考えればアレです。この前、爆笑問題が司会をやっていた番組で質屋の裏話を参考にするとすれば、たぶん、みさえは信用ならないから超格安の値段を言ってお引取り願われたのだと思います。みさえの体型を見て、みさえのものじゃないと質屋の人が悟ったのでしょう・・・。


テレビ朝日を見学するゾ
 捏造、偏向、アンチ靖国・自衛隊と何でもござれの日本に一番厳しいテレビ局、テレ朝にしんちゃんが殴りこみです!!テレ朝にはかなりの確率でしんのすけ以下アニメキャラの敵である大谷タンがいるはずだから一言言って欲しかった・・・。アニメ方面には行かなかったりしたりとちょっと拍子抜けした感もありましたが仕方が無いです。なんせ、テレ朝を敵に回せばあたしンちやボーボボみたいな生殺しを喰らうハメになりかねませんから・・・。

 まぁ、いつものしんちゃんらしくテレ朝でも辺り構わず暴れて係員や社員を困らせていました。係員の人はテレ朝アナが中の人をやっているのかと思ってたら、あおきさやか(声優)さんでした。いつもは「素人使うな、ボケ!!」と言う所ですが、今回は別に使っても良かったのに・・・。現実問題、あの係員さんはもうテレ朝には入られないでしょうねぇ・・・可哀想に。

 生ニュースでもカンペを使ってお釈迦。抗議の電話が殺到していましたが、テレ朝なんていくら抗議したって全然直らないんだから言うだけムダかもねぇ。他のテレビ局もどっこいどっこいで対応悪いらしいけど。料理の方も、しんのすけが乱入して台無し。でも、あの料理なんて放送する価値なんて無いと思う。それより、しんのすけ乱入により起こるドタバタ劇の方が視聴率が取れます。


もてもてマサオくんだゾ
 ことあるごとにネネちゃんの圧力に潰されて泣かされるマサオ君が可哀想です。「ネネちゃんオーラ」と命名されましたが、その気だけで何人かは殺されそうな感じ。そんなのにほぼ毎日、怯えながら暮らしているマサオ君の精神状態が心配ですよ。どんどんそれが溜まっていつの日か大爆発して、とんでもない事になりそう。

 そんなマサオくんもゲートボールの老人達に好かれていました。ネネちゃんの予想は大ハズレに終わり、しんのすけ以下の男子もガックリと行った次第です。そりゃ、今の時代にマルコメ君スタイルの坊主ヘアなんてそうそういないからなぁ。生き地蔵と思われて、ナデナデされたらいい気分でしょう。

 何気なくEDのテロップ見て気付いたんですけど・・・山口眞弓さん、本当にババアの役を。今までも散々、ババアが適任だとか言われてきたけど、本当にキャスティングされるとは。まだ、若い人なのに、もうババア役が適任とか言われる山口さんって・・・。


ムリして若返っちゃうゾ
 う〜ん・・・個人的には今回のみさえのヘアスタイルのほうがいいんじゃないかと。確かに、髪型変えて10歳若返ろうなんて「鏡でも見て来い、バーロー!」と思いますが。でも、変えないよりかは変えたほうが若くは見えます。これからもこれでOKなんですがねぇ。しんのすけ以下は随分と気味悪がっていましたが、慣れると思います。

 人妻に唾付けちゃうしんのすけは女好きを通り越して、ちょっと不味いでしょう。将来、同じ事してグダグダ泥沼の裁判に巻き込まれたら笑っては済まされません。しんのすけは特に独身だとか、子持ちだとか、×イチだとかはあまり関係ないようです。ま・・・生きていく過程で学んでいけばいいでしょう。

 「ハイ、わさび!」 あ、相変わらずクレヨンしんちゃんは侮れねえ。これもこれで、分かる人にしか分からないネタです。藤原さんネタもやりまくってるし。一応、クレヨンしんちゃんなりのエールだと解釈しておきます。わさびさんはコレを見て、引いてるか爆笑しているかのどっちかだと思います。


オラは犬です!だゾ
 犬になっても、野原家にとってはあんまり扱い的にはそんな大差はないような・・・。逆に、シロのほうが扱いも出番も少ないから人間であったほうがいいかもしれません。こういう話は、夢の中でしんのすけが犬になるというのもアリですね。それにしても、しんのすけはたまにデザイナーの器を見せるときがあるな。

 犬になったしんのすけとみさえとの攻防は、しんのすけのほうが上手です。トークで苦しくなった時に、犬になって交わすのは他のアニメでも使える手です。しかし、ひまわりにはいい様に扱われていました。さすがに、お菓子とジュースには犬と同等に釣られていますねぇ。


父ちゃんのダイエットだゾ
 みさえのダイエット機材のリサイクル話。他のオバタリアンも襖の向こうにでもあるのでしょうか?昔はアブトロ云々でバッタモンばっかでそれが本物なのか分からないこともあったよねぇ。話の中では出てこなかったけど、それ以外に見覚えがあるものがチラホラと。きっと、みさえは通販番組は全部チェックしているのでしょう。

 ひろしの腹がブヨブヨなのはまだいい方でしょう。自分が覚えている中では、マット・ガファリが一番凄かったです。伝説の興行であるレジェンドでヤツを見たときは驚きました。顔ぶん殴られていきなり戦意喪失をするなど、ネタとしては最良の人材です。それに比べれば、ひろしのなんてまだまだ甘い。

2005年04月20日

クレヨンしんちゃん 2005年1〜13月分

    お昼はコレが食べたいゾ
 重大発表って、たんなる決意表明かよ・・・・。どうせなら嘘でもキャスト交代ぐらい言って欲しかったなぁ。今年は、去年みたいにスポーツやたけしの特番で潰されることは少なくなるので、スタッフは大変だと思いますが頑張っていただきたい。島送りにされたあたしンち、ボーボボの分も・・・・。

 野原家も13年家族やってるんだから、休日時の外食の対処法なんて分かるでしょうに。時間をずらすだけで、全然有意義な外食を楽しめると思います。13時頃に出かけるもよし、朝早くに出るもよし。みんなと同じ時間に出かけるからどえらい目に遭うんです。ってか、みんな分かっててなぜ同じ時間帯に出かけるのか・・・。

 何気なく気づいたけど、チャイルドシートが義務化されてるのに合わせて、しんのすけもチャイルドシートになってるんですね。他のアニメでは家族が車を持っていない(または時代的に義務化されてない)ので珍しく感じてしまいます。そうなると、義務化前の車の話は出せなくなるのか・・・・いや、それも残念だなぁ。

    外でアソブとあったかいゾ
 中学時代の体育は雪で校庭が埋もれていようがなんだろうが、とにかくサッカーでした。蹴ってるうちにサッカーに雪がくっ付き行方不明になることが何回かありました。その分、しんのすけ達はまだまだ楽な環境でサッカー出来てるなぁ・・・・と愚痴をこぼしてみる。

 感想書く前に映画ベートーベン2を見ていて、「相変わらず、高山みなみさんは切れてるなぁ」と思ってたんですが、犬も随分と利口なのを見てシロを思い出しました。ご主人様のマフラーにもなるし、ご主人様が忘れた服も持ってきてくれるんですから。これが本当に捨て犬かよ。(関係ない)でも・・・・いい目には遭っていないんだよなぁ。なにかと、シワ寄せで忘れられることが多いですから。


    マサオくんがやっちゃった!ゾ
 まさお君はマケボノさん並に視聴者の期待に応えてくれる希有な存在だと思います。しんのすけが(間接的に)割ろうとした壷を、わざわざ自分の体重をかけて割っちゃう大技。笑いの神が宿っているのでしょう・・・・いや、疫病神だな。

 壷の処遇をどうするかで、親の教育がどうなっているか分かるような気がします。まさお君の親の場合は、しっかりしてると見受けられますけど、しんのすけの場合はムチャクチャだもんなぁ。怒らないと言ったのに、怒ったらああいう子供になっちゃうという事なのでしょう。何はともあれ・・・・まさお君、ご愁傷様です。

    準備はオッケーだゾ
 よくデパートの洋服売り場とかに行くと、デカレン、ブレイド、プリキュア、ネクサスの子供用の小さい靴、靴下、Tシャツ、パンツ等々・・・・売ってあったりするのを見かけます。作品の展開が進むにつれ、新キャラが追加されてあったりするのにはビックリします。売れ行きがどうなっているのだか、分かりませんけど・・・・ネクサスは不安です。

 その系統のリュックサックは見たことあるような無いような・・・・微妙です。ヒーローものならいいですが、プリキュアは・・・・カラーリングは絶対にピンクだし。女の子でもきつそう。しんのすけはハマリにハマって、一日中背負ってたりしました。アクション仮面は何年も続いていていいねぇ。親御さんは、5,6年は作品が変わるごとに購入せねばならぬと言うのに・・・。みさえはグチグチ言ってますが、そういうアンタだって、デカレンにはハマッてるクセに。


    コタツの長い一日だゾ
 藤原啓治さん、遂に結婚!!ってオイオイオイオイオイ!!いつの間に俳優になってんだよ!そして、結婚相手は誰なんだ!?それにしても、相変わらず微妙な所で声優(と言うか藤原啓治)ネタを持ち出してくれる!

 コタツから見た野原家の一日。どの家庭でも、今回のようにコタツで丸くなっているんでしょう。私も、コタツの中で着替えるのは昔はよくやったもんですが、大人になっちゃうと無理でしょう。せいぜい、着替える服をコタツに入れて温めるくらいですね。

    マサオ君のカケモチ人生だゾ
 ワンパターンなのは特撮やってるスタッフも見ているコアな特撮ファンも分かりきっているんだよ!!それを勢いや、独自の脚色で盛り上げてくれるから、いいんですよ。ネネちゃんにはそれが分からないか。ネネちゃんのお母さんだってデカレン見て・・・感じるわけない。目当てがセンちゃんだもん。(確か、みさえはテツがお気に入りなんだっけ・・・)

 そんな特撮を知らないネネちゃんが、今回も大暴走。ジャイアニズム満載じゃないか・・・。アクション妻とかって設定を作り出せる発想は、特撮界には必要かもしれない。妻持ちの特撮ヒーローってなかなかいないですから。(最近ではアバレブラックだろうな)

 しかし、その乱入方法が・・・いくらお子様のお遊びだからと言って粗が多いなぁ。戦うところと自宅の位置が目と鼻の先かよ・・・。コレで本格的な撮影だったら面白くなりそうです。でも、無慈悲に妻ごと敵を爆殺するマサオ君は、弧門君以上にキラーです。


    みさえ刑事(デカ)純情派だゾ
 この奥方様は、たかが子供のお遊びに、何ゆえこんな格好をするのでしょうか?胸にボール入れて、家の中をドタバタ走り回って、外に出ちゃって周りの人に見られると・・・自業自得。家の評判を落としまくってるのは実はみさえなんじゃないだろうか・・・水死体系の体だと言われてるし。

 しんのすけの電話の内容をよく聴くと・・・こりゃ、サザエさんじゃねえか!!さすがだ、クレしん。だてに、15禁アニメ作ってる監督が同じ時期に監督をやっている事だけはあるぜ!!ついでだけど、純情派が藤田さんのやってるほうなのか、もう一方の方なのか分からないのは私だけ?どっちかがはみだし・・・なるほど、はみだしってそういう訳だったのか。納得。

    燃えるオーディションだゾ
 やっぱりと言うか、やはりネネちゃんの独壇場と化してしまいました。もちろん、犠牲者はまさお君に決まってます。脚本家だけでなく、宝塚歌劇団にも精通しているらしい。自分は興味ないのですが、タモリさんの宝塚論には同意してます。死ぬ前のあんだけ歌えて話せるなら、普通は医者とか呼ぶよなぁ。そこら辺を突っ込まれても苦笑いするだけだけど。横綱が300年の間に68人しか出てこない意味を教えられる前に、答えてくださいね。

 別のところでは、風間君の亀か。プライドが妙に高い幼稚園児ですけど、その時点でプライド高くても、あんまり得はしないと思うなぁ。その年齢なら人の前でアレ出しても笑ってくれるし。(オイ)しかし、その風間君に亀をやらせる先生はキラーだ。状況的にどんな結末を迎えるか何となく分かってたろ。


 最後の予告でも、相変わらずクレしんはやってくれるよ。健全な子供たちは総ポカーンでしょうな。ネコミミモードなんて、深夜にまで起きている首都圏にいる不健全な子供しか反応しねえっての!!クレしんのことだから、本当に斉藤さんを呼んでしまうかもしれない・・・。


    子ネコを拾ったゾ
 ネコミミモードは登場せず・・・か。これで本当に登場でもしたら祭り勃発だったでしょうが。替わりに捨て猫が今回の主役。さり気無く言った「非人道的」って、しんのすけの言葉は結構、応えるものがあります。いくら、そういう風に騒いだって「んじゃ、飼うの?」と問われたら大方の人は断りますからね。このアニメってさり気無い所で、こういうのがあるから侮れない。

 その子ネコは神取似の人が貰い受けることに。こういう人ほどペットに優しかったりするんだよなぁ。格闘家の人って、かなりの人がペットを飼ってる印象を受けるのですが、なんででしょうね?プロレスラーの秋山準さんなんかに到っては、犬がかなりの活躍をしていると聞きます。トリビアでも、以前にこういうのがあったハズ・・・・意外だと思いました。

    オラ美人になるゾ
 幼稚園児のお化粧遊びは、ある意味通過儀礼です。自分も昔はふざけてやってましたし。しかし、まさかそれをドモホルンリンクルのネタでやってくれるとは、相変わらず攻撃的だ。あんだけ、頬を叩いたら痛いだろ!って暗にCMに突っ込んでいるのには笑いました。社員の中に、見た人がいたらどう思ったことだろう?

 何気なく笑ったところは、まつげを整えようようとして肉を挟んだ所。みんな、やったことあるんだろうか?自分も、見事に挟んで号泣したことがあります。笑ってる人は試してください。かなり痛いです。その後も化粧で遊ぶことはあったけど、その器具を使うことは二度となかったなぁ・・・。


    ハナ水が止まらないゾ
 自分ももうじきしたら、今回のしんのすけみたいにティッシュをかみ続けなきゃイカン日々が続きます。幼稚園児は、こういう鼻水で遊んだりするけど、そういうのはゴールデンで見たくない気分です。「クレヨンしんちゃんだから仕方が無い」と言えば、仕方が無いのでしょうが・・・。

 もちろん鼻水仲間となったボーちゃんと遊ぶしんのすけ。鼻水を振り回すまではよかったんだけど、さすがに鼻水交友はマジで勘弁。普通に汚いです。書き方を変えれば他人同士の体液を繋ぎ合わせたという感じですから。周りがドン引きしていたのにも無理は無いです。

 そして、最後にボーちゃんに新しい発見が。なんとボーちゃんは鼻水がないと体のバランスが取れない!!メガネとってフラフラになったりするのは分かりますけど、鼻水でバランス崩壊・・・。その鼻水は一体何の役割を・・・・?

    母ちゃんがケーキを作るゾ
 普段ケーキを作ったことの無い人にケーキ作らせて成功する訳がないです。そういう人たちが、(個人的にガチで大嫌いなヤツラが司会している)番組で恥を晒すのです。それなのに一時間前に友達に食べさせるから作れと言うしんのすけは無謀ですな。結果的に美味しくもないけど不味くもないお笑い芸人としては最悪な結果になりました。

 しかし・・・クリーム使ってゴールデン帯で顔射をするとはさすが、同じ時期にアレなアニメを監督しているだけのことはあります。躊躇ってものがないです。そういえば、この間ネコミミで話題になったけど、そっちの方でネコミミ出してきたよね・・・。


    合コンするゾ
 幼稚園児のクセに早くも合コンですか・・・。今の子供たちは、早いとか言われますが合コンも例外ではありません。この時点でカップルが成立したって小中高と大体の確率で分かれるのが普通でしょう。だから、小中のラブコメ見せられてもあんまり乗れません。(そもそも恋愛ネタは自分の中ではアレ)響鬼のボウズ君は、高校も幼馴染でいられるかもしれませんが、それって珍しいですよねぇ。(GIRLSブラボーの雪成と桐絵もそうだけど)

 風間君の努力がムダだと分かりつつも、必死すぎなのか滑稽というか哀れというか。幼稚園児のクセに英会話スクールとか合コンなんかしてるのは傍目から見て滑稽です。でも、萌えPと聞いて露骨に不快感を表していたのにもちょっと・・・。元々の視聴対象があんた等なのに・・・結構嫌われたりするのか?

 そういえば、女子のほうの構図が3人とその中の一人に姉持ちというのが気になったり。これはアッチ(アルティメットガール)のほうを意識してなのでしょうか?中の人が違いましたけど、それでもかないさんや小林さんなどムダに豪華です。

    かわいいひまにゴ用心!だゾ
 年に数回あるひまわりが主役の話。ひまわりも年を止められてますから今でも赤ん坊のままです。この作品でこおろぎさんのマトモな声を聞いたことは一度ぐらいしかないです。去年の今より前はこおろぎさんボイスのキャラは各地で散々な目に遭ってたのを記憶してます。特に・・・やっぱりあべしだよなぁ。プラネテスのノノはいい子ですけど。

 しかし、ケツそのまんまな人形を舐めまくる光景はかなりシュールだ。アッチ(アルティメットガール)のほうでも十分、使えるネタですし。一番頭が吹っ飛んでるのはそんなのを造った職人さんだと思います。マニア以外の人が、それを見たら確実に笑うか引く。間違いない。

 最終的にはビールにまで口を出そうとするひまわり。やっぱり野原家の一員なんだなぁ。ってか、この時間帯に未成年に酒を飲ませるのは規制云々以前の問題です。どっかのバカテレビ局の二の舞にはなりたくないのでしょう。


    ありがた〜いお寿司だゾ
 食事時に、赤ん坊のアレを間接的にヒロシに食わせんなよ・・・食欲が失せました。別に、批判には慣れているだろうけど、こういう所だけはちょっと猛省を促します。それを見て、気分がいい人って寛大な人じゃないといないと思いますから。ヒロシにとっても最悪の寝起きですねぇ・・・。

 寿司を巡ってドタバタ話ですが、本当にお寿司が勿体無い・・・。しんのすけだけでもアレなのにひまわりが、今回かなり暴れたのが原因でしょう。みさえももさえで、ひまわり用の食事をちゃんと用意しておけばよかったのに。責任をすべてヒロシに押し付けるのはよくないです。

 それにしても、あたしンちに引き続きでましたな、韓国捏造ブームネタ。クレしんなら、整形とかキモイとか言って欲しかったんですが・・・。ひまわりの目なら整形かどうかぐらいすぐに見極めて欲しいところです。

    先生たちの健康診断だゾ
 職員の健康診断とか、本当に局地的にしか関係ないネタをよく持ってこられる。そういや、自分の小中高の先生方はいつ健康診断を受けているのでしょうね?休日とか放課後とかを使ってやってるんでしょうか?う〜ん、一度でいいから見てみたい。今回みたいに先生方の仲を見れたら収穫なんでしょうけど。

 しんのすけが引っ掻き回して大混乱だったのですが、看護士や医者は慣れているようで。そして、メガネの先生の切れるところを物凄く久々に見ました。今の子供に「この人の中の人が10年位前に正義の戦士をやってたんだよ」と言っても信用してもらえないだろう。いや、「おっぱいプルンプルンさせてる無能」とか、「むしまるQの司会のお姉さん」とかでもさっぱりでしょうがね・・・。


    お弁当コンクールだゾ
 前回の予告で先に出された料理のほうが負けちゃうとか指摘してたけど、先に出された料理に細工して、味覚をマヒさせるってのが前にあったような気がする。全部が全部、そうではないのですが・・・大体が後に出した方が勝ちます。初めにコイントスでもして先攻後攻を決めたほうがいいんじゃないんですかねぇ?

 だから、一旦他人の口に入れた食べ物を食うとかってのはやめろと!!笑える下品と笑えない下品で言ったら、時間帯も考えて笑えんです。貴賓をよくとかPTAのババどものようなことは言わないけどさぁ。

 予想通り、親に作ってもらう人たちが続出。まぁ、そもそも5歳児に弁当作らせるって事自体が無謀なんですよねぇ。親の助力はあって当然。なかったら逆にいろいろ言われかねません。先生も大体はこんな展開を予想していただろうに。

 結果は先生のナイスフォローで引き分け。個人的にはぼーちゃんです。ぶっちゃけ、食いにくいけどあれを一人で作ったのは凄い。マサオ君のは・・・食欲がまったく湧きません、ごめんなさい。

    インタビューに答えるゾ
 県ごとにローカル番組があって地方アナウンサーが町に出てインタビューとかよくある光景です。でも、所詮ローカルだからどうにも浮いてるというかアナウンサーが必死すぎるのが痛々しいです。年末か改変期辺りの全国区のハプニング大賞に出せるようなのを狙っているのでしょうが、そんなアニメでも稀にしか発動しないミラクルなんぞ、狙って出るものではないのです。

 話に紛れて今の風潮を批判するようなこともポツポツ言ってましたね。謝ればいいもんじゃないですけど、逆に開き直られたらそっちのほうが性質悪いよな。いや、別にどこの誰かさんとは言いませんけど。どこの誰とは。・・・一番、性質が悪いにはしんちゃんを流しているテレa(ry

クレヨンしんちゃん 2004年10〜12月分

    ふりかけ人形セットだゾ
 初っ端からネットオークションネタを持ってくるとはさすがはクレしん。子供の意思とは裏腹に金の亡者と化すみさえ&ヒロシはキラーです。ってか、野原家にもパソコンないのか・・・・なんで、たちばな家にしろ磯野家にしろパソコン持っていないんだろ?

 久しぶりに登場のオケイはちゃんとパソコン持っていましたが、形から見てWindowsではない模様。ネットオークション先は当然Yahoo・・・ではなくPaHoo。やっぱりYahooは使ってはいけないのでしょうかねぇ?

 オチは、好評につき、通常販売開始であぼ〜ん。これと同じ目に遭った人、ネットオークションやってる人の中にはいるんだろうな。こういうシュールで分かる人にしか分からないネタを持ってくるなんて・・・。

    おニューの靴を買うゾ
  靴屋に入って、男の店員を見て「角のない鬼」といきなりのローキックコメント炸裂!!それでも苦笑いで交わした店員はさすがだが、スグに「このガキ・・いやお子様」と本音をポロリ。この店員も上手い感じで返してきたので、笑ってしまいました。

 しんのすけの言う、いろんなキャラが入ったクツって普通は不可能だよな。もちろん版権上の理由で無理なんだろうけど、欲しい人は欲しいんだろうな。で、本当にその夢の共演クツを手に入れているしんのすけ。い、いいのか?勝手に作ったとしか思えないんだけど、問題にならないのか?

 ヒロシのクツが臭いとかで、角のない鬼は随分とムキになっていたなぁ。それ程、日々思うところがあったのでしょうな。それにしても、EDのキャスト欄見た時、この人が大川 透さんだとは全然気づかなかった。


    グレイトなおべんとうだゾ
 確かに、今からやろうとしている事を言われるとやる気が凄く失われます。これって、あたしンちの話の中でも父がそうだった記憶がある。それを、「何度も言うな」と切り返すしんのすけは大人だなぁ。

 その上、家出時に炊飯器を持っていかれたら困る事も無意識の内に分かってらっしゃるようで。でも、それにチョコビをぶち込んだら凄いことになるのは分かりきってると思うのだが。この後、いろんな物がドンドン入っていきましたけど、チョコビが一番痛いよな。

 しかし、しんのすけがここまで乗せ上手だとは知らなかった。主婦とかが誉め殺しでサービスしてもらうのとは対象で、コロッケをせしめたり、それを反対側のサラダ屋に言って、ポテトサラダを大量に貰うと。ここまで上手くいくなんて、かなり斬新な話術ですな。

    母ちゃんのステキな傘だゾ
 そんな高級傘ってのは貴婦人とかシロガネーゼとかが買うもんであって、みさえには絶対に合わないだろう。(しかも三万円)そんなんなら、ビニール傘を数百本買ったほうがまだみさえらしいでしょう。修理+貼り付けだって、無駄に出費が掛かるのだろうに・・・。その後のしんのすけの「母ちゃんを張り替えた方がいい」ってのはナイスキラーコメントだと思いました。

 その絶対に合わないという理由を、まさにみさえが今回の話で実証した感じに。一々、傘を気にしてたらロクに店に入れないでしょう。やっぱ、一般人が持ってても、人の方がオロオロしちゃうんですから。

 それにしても、やたらに六本木ヒルズを紹介してたなぁ・・・。しかし、宣伝するにしても「広すぎて迷子になった」は文句の部類だ!!宣伝のフリして、問題点を指摘するなんてさすがクレヨンしんちゃん。


    ハガキが出せないゾ
 実家との付き合い方を皮肉ったような感じが私には見えました。いつからなんでしょうねぇ、送られたら返事をするっていう風習が出来たのは。確かに常識の範囲なのでしょうが、お中元の送り返しはよく分からん。まぁ、返事くれないと実家は確かに凹むでしょうな。

 その秋田のおじいちゃん、電話の側でハッスルハッスル!!秋田にもPRIDEは中継されてるんですか。(失礼)でも、今のハッスルポーズは腰を振らないように改良されているのは知らない模様。

 そして、みさえがハガキを出そうとして出せないってのもよくありますね。いくらテレ朝だからと言って自転車の不正駐車を政府の所為にするな!!罰則は強化してもいいかなぁ・・・・とは思っていますけど。やっぱり、即日撤去が望ましいと私は思います。実際に、長町駅って所はそういうのに切り替えてるわけですし。

    おもいきって捨てるゾ
 おもちゃならともかく本を捨てるのは抵抗あります。マガジンのような週刊誌なら全然抵抗はないんですが、それ以外だとねぇ・・・。優駿なんか五年分も溜まっている自分にとっては人事ではありません。

 話し変わるけど、こないだ出た優駿はアレだったよなぁ。天皇賞特集ではハワイ王にかなりのページを割いてしまっているのが痛いし、杉本さんのインタビューはあの伊藤雄二調教師。札幌記念をG1にかよ・・・・それは本当に願望だよな。JRAは皮肉って伊藤雄二記念にしたらいいと思います。
  
 結局はみさえも人の事言えねえじゃん!!ってオチ。ダイエット食品程無駄なものもねえよ。自分が生きてきた中でも、どれ位のダイエット法がテレビから流れてきたでしょうか?後、ダイエット食品の中に普通のお菓子が入っているのがアレだな。


    トイレトレーニングだゾ
 なんだかんだいって、ひまわりはみさえに似ているんだなぁ。しんのすけはヒロシを見て育ってるから、ああなってしまったのでしょうけど、ひまわりがこのまま行けば、金とイケメンにはガメつくなるのは確実でしょう。

 オマルを背もたれにして宝石店のチラシを見てるひまわりを見て、「まだ、オマルは無理」って年齢的な問題じゃねえだろ!!逆に、あの年齢でチラシを読めたり、オバハン臭い座り方をする方を問題視しろよ。

 で、こういう話ではお約束的なもので、いろいろ教育している所を、近所の人に見られて勘違いされると・・・。他にも、不意にマウントポジションを取ってしまった所を見られたりとか。ショートギャグ漫画では王道的なオチでもありますな。

    かみしばいやさんになるゾ
 マサオ君・・・紙芝居が苦手だとか言ってるけど、苦手も何も中の人、講談に対してはプロ中のプロじゃねえか!!本気になった後は完全に一龍斎貞友さんになっていました。聴いてると、本当に引き付けられると言うかさすがプロと言った感じでした。

 マサオ君が作った紙芝居の内容もそのまま実写にしても十分通用すると思うのですが。戦隊ヒーロー物でありながら、イケメンが早々に死亡。実は唯一の女性隊員が敵組織の大ボスだったり。催促物としては、かなりアレな展開に会社が困るでしょうが、一度は見たいです。

 もちろん、ネタの材料にされた風間君はかなり凹んでいましたし、大ボスにされたネネは当然の如くぶち切れ!!この後、調子付いてるマサオ君はおもいっきり凹まされるのでしょうなぁ。現実では、正義のヒーローが大ボスに伸されると・・・・。


    父ちゃんの24だゾ
 他局(フジテレビ)が猛プッシュしている某海外ドラマのパロディをするなんて、クレヨンしんちゃんは相変わらずです。まぁ、以前にも他局の某アニメ(コ○ン)とかも堂々をやっていますからね。

 意図はなんでしょうか?アッチはああやって煽りまくっているけど、実は大したことないんだと言っているのか?今回のパロディを見てるとそう思えてないらない程の平凡的な話でした。パロディ元は見ていませんけど、結構そうだったりして・・・。

 しかし、こういう忙しいときに限って余計な事が起こりますよねぇ。やはり、それの代表格はトイレに先客がいたということでしょう。本当に朝のトイレには気を使います。あたしンちのたちばな家みたいに、トイレ行くのに断り言って笑われるんじゃやってられません。

    ふたば幼稚園大運動会だゾ
 幼稚園にしては種目が出来ているな・・・。かけっことかダンスとかが主な種目だったと記憶しているんですが、障害物できるほどの広さが幼稚園にあるかどうか・・・。最後は、100mリレーが主流だったと思いますが、障害物ってのも珍しい。

 球転がし競争でしんのすけは球の上にのる芸当を披露してオーディエンスは大爆笑してましたが、危険だから叫び声挙げるか、拍手喝さいが起こるかの二択ですよね、普通は。劇場版でみんな、そういう事象に慣れてしまっているのでしょうか?凄いな・・・。

 最後のネタは分かった人だけ笑えばいいんだ!!自分も一瞬、「なんでこおろぎにさとみと名づけるんだろう・・・?」と思いましたが、"こおろぎ"に"さとみ"ですから、あぁ!!と。知らない人はポカーン、分かった人は大爆笑。時間帯移ってしばらく大人しくしていたクレしんでしたが、本性が出てきましたねぇ。その内、視聴者は藤原啓治という単語が頭から離れなくなるとおもいます。


    おそるべし女の闘いだゾ
 ササヌマン、哀れだ・・・・。フトシって元ネタは芸人のヒロシなんでしょうが、ササヌマンは妙にマッチしてたな。今後も、こういうホステス系自虐キャラが定着するんでしょうねぇ・・・。

 ネネちゃんが作ったおもちゃを見てしんのすけが刑務所と言ったのは笑った。お城と刑務所ってそういえば似ていますよね。回りが塀で囲まれていて、中央辺りに一番デカイ監視塔が立っている辺り。

 しかし・・・これ、幼児がやる話じゃねえよな。まだそんな時期は7,8年掛かるというのに気が早すぎです。こんな抗争に巻き込まれるのは勘弁です。しんちゃんが完全に傍観してたのは正解だと思います。

    和服はビューティフォーだゾ
 外 国 人 いきなりの直球に自分、噴き出しましたよ!!そんなん、顔を見たら分かるっての!!クレヨンしんちゃんってこういう小回りが聞くから侮れない。最近はその小回りがガンダム系(SDGF、デス種)に侵食してきた気もしますし。

 着物の着付けとかは男性の自分には分かりませんが、やはり男が見るとお代官様がグルグル・・・・なのかなぁ?しんのすけのお侍は兎も角、ひまわりもスゲエな、この化粧。自分も昔はイタズラで化粧しましたが、まさにそれ以上な出来です。

 結局、みさえは着物姿でひまわりは通常の服装。で、しんのすけは・・・・・名探偵コナン。いつの間にか、しんのすけの正装になっていたのか・・・・・。その服装でバイキングってのは、精神的に辛いですね。


    お子様映画はつらいゾ
 "春日部の動く城" いきなりの直球にぶっ飛びました。誤魔化すのならもうちょっと捻れよ。確か、イトーヨーカドーもサトーココノカドーでしたよねぇ・・・。

 そのネタも笑いましたが、デカレンジャーネタに爆笑した。みさえもネネママもセンちゃんの大ファンだったのか!!しかし、さりげなく失礼な事も言ってる気がするのはなぜだ?

 後は、映画に関する普通なら触れてはいけない領域について。パンフレット=内容はたいした事はないってのは、もはや定説みたいに言ってますね。最終的には資源ゴミ呼ばわり。それじゃあ、デビルマンは作品自体がゴミですから、パンフレットなんか資源にもなりませんね。

    松坂先生もついに結婚?だゾ
 ベルトさん、日本人を勘違いしてないか?近所の叔母さんって、見かけに寄らず英語ペラペラだったのは知ってます。この外人は微妙に覚えてるんだけど、う〜ん・・・と思ってたら、英語を日本語にしてますってので思い出した。

 松坂先生の身体能力を見て忍者だと思い込んだらしいですが、忍者があんな格好からジャンプしたのなんて見たことあるのか?体操やってた人なら出来そうな気がしますが、ベルトさんじゃなかったら素で引かれてると思います。これが独身の原因なのでしょうね。


    オラカゼっぽいゾ
 「△△するバカがどこにいるっ!?」、「ここにいる」見事な切り返しに笑ってしまいました。これは、他のアニメや漫画でも使えそうなフレーズです。

 「愛のソレア」の微妙なパクリを持ってくるとは、さすがクレしん。私はそのドラマを全然見たこと無いのですが、八百屋さんが恋する話なんですか?それをしんのすけが知ってるってのもアレですねぇ。普通は主婦層がターゲットなのに・・・。

 後は、バカが風邪を引いて一騒動的な感じに。そういや、結構クレしん見てきましたけど、しんのすけが風邪を引いたことって見たこと無いです。風邪を引くと、妙に女性っぽい声になるんですね。

    コッソリ直しちゃうゾ
 今年度最後の話がコレか・・・。もはや春日部防衛隊は、女帝と下僕の関係じゃないか!!ネネちゃんの本性が最近になってようやく露になってからと言うもの、マサオ君は(面白い意味で)空気の読める相手になりました。

 リアルおままごとの恐怖は以前の話でもいくつか出てきますが、しんのすけでも何も太刀打ち出来ないほどのネネちゃんの独壇場。まだ幼稚園児なのに、一体どんなテレビ見て、どんな少女漫画雑誌を買っているのか・・・。少なくとも、牡丹と薔薇は見ていると思う。

 で、今回もマサオ君の名人芸が炸裂!!狙ってなくても、ネネちゃんの創作物にボールをぶつけられる天才芸を出来るのはこの人しかいません。例えるなら、いつも秋山さんに苛められる橋選手。あの空気の読めなさは日本中を探しても、せいぜい数人しか見つからないでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。