2006年08月22日

第12話 世界はいいかげんで良い加減(最終回)

(WOWOW/06年7月20日放送)

 傍から見れば「国の独裁圧政に切れた国民の一部が、殴り込みを掛けている」と思うのでしょうけど、ただ捕まってしまった友達を助けるために、ここまでの大事になってしまっているとは予想できないでしょう。ネコ達の善戦によって、戦況は一進一退の攻防。この混乱の最中、ようやく姫子は半年振りにナーナと再会しました。しかし直後の落とし穴・・・あぁ、FF4で目前にクリスタルがあるのに、落とし穴に落ちるのと一緒です。

 落ちた先は牢屋だったものの、前々回のパンダたちがいい人過ぎて、囚われていた人は順次解放していたようです。内部にまともな考えの人たちがいてよかった・・・。そして牢屋を出た姫子は、ナーナに王冠を渡すべく奔走。いつの間にか、戦いがお祭りになってたりしてますが、もう最終回なのに、また別の敵組織を出す意味が分からん。もちろん王冠のことなど説明する事は一度もなく、そのまま終わってしまうのは、意図的なのか違うのか・・・。

 おまけに最終回なのに、今更王冠にはパンチ機能と読心機能が搭載されている事を披露してもなぁ。最後は無事にナーナと再会を果たして、やっぱり姫子の王冠が外れなくなって、コアラ軍団がミサイルをぶっ放しまくって・・・。まとめる気がないどころか、吹っ切れて逆に広げて終わらせやがった・・・まぁ、それはそれで別にいいです。しかしなぁ・・・まぁ、愚痴云々は作品回顧に書くけど、結局スタッフのやる気だけが空回りしてたのかなぁ?


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:33| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第11話 ナーナのために世界はあるの

(WOWOW/06年7月13日放送)

 姫子の元から王冠が離れ、新たなる資格者・・・もとい女王となったナーナ。それから月日は流れて半年後となり、この国に待っていたのは、「ナーナを護る」という名目を騙った独裁!!王冠の効力を最大限に発揮した結果が、己のエゴを具現化して世界を構築し、平民どもを恐怖のどん底に叩き落す恐怖政治となってしまいました。前回も感じたけど、あそこまで王冠を厳重に守っていた理由が分かりました。そりゃ、誰が被っても結果は同じです。

 次々とナーナを守るための法律が施行されて、バットから縄跳びまでが禁止されてしまうという異常な状況に。そして手袋を着用する事まで禁止されて、姫子の友人のなばなが、これぞまさしく正真正銘の強制連行!!えぇ〜っと・・・これはどこの国のリアルな話?女王に少しでも逆らう素振りを見せれば、速攻でその行為ですか。ちょっと前に話題になった人権擁護法案が成立しちゃえば、日本もこうなっちゃうって事なんですかねぇ?

 こんなアホみたいな法律の内は、まだ笑っていられるけど、その方向の法律を出尽くしたら笑ってはいられません。今度は「ナーナを守るために軍事力を強化しよう」となり、他国の軍事力がナーナに向けられるのを恐れて、それを徹底的に排除して・・・と、今の状況だとこうなる可能性か、その前に市民によるクーデターでも起こって、ナーナを叩き潰すかの可能性が高いです。ちょっと前まで、微妙なギャグアニメだったはずなんですが・・・。

 さすがに我慢の限界に来た姫子は、なばなを救うためにナーナの城に、レスリーやカレンの助けもあって突入。猫の大臣も戦艦を使って城に砲撃開始。もっと準備があれば、人を集めて一斉攻撃も出来たんだろうけど・・・。そして姫子は、ラッセと出会って、遂にラスボスのナーナと対面して最終回へ・・・って、改めて見て凄い展開だ。いつも通りに感想書いているのに、何故か中途半端にしか知らない政治的な事ばっかりになってる・・・。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:26| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第10話 取れた王冠ばれたらいかん

(WOWOW/06年7月6日放送)

 次々回で最終回だというのに、今更物語の根底が大きく動いてきました。あの王冠、姫子や他の皆が思っている以上に、かなりヤバめの代物だったようで、装着した者の望んだ世界が構築されてしまうようです。って、またこの設定・・・?最近のアニメ・特撮における世界征服や世界構築は安売りされてますねぇ。それもたかが一人の女子高生や、一つの王冠だけでそれが行われてしまう恐ろしさ。難解な魔法や術なんか、もう必要とされないのかもしれません。

 他にも、今回の話を見ていて、王冠の能力やそれに関わる組織の目的やら何やらが何となく想像できます。世界構築を行える王冠だから、あそこまで厳重に管理しておいたのに、元々王冠の所有者らしいナーナ率いる、若本ボイスの刺客たちが奪還しようとしていたのでしょう。その王冠を姫子が被ったから、ここまでややこしくなったのか。装着者が違ってれば、展開次第ではハードなストーリーもあったわけで・・・ソッチの方向がよかったんじゃないの?

 装着者の望む世界の構築は、何でも系から非科学的なものまで何でもOKで、パンダや熊の登場に関しても、王冠が外れて世界が元に戻ると、ありえない事象として認識されるようです。そんなトンでもない能力を秘めた王冠だけど、ある一定の時期を過ぎると、王冠が外れる事も今回のを見ると推測できます。この推測も色々考えられるけど、一定時期の経過なのか、王冠が姫子を見放したのか、ある特定の条件を偶然にも満たしてしまったのか・・・。

 姫子はナーナを悪の組織の親玉として認識して、逃亡を繰り返したけど、この判断は普通の世界を望むものとしては正しい行為なのかも。しかし王冠は、ナーナの組織の元に渡って世界はナーナの望む世界に構築される模様。今まで寝ぼけ眼でしか見ていなかったのに、こう想像すると、実は凄い地球の覇権をかけた争いだったんだなぁ、と。それをもっと早くからやってくれれば面白かったのに、何でギャグアニメにしちゃったのかが謎です。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:24| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第9話 バイトヤバイと知らないと

(WOWOW/06年6月29日放送)

 前回と今回の間の時間が空いているようで、その間は普通の学校生活を送っていたらしい姫子。しかし、その状況が普通とは言えず、クラスメートのほとんどが人形と入れ替わっており、姫様なのに弁当も忘れる。姫様らしいのは馬車の送り迎えだけじゃん。セレブなだけでアレなことになる世の中なのに、姫様に護衛もないなんて。これじゃあ、誘拐事件が多発してもおかしくないですよ。姫子に必要なのは、トイレットペーパーではないのです。

 そんな中、友人のそばなが巨大なネコの着ぐるみを買いたがったのを見て、自分が買ってやろうと決断する姫子。普通の王族だったらすんなり買えるのだろうに、国の財政が苦しいので、バイトをする事になりました・・・って、オイ!!今までも異常な雰囲気のする事柄ばかりだけど、姫様がバイトしなければならない国なんて前代未聞です。警備もアレだけど、財政面も母親一人の肩に全て掛かっているというのが、この国の異常性を物語っています。

 姫子がバイト先に選んだのは、よりにもよって姫子から王冠を奪うために、数々の刺客を送り込んできた悪の組織。ボス自らが面接して、初めて顔を出したけど、若本ボイスのクセにメチャクチャ若い!このギャップには驚きました。そして各地で、姫子を引っ掛ける罠を仕掛けまくった悪の組織でしたが、自分が狙われていると全く気づいていない姫子のアドバイスを受けなければ、まともに動かないこの組織も色んな意味で終わっていると思います。

 最後に姫子だとバレて、逃亡する際になんと王冠がスッポリ外れました。その影響で、家が元通りになってしまい、両親はその間の事柄はなかった事になっているようです。この仕様に関しては、本当にシビアな面だなぁ。まるで何とかゼクターみたいに、王冠に選ばれている間は天国だけど、捨てられた途端に平民戻りかよ・・・。そんな感じで「コロコロと王様が変わっていくような国とお付き合いしたいか?」と問われれば、間違いなくノーです。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:22| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8話 勝訴?敗訴?言ってみそ!

(WOWOW/06年6月22日放送)

 姫様誘拐罪で裁判に掛けられることになったレスリー。今までの窃盗罪とか誘拐罪も含めての裁判ではなくて、あくまで今回だけの誘拐罪にパンツ見ちゃった罪がミックスされているわけの分からない裁判になっております。それだけでもアレなのに、裁判長が被害者の姫子で、被告人の自供一発で即死刑!!ってどこの独裁国家?そもそも裁判の時に、そんな質問をするなんて事自体がどうかしている・・・もう突っ込みどころが多すぎです。

 そんなもんだから裁判も、とにかく被告人を有罪に持っていくための通過儀礼の如く、どんどん進んでいきました。どんだけの悪行をしても、情状酌量の余地とかで十分に時間を取るのが普通だし、今回の事件は一国の姫様を誘拐してしまったのですから国民が注目しているはずなのに、この裁判を見たら、デモやらクーデター起きないか?こんな裁判を見たら、どこぞのプロ市民じゃないけどテレビ局に「国を出て行く決心ができました」とFAX送っちゃうぞ。

 もちろんレスリーのためと己の保身の為に、次々と弁護士やら証人が出てきたけど、その全部が偽者と言う事実。乱入してきて弁護が出来るのなら、この国に弁護士はいりませんね。検事も姫子の両親がやっているもんだから、スグにウソ、大げさ、JAROに電話したくなる大ホラを信用したり、大ボケかまして視聴者をイラつかせたり・・・。今まで、いろんな国の腐敗云々なアニメを見てきたけど、ここまで腐ってる国も久々に見た気がします。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:20| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7話 勝手に指定、師弟に決定!

(WOWOW/06年6月15日放送)

 ネコ型宇宙人の電車事故に巻き込まれて記憶喪失になってしまった姫子。ってか、この状況で記憶喪失だけで済むなんて、奇跡に近いです。空から降ってきて直撃喰らったら、記憶をなくすどころか原型も留めないかもしれません。この後の流れを見ていても、死傷者が出ていないのが異常。まぁ、近距離でロケットの発射を眺めてる皆さんですから、自分が思っている以上に、この世界の人たちは恐ろしい程に頑丈なのかもしれませんね。

 記憶を失った姫子をいち早く奪取したのがレスリーとカレンのコンビ。都合よく、姫子が自分も泥棒だと思ってくれたお陰で、姫子が邪魔になることはありませんでした。追う側にしてみれば、一国のトップをたかが泥棒に拉致られたとあっては、世界中からいい笑い者にされるでしょうから、私情を抜きにしても国の威信に関わる問題ですから必死でしょう。いや、そもそもこんな王族システム採用しているイカレ国家なんぞ、初めから誰も相手にしないか・・・。

 襲い掛かってくる偽ラッセ王子やアドロンを、カレンの犠牲で追い払ったレスリーですが、追う側も本気になってきて、恐らく国の軍事力を全て投入して、レスリーを包囲。ロクでもない奴らが上層部にいるのに、軍事力だけは並以上なのって、他の国からすれば脅威だろうなぁ。その軍事力を、何者かも分からないタヌキマスク少女一人に全滅させられるのもアレ。全滅という事は、この国の半分の戦闘力が根こそぎ消えたというわけで・・・近隣諸国は腹を抱えて笑うでしょう。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:18| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6話 ニャンコの国のナーナ

(WOWOW/06年5月25日放送)

 姫子がトイレに行ってニャンコの星行きの列車には乗らなかった代わりに、ナーナがニャンコの星に行っちゃいました。地球では、ナーナを探すためのロケットを作るものの失敗の連続。作ってる博士からして偽者だからアレとしても、実際にロケット作って打ち上げ失敗したら、ふたつのスピカの冒頭の悲劇じゃ済まない被害になりますよ。大体、あんな近距離でロケットの打ち上げを見ているのですから、その時点で気づく人は気づきましょう。

 ニャンコの星に行ったナーナは、標準語を話せないので実質的に大臣の悪政が働く事に。姫子と一緒にいるんだから、片言の日本語を少しは覚えて欲しいのですけど、全く覚える気がないのは設定として頑固だからなんだろうか?それでもニャンコの星は偶然にも日本語とそっくりですし(宇宙語なんて話されたら、もう見る気も失せるが)、大臣も頭抜けてるから、本腰を上げれば、それなりにこの星の実権は握れるような気さえします。

 城を抜け出て、ニャンコ星人の少女と仲良くなるナーナ。そこでこの星の犬に好かれる歌を披露したのですが、同時期に大臣が犬を捕獲して島流しにする法令を作ってしまい、そこら中で罪もない犬が捕獲されています。こんな事を日本でやれば、確実に暴動が起きそうですが(隣の国は・・・・食うのかな?)、何故か従ってる国民。この国民は何故か上からの命令には絶対服従らしい・・・いつでも革命で引きずり落とせそうなのに。

 この事態を見て、歌を歌う事により法案を廃止に追い込むナーナ。これまたあっさりと覆しすぎですよ。こういう国だから、いざカエルの姿をしている侵略型宇宙人が攻めてきた時は、瞬時に滅ぼされちゃうと思う。ナーナは王冠が外れた事により、大臣の誤解が解けて地球に帰還。大臣は王冠した見てなかったのか・・・。大臣があくどいのか天然なのかは判断しかねるけど、迷惑なのはどこでも同じでしょうね。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:16| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5話 姫子誰の子ニャン子の子?

(WOWOW/06年5月18日放送)

 ベタな怪盗、ベタなアサシン、役立たずの偽王子様と、同じパターンを三回もやっているのですけど、今回も例に漏れず、突如としてネコ型宇宙人が登場して、姫子は自分たちの星のお姫様だと言い出しました。それ以前の段階に、一国のお姫様の結婚式は厳重でなければならないのに、宇宙人にも簡単に潜入されるのは問題でしょう。しかも何となく、その侵入者の言われるとおりに状況が動いているので、この国は本当に何なんだ・・・。

 そのネコ型宇宙人は、姫子を姫様にどうしてもしたいようで、何かと付けてお姫様の証拠を嫌になるほど提示。お尻に尻尾が生えるとか、お尻に青い痣があるとか、あっちの星でもそんなベタな証明方法でいいんだ・・・。もちろんそんな無茶な事がまかり通るはずはない・・・のは、一般の常識のある国での理論であって、この国では、お姫様自身がイエスと言えば、全部イエスの方向で話が進んでしまうクレイジーな国なのです。

 父親と一緒に証拠を探して、いかにも勘違いしそうな紙を見つけて、ショックを受けた姫子はネコ型宇宙人の星に行くことに。大体、すぐさま両親や親戚が証明する事が出来ないと言うのが、この国のおかしなところであるわけで・・・。他の刺客たちが、ネコ型宇宙人の宇宙船を襲撃したり、引き止めようとしたものの、ことごとく失敗に終わりました。この中でアドロンが一番やばいでしょ・・・ネコ型宇宙人と惑星間戦争になったら、確実に負けますって。

 そんな中、姫子を救おうと颯爽と現れた謎の美少女戦士・キューティーマミー。登場シーンはなかなかのものでしたが、すぐにスタミナ切れして、電車に飛び乗ったはいいものの、そこで振り落とされてしまいました。姫子はトイレにいたので助かったものの、あんまり役に立たなかったキューティーマミーは一体、何者なんでしょう?最近は、そげキングやらキューティーマミーやら、正体不明の輩が増えて困ります。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:15| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4話 わたしの彼はさわぎすぎ

(WOWOW/06年5月11日放送)

 外人さんと結婚したくないと延々と喚いている姫子、その姫子に斬りかかる素振りを見せながらもドサクサに紛れて姫子のスク水写真を拝借するアドロン、そして「オレがバッシュだ!!」並に自己主張が激しいガキ。王室って、もっと高貴かつ静かな場所であるべきなのに、ここまで騒々しいと国の品質が疑われちゃいますよ。・・・王冠被っただけで、その国の王になれるというシステムの時点でいろいろとダメなのかもしれませんけど。

 まだ喚き続ける姫子を檻に監禁。一国の姫様を結婚のために監禁するって、本当にここはどんな国だ!?そしてラッセ王子を待ち続けているのですが、誰一人として隣の国の王子の顔を知らないんだろうか?普通、姫の結婚相手の写真くらいは、テレビや王室にも入ってくると思うのですが、それがないとは・・・。大体、隣の国の王子と言っても、日本の隣の国の王子と言えば、某国しかないわけなんですけど。

 このドタバタを利用して、レスリーがラッセ王子に変装して、姫子と結婚する事により、王冠を手に入れる作戦に。これまたラッセ王子の顔を全く知らない警備隊の人たちは、あっさりと信用してしまい、そのまま結婚式に突入。その結婚式も、王室同士の結婚のはずなのに、出席した人たちが有栖川識仁に騙されて、ご祝儀をたっぷり取られた石田純一さん他に映ってしまうのは、ある意味でシュールではあります。

 最後は、レスリーが偽物だと判明して結婚はなくなったものの、ずっと喚いていたガキも偽物だった事が判明。あんだけ自己アピールをしておきながら、結局は本物じゃなかったのかよ・・・と言うか悪の組織も、こんなの雇うな。この件は誰が悪いかって、ラッセ王子の顔を誰一人として知らないまま、結婚式まで行った王室が悪いです。そもそも、ラッセ王子との結婚の話自体が、見ていると胡散臭く見えてしまうわけですが・・・。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:13| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3話 お客は刺客で絶体絶命

(WOWOW/06年4月27日放送)

 勢いのまま王冠を被ったら、その王冠が外れなくなり、何故かこの国(日本じゃない?)の王女になってしまった姫子。ただ単に「王冠が外れない」と喚いていましたが、あんな大きさの王冠が外れないとなると本当に不便でしょう。寝るときも違和感を感じるし、天井に頭もぶつけやすくなるし、何より着替えとシャンプーが大変困難になります。呪われた防具を装備する際に、一番苦労するのは間違いなく着替えとシャンプーだと思います。

 姫子が王女になったことで、姫子の親も大層偉くなっているかと思いきや、何故かメイドになっている不思議。どんな国でも一国の長の親が、その長の下でメイドで働いている国なんて、聞いたことも見たこともありません。大体、どういう経緯で姫子が王女になった事を全国民が知って、こんなことになったのかさえ謎なのです。こんな滅茶苦茶な状況の中、あきらかに刺客な人が護衛につくのですから、更にカオスです。

 「今時、こんな分かりやすい刺客はいないだろ・・・」とは思ったけど、この間の絶望先生でも取り上げられた様に、あからさまに刺客の格好をしていても、本当に刺客だと思う人はあまりいないという心理を上手く利用・・・したのかな?その刺客のアドロンは、姫子の命を狙っていたけど、殺した後にどうするつもりだったのでしょうか?意地でも離れないらしいので、首を切り落としてどうにかするくらいしか思いつきません。

 しかし、何故か人形劇のお手伝いをすることになり、その所為で姫子に惚れてしまった刺客のアドロン。確かに、あそこまで急接近されれば、恋愛ベタのアドロンさんにとっては刺激が強すぎるから仕方が無いでしょう。でも、当の姫子は相変わらずで、すっ飛ばして他人に迷惑を掛けまくっているのは問題でしょう。一国の長があそこまで暴れれば、悪意のあるなしは最早問題にならないくらいの問題になりますよ。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:11| 宮城 ☀ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。