2006年08月22日

第2話 あやうしテニスの王女様

(WOWOW/06年4月20日放送)

 登校前にゴタゴタあって、追っかけてくる車よりも早く走って学校に到着してみると、いきなりお姫様扱いにされる姫子。しかし当人は全く自分がお姫様になっている事は気付かず、お姫様は一緒に来たゴリラだと勘違い。まさか、そのボケを最後のほうまでやるなんて思わなかった・・・いくらなんでも鈍感にも程があるでしょうが。相変わらず設定が普通の女子高生なのに、普通じゃないのはこの作品全体のボケの現れなんだろうか?

 そんな姫子が一番恐れている美涼先輩が、恐ろしいくらいに優しく接してくるので、ビビってしまった姫子。これに関しては、いつもは厳しい先輩がいきなりニコニコしているのは、不気味以外には感じられないでしょうねぇ。そして、姫子が辿り着いた結論が「これは罠だ」だったので、一気に美涼先輩は不敬罪に問われる事になりました。やたらと不敬罪を連呼してたけど、そんな単語を皆知っているなんて、皆さん勤勉なんでしょうか?

 お腹が鳴っている姫子に、美涼先輩がリンゴを差し出してきたけど、流れ的になぜか毒リンゴだと勘違い。トイレに引き篭もってしまい、その間に先生が毒見の餌食になり、更に勘違いで先生がゾンビ・・・わけ分からん。「毒リンゴを食って死んだけど、ゾンビになって復活した」と考えるなんて、世の中には変わった人もいるものです。まぁ、腹話術じゃないと人と話せないという設定の時点で、いろいろと思うところはあるのですけど。

 往生際の悪い美涼先輩は、強引にナーナを本物にして、本物を決める為にテニス対決をふっかけました。結果から言うと、美涼先輩が審判を侮辱しまくったのと、レスリーが最強すぎた所為で、姫子チームの勝利。テニスは文句云々も反則を取られてしまうのを理解できていない美涼先輩って、案外テニスを知らないんじゃ?でも、審判も点数のつけ方が全く分かってないので、このテニスの試合が全体的に低レベルだったと・・・。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:09| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1話 オカン王冠こりゃあかん

(WOWOW/06年4月13日放送)

 アニメや中世が舞台のRPGゲームにありがちな謎の王冠を、厳重なガードを突破して盗み出したレスリーとカレン。赤外線サーチやら、重さに反応する云々とか仕掛けていたわりには、アッサリと突破されちゃいましたねぇ。お約束で、逃げる直前にポカして偽者の王冠と共に警察網を突破して、後々に姫子に渡ってしまうわけですか。途中で妙にハイテンションな女子高生に会わなければ、上手く行ったと思うと、運が相当悪いのでしょう。

 で、主人公の姫子が所属しているテニス部では、既に朝練を始めていて、葵お嬢様のご機嫌が斜めです。パンツを見られて、それで笑ったテニス部員にクマのぬいぐるみの悲劇が再び・・・今作品は年内には終わるでしょう。ごくせんのジャージみたいなのを着ている顧問を苛めつつ、遅刻してくる姫子を修正する気満々です。しかし、いくら理事長の娘さんだからと言って、ここまで権限を与えてしまっているのはどうなんでしょう?

 急いで学校に向かっていると、レスリー達と(恋愛マンガではベタだが)曲がり角でぶつかってしまいました。それで、誤って王冠を持って行ってしまいチェイス開始。普通の女子高生ならこうは絶対にならないのに、なぜか日本語で話しているのに、英語に聴こえてしまった姫子は車でも追いつけない速さで山間部を逃走。英語を聴いただけで、ここまで拒絶反応が出るなんて、外国人相手に相当嫌な事でもあったのか・・・。

 逃げた先で王冠を被ってみると、そこに現れたのはナーナとバ・ナーナ。あまりに唐突な出現なのは謎として、謎の言語で話すナーナにやっぱりパニくる姫子。この言語はグロンギ語のような読解方法があるんでしょうかねぇ?言葉が分からなくても、ジェスチャーで何となく分かりそうなものだけど、ナーナはリアクションも薄そうだから難しいかな?それにしても、普通の女子高生って設定なのに、車よりも速く走る姫子は絶対に普通じゃないです。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 14:08| 宮城 ☁ | TrackBack(0) | 姫様ご用心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

第13話 魔法少女大会・きらきら編(シーズン1最終回)

(WOWOW/06年7月13日放送)

 伏線を作るだけ作って、シーズン2に丸投げ!!てっきり、今回で全部収集付けるかと思っていたのに・・・・。砂沙美の父親は超魔術で消えちゃうし、魔女の大釜を開けたとか今更言い出すし、最後にはアミちゃんのアレですか。DVD行きにならないだけいいですが、これはいい引っ張り具合だと感心しました。だって普通に見たいですから。「1クール震えて待て!!」という煽り文句で最後を締めていただきたかったので、そこは残念です。

 シーズン1の最後を締めたのは魔法少女大会の団体戦でした。もう大会以前の問題で、開催日時を間違えて通知するわ、魔法少女大会自体が小学生の運動会レベルだったり、もう本当に上層部はやる気あるのか!?と問い詰めたい気分。最後のを見ると、優秀な魔法少女を人選するための大会だったようですが、だったら世界規模でやれよ!!まさか日本人限定だったとは激萎えもいい所です。魔法少女大会という興行は大失敗と言ってもよいでしょう。

 その団体戦の内容は、枯れ木に心を映して花を咲かせる競技。物凄く地味に微妙すぎる競技ですねぇ・・・。しかも採点競技ですから、これを世界規模でやったら揉めますよ。綺麗の基準なんて皆さん、バラバラなんですから。魔法少女クラブは勝手に自己満足しているなど、どうにも人と争う姿勢は最後まで持つことが出来なかったようです。まぁ、大会自体がグダグダになっているのですから、闘争心が沸かないのも分からないではないです。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:45| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第12話 魔法少女大会・ざわざわ編

(WOWOW/06年7月6日放送)

 混じりっ気のない、純度100%、魔法少女の中の魔法少女を決める、魔法少女大会が遂に開幕されました。しかし・・・このほのぼのした少子化の進んだ小学校の運動会は!?やる気がねえにもほどがありすぎます!!各国の代表として、魔法少女はやってくるのですから、もっと殺伐な空気がしていると思ったのに、ほのぼのしすぎ。運営陣もやる気がないし、魔法少女もお遊び気分・・・うん、この魔法少女大会は長くは持ちませんよ。

 他国の代表の魔法少女が、この前のオリエンテーションの時は親しい関係を築いたのかもしれませんけど、争いごとになったら、性格変わりますから、そこかしこで殺気のぶつかり合いが行われてるのが普通でしょう。それに相応しい厳正とした雰囲気を、運営陣は作っておかないといけないのに・・・全くダメダメです。これだと前回懸念していた、勝った負けたでの揉め事が大会終了後に大きく出てきます。

 その競技の内容ですが、ほうきレース、魔法による球転がし、魔法による的当て・・・やっぱ単なる運動会だよ、コレ。魔法を使う理由がある競技は初めのほうきレースだけで、残りは魔法の技術で左右されるもんじゃないと思うけど。こんなグダグダの競技だけで個人戦が終わって、先輩のエキシビジョンの後に団体戦ですか・・・やる気ねえ。そんなありきたりな魔法競技なんぞ誰も見たくないので、もっと殺伐とした競技作ってくれないかなぁ?

 で、日本代表の魔法少女クラブにはハプニングが起こっていて、美紗緒が猿田と会うためにコッチの世界に残り、砂沙美と同行してしまい、その間、魔法少女クラブは三人で戦わなくてはならない羽目に。こうなってしまった原因は、運営陣の衣斗紀が開催日時を間違えたとか・・・町内会の集まりの日時を間違えるのと訳が違うの分かる?選手側が一生懸命練習しているのに、開催する側がこういう事やっちゃうと信用なくしちゃいますよ。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:44| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第11話 みんな一緒

(WOWOW/06年6月29日放送)

 魔女の世界で魔法少女大会が開催される事が決定。コチラと世界と魔女の世界の融和を狙っている上層部ですから、きっと何か裏があるのでしょう。一回目は身内だけでワイワイやるけど、二回目からはコチラの世界で開催して、フードファイト、格闘技ブームの後釜を狙って、魔法少女ブームを引き起こそうとしているのではないでしょうか?戦略としたら一番効果的なのかもしれませんけど、何せ初めての事でしょうから、色々と問題が起きそうだ・・・。

 まずルールが、鷲羽先生に伝える時点でまだ不明確な点。どういう競技にするにせよ、明確なルールを作っておかないと、試合後に必ず揉めますよ。ちゃんとルール作っても、日本以外の皆さんは負けず嫌いなのですから、隣の国に限らず、判定云々になったら必ず文句言ってくるので、どういう形にせよ、完全決着を望めるようなルールは必要です。大抵、負けたら「再試合させろ!」、「熱を出していた」、「フェアではない判定だ」のどれか言い出すもんなぁ・・・。

 そして今後広げていく際に、最近のPRIDEやK−1のように怖いお兄さんが関わっている雰囲気を出さないことですね。何というか、目が濁っている上層部の皆さんだから、そういう細かい部分を適当にしてしまいそうな気がします。出る方だってボランティアじゃないんですから、ある程度競技として確立してくると契約の問題も発生するでしょうし。・・・魔法少女大会を開催するのは、国際的な問題も絡めて、汚点となる可能性のほうが高いかも。

 鷲羽先生がやる気を出して、砂沙美以外のメンバーがやる気を出さなくなった時期もあったけど、どうにか立ち直って、日本代表もやる気十分。しかし、魔法で一番強い国はどこなんだろう?W杯と同じくヨーロッパ勢が最有力かな?陰陽道の日本や中国、アフリカの呪術等、異種魔法戦も楽しみです。その内、召喚獣のバトルアニメになっちゃったり、魔法で決着付かないから、肉体言語で語りだす変な展開になったら、それはそれで大歓迎です。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:43| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第10話 魔法少女の弟子

(WOWOW/06年6月22日放送)

 魔法の練習終了後に、何気なく魔法を使って浮遊しているところを、浅海なる少女に見られてしまった魔法少女クラブ。まぁ、逝った顔をしながらコチラの世界との融和を掲げている魔女界としては、この事態も歓迎しているのでしょう。子供にじっくり浸透させて、その世代が大人になる頃には、魔法少女が当然の存在として認められているのが理想的かな?ドラクエ7のレブレサックの心の底から腐りきったような大人に教えるよりも数段、効果はあるはずです。

 魔法を見た浅海は、早速魔法少女クラブを追い掛け回して強引に弟子入り。何の目的があるかと思いきや、魔法で両親を生き返らせたいらしいです。そんな事を仕出かせば、ある世界じゃ腕や足、ヘタすりゃ全部持ってかれますよ。大体、死人を生き返らせるのは、魔女じゃなくネクロマンサーの専門分野なので、初めからお門違いな要求です。砂沙美たちは魔法に不可能はないと思ってたらしいけど、小津家に魔法の心得教えてもらったほうがよくないか?

 同じく母親を亡くしている司は、他の四人の「とっとと生き返らせるかして、追っ払おうぜ」という考えには賛同せず、浅海に生き返らせるのは無理だときっぱり言ったり、思い出薬を安易に使おうとした他の四人から没収したりしました。小学生だから分からないのも無理ないけど、大人の中にも過去にすがり付いて自爆した輩は沢山いますからねぇ。サスペンスドラマの殺人犯のほとんどは、過去に縛られて主人公のなんちゃって説教で更生するのがベタな展開。

 司としては後日、ちゃんと浅海に話して理解してもらおうと思っていたのでしょうが、その浅海はその日の内に引越し。ぬいぐるみのお陰で丸く収まったようには見えるけど、この別れ方は浅海、司両人の苦い思い出になるだろうなぁ。そんでもって親戚に苛められたりしたら、もういろんな意味でWOWOWらしい展開になっちゃうのですが・・・。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:42| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第9話 さよなら鷲羽先生

(WOWOW/06年6月15日放送)

 魔法少女クラブの所為で、成績が落ち込んでしまった件に関して教師の間で話題に取り上げられてしまいました。何らかのフォローは入っていると思っていたんですが、本当に魔法に関する事しかやっていなかったのか・・・。学業前提の日本の小学校において、クラブの所為で成績が落ちたなんて、理由には使えませんからねぇ。ここまで成績が落ち込んだからには、クラブを辞めさせるくらいの処置も考えられる展開です。

 しかし無駄に正義感のある殿部先生は、この状況を打破するために料理クラブ自体を廃部に追い込もうと計画。顧問の鷲羽先生に料理を作らせて、不味かったら鷲羽先生にも学校を辞めていただく・・・たかが一教師に、他の先生を辞めさせる権限なんぞどこにもないと思うのですが、そんな感じで料理を作る羽目になった鷲羽先生。でも、料理が全然ダメだとか・・・だったら、わざわざ料理クラブをカモフラージュに使う必要性がないよなぁ。

 砂沙美たちが料理を教えようとしてもやる気を出さなかった鷲羽先生ですが、自分の為に殿部を魔法で懲らしめようとしている姿を見てようやく奮起。夜な夜な学校に忍び込んで料理の練習を敢行しました。いや、夜中に学校に潜入するのもいかがなものなのですが、何故か自分の進退が掛かっているのでいいでしょう。結果としておかゆに関しては、上手く作る事が出来たようですけど、それでどうやって切り傷を作れるのかが、本当に気になります。

 そんな鷲羽先生を守るために、砂沙美が鷲羽先生に化けて殿部に料理をご馳走。周りから料理は上手いと定評らしい砂沙美ですが、この腕前は正にプロじゃないか!!お母さんから習った結果なんでしょうけど、これは凄いです。最後に魔法を暴走しかけたけど、正直魔法云々よりも料理の腕を磨かせたほうが砂沙美のためだと思います。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:40| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8話 なかよしの指輪

(WOWOW/06年6月8日放送)

 砂沙美の小学校で、ニコニコバザーなるものを行う事になり、砂沙美ははりきっています。確かに小学校の行事で、こういうのはあったなぁ・・・ここではオリジナルの交換券だけど、ベルマークやグリーンマークを使うのが一般的なのでは?出し物ではビーズのアクセサリがお約束で、後はプラスチックの板にマーカーでイラストを書いて切り取って、オーブントースターでチンしてアクセサリにするなんて事が、自分のときの場合の通例でした。

 グループ決めは自分たちで決められるのかと思いきや、担任が勝手に作ってきたくじ箱の所為でくじ引きになりました。まぁ、こうでもしないと必ずクラスの中ではぶられる奴が出て、美紗緒はもっと悲惨な目に遭ったことでしょう。くじ引きの場合も、微妙な仲同士の人が当たってグループ全体が微妙な空気になるから、どっちもどっちだけどねぇ。砂沙美のような明るい天然の場合は、こういう時には非常に役に立つけど、美紗緒の場合はどうにもならんでしょ。

 テンション急降下のブラックホールな美紗緒は、砂沙美の友達の梢と千晶と組む事になったものの、テンション高めな梢と千晶でさえも美紗緒を持て余してしまい、バザー当日に全員同じTシャツを着るという連絡網を美紗緒にだけ伝えず、さすがの美紗緒も逃げ出してしまいました。故意じゃないにしろ、この精神的打撃は相当なものですよ。こういう行事を行うと、必ず悲惨な目に遭う生徒が出てくるんだよなぁ・・・所詮は、校長の自己満足に過ぎないのか・・・。

 そんな美紗緒を励ますためと、梢と千晶と仲良くさせるために、砂沙美たちが一肌脱いで公園でバザーを開催。もちろん準備をしている間と、開催中に警備員や頭のカチンコチンな大人に見つかれば、即効で中止です。運よく、大人は誰も通らず、美紗緒は梢と千晶と仲良くなる事ができました。ちゃんと関係修復できたからいいけど、大体はあのままなんですよね・・・その場合は、放射性廃棄物のように、触れてはいけないのですよ・・・。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:38| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7話 夜空の手紙

(WOWOW/06年6月1日放送)

 魔法少女集会から帰ってきてから砂沙美の頭の中は、アミターヴとの一夜の事で一杯になっておりもはや抜け殻状態。子供心ながら綺麗だと言われた事で、さすがの鈍感な砂沙美のハートも見事にブレイクしてしまったのでしょう。授業中も心ここにあらずで、丁度よく作文の内容がいつもは逢えない人への作文だったので、更にハートがブレイク。一体、そんな作文を書く授業は何の科目なんだか気になります。普通に考えて道徳の授業かなぁ?

 同じ時期、魔女の世界が魔法少女に魔法を習わせる方に転換したのに対して、不快感を示す鷲羽先生は終始不機嫌。その会議のヤオっぷりには鳥肌立っちゃいましたよ。一体、どこの新興宗教なのかと思ってしまうほどに、綺麗事を並び立てる偉い人に、それに賛同するババアどもの逝ってる表情と来たら、それはもう気持ち悪いのなんの。あからさまに裏に何かがあるのを暗示していますが、そうなると後半はドロドロの展開になるのかもしれません。

 しかし砂沙美にとっては、そんな事はどうでもよくて、とにかく頭の中はアミターヴのことで頭がパンパンです。そのアミターヴにもらったお花を母親に捨てられた事でショックを受けた砂沙美は、感情的になって家出しちゃいました。偶然居合わせた美紗緒が、唐突に百合宣言をして、女子小学生二人だけで傍目から見れば禁断の愛の逃避行開始。電車賃も小学生だと半額だったっけか・・・?バスに関してはよく覚えているけど、電車はよく分からない。

 が、行き当たりばったりの計画だったために、魔女の世界にも行けず、更には帰りの電車賃を持っていませんでした。この二人の年齢ならヒッチハイクでも大丈夫だとは思うんですが、結局いい所を見せようとした猿田に助けられました。美紗緒は猿田の事を好きなようですけど、やっぱり苗字で呼ばれる事はショックなんだ・・・。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:35| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6話 星空ダンス

(WOWOW/06年5月25日放送)

 トイレ(たぶん小便)に行った砂沙美は、歌声とハープの声に誘われて、パジャマ姿で森の奥に。家じゃないどころか、世界が違うのに、パジャマ姿でぶらついても誰にも出くわさないし、危険な事も特にないなんて治安のいい世界なんですね。それと砂沙美の度胸が凄いのもありますが。その頃、砂沙美のママさんは家で、二人目を作る計画を考えています。パパさんと一緒にお風呂に入ったら、そのまま・・・ですか。何気なく、ママさんのほうが積極的なんですか・・・。

 砂沙美が着いた場所には、アミターヴという恐らく魔女界の人間がいました。そのアミターヴの観光案内で、未来の自分が写る湖を見たり一緒に踊ったりと大満足の砂沙美。でも、未来の自分が写る湖はちょっとアレですね。見る人が見たら、自分の首がなくなっていたり、おぞましい焼死体になっていたりと、怖い部分のほうが多いです。アミターヴが変わっていないのは、やはり人間と魔女界の者とは寿命が違うのが影響しているんでしょうか?

 翌日、午前中は相変わらず宿泊先の手伝いをさせられる魔法少女クラブでしたが、午後はオリエンテーションが開催。世界中の魔法少女、魔法少年が一同に集結して、魔女界の幹部の下っ端が上手いこと洗脳していきます。言葉の聞こえはいいけど、本当に架け橋にするつもりが幹部にあるのかは、ちょっと怪しいところです。急進派に牛耳られていて、魔法少女を地球侵略の道具にするなんて展開はMBS系列だけで勘弁ですな・・・。

 しかし世界中の魔法少女・魔法少年は純粋にオリエンテーションを楽しんでいます。まぁ、トラウマになってる部分に言及し、先輩たちの魔法を披露すれば、心が奪われるのも当然でしょう。美紗緒なんか、完全に洗脳されちゃってるし。そしてその日の内に、地球に帰還する魔法少女クラブ。夜に帰宅させるなんて、魔女界は非常識な世界だ・・・。でも、日本がたまたま夜だっただけで、実はアメリカに合わしているというのなら納得は出来ます。


関連商品&TBはコチラ
posted by WAVE at 11:33| 宮城 🌁 | TrackBack(0) | 砂沙美☆魔法少女クラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。